2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

南京事件の便衣兵について徹底討論

1 :1:03/04/24 13:20 ID:qcIXTXMq
南京事件における便衣兵の摘発、処刑などについて話し合う場です。
罵倒は控えめに。

関連スレ
>>2-5

2 :1:03/04/24 13:21 ID:qcIXTXMq
関連スレ
南京事件について徹底討論 その32
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/kova/1050763722/

2ちゃんねる南京事件スレ倉庫
http://f9.aaacafe.ne.jp/~mukai/nankin2ch/nankin2ch.html


3 :名無しかましてよかですか?:03/04/24 14:02 ID:lWaGtRHX
>>2
これも加えて。
2ちゃんねる南京事件スレ倉庫(副)
http://www.globetown.net/~mukai/nankin2ch/nankin2ch.html

4 :名無しかましてよかですか?:03/04/24 18:29 ID:k5/3H6Q8
便衣兵の容疑者だから裁判しないといけない。
便衣を着た兵士はゲリラじゃない。

否定派はここから動かないような気がするんですが。

5 :名無しかましてよかですか?:03/04/24 22:44 ID:hS0AylUW
>>4
その主張は肯定派のじゃない?

6 :名無しかましてよかですか?:03/04/24 22:46 ID:+doJLfPD
本スレでやってくれ

7 :~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU :03/04/25 01:18 ID:ylmKmwiy
ループの構図を繰り返さないために以下のような議論をされる場合は、
確実に相手を論破できるか、ループに陥らないように注意してください。

1、南京にいたのは便衣兵ではなく便衣兵の容疑者だ(肯定派)
2、南京戦は一個の独立した作戦行動ではなく、上海から継続している戦闘であり、
である以上、南京以前に国民党軍が便衣戦術を取っている。であれば、便衣した
時点で日本軍が便衣兵とみなし、治安維持と便衣活動の予防のために摘発する
のは当然である。これはハーグの占領軍の義務にも係わる(否定派)

3-a、摘発自体に問題は無いとしても、裁判をせずに便衣兵として処刑するのは
問題ある。(肯定派)
3-a-1、便衣兵は摘発時即処刑というのが各国軍において「常識」であり「慣習」と
して成立している。(否定派)
3-a-2、南京にいたのは便衣兵ではなく便衣兵の容疑者だ(肯定派)ループ開始

3-b、間諜と便衣兵は同じだろう。過去に軍律裁判において、間諜は裁判にかけ
られている(肯定派)
3-b-1、間諜と便衣兵(ゲリラ)は違う。作戦行動としても諜報活動は軍事行動と
して認められても、民間人を巻き込むゲリラとそれを当時は同一に扱っていなかっ
た、でなければ、ジュネーブ条約で慣習外ではあるが人道主義に則ったゲリラの
取り扱いの成文法が出来るわけが無い。(否定派)
3-b-2、南京にいたのは便衣兵の容疑者で便衣兵ではないからその定義は的はず
れだ(肯定派)ループ開始。


8 :~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU :03/04/25 01:18 ID:ylmKmwiy

1907年の陸戦法規で交戦資格の条件を有する兵士の条件は下記とされています。

1.部下のために責任を負う統率者(指揮官)があること。
2.遠方から認識することのできる固有の特殊標章を有すること。
3.公然と兵器を携行していること。
4.戦争の法規および慣例に従って行動していること。

この条件を満たす兵士は降伏及び投降をすれば捕虜として扱われます。
交戦資格を持たない兵士の場合は下記のように定義されています。

「交戦資格を有しないものが軍事行動に従事する場合には、敵に捕らえられた際、捕虜としての待遇は与えられず、戦時重犯罪人としての処罰を受けなければいけない。」

兵士とは一旦戦闘に携わった以上、逃亡中、潜伏中の状態は戦闘中と解釈されます。
例え非武装、戦意喪失、無抵抗という状態の場合でも同じ事です。
(投降・降伏して捕虜にならず、機会があれば自軍に合流しようとするから)
その上、南京戦の場合は便衣兵とは主に「民間人に化けた兵士」の事です。
戦闘中であるのに民間人に変装するという行為は陸戦法規の交戦資格を違反しています。
つまり便衣兵に捕虜の資格は全く存在しません。

逃亡中、潜伏中の便衣兵の処刑は戦闘行為と解釈できる上に、例え投降したとしても便衣兵は陸戦法規の交戦資格を違反しているので、戦時重犯罪人として処罰を執行することができます。

「戦時重罪犯は軍事裁判にかけて処罰すべき」というのは、皆さんのご説明にあったように、原則として明文の規定ではなく慣習法です。
慣習法の成立に要求されるのは(首尾一貫した)「慣行」と「法的確信」の両者とされています。
しかし、(他の戦時重罪犯は別として)少なくともゲリラ(便衣兵)に対する慣行に限ってみた場合、「ゲリラ(便衣兵)は軍事裁判にかけて処罰する」という慣行は成立していなかったように思えます。

9 :~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU :03/04/25 01:19 ID:ylmKmwiy
スペインゲリラとナポレオンの戦い、ボーア戦争、第一および第二次大戦、アイルランド、
ナイジェリア、各国の内戦、そして最近のベトナム等において、
殆ど裁判抜きでの(その場での)処刑か、命を助けても拷問にかけるか(報復用の)人質と
することが多い

ゲリラと軍事裁判の関係をいくつかの文献で調べてみたら、軍事裁判抜きの処刑があまりに多く、
それどころか軍事裁判にかけて処刑した例が殆どみつからない

「ゲリラ(便衣兵)は軍事裁判にかけて処罰する」という国際慣習法の成立に不可欠な「慣行」が、南京事件当時一貫して行われていなかった

「軍事裁判抜きに処刑したのであるから国際法違反である」とは断言できない

即決処刑は虐殺ではない

10 :~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU :03/04/25 01:19 ID:ylmKmwiy
> それが、どの様な手続きを経ることで「便衣兵」となったのかだ。
 これに関しては、

207 名前:名無しかましてよかですか? 投稿日:2003/04/05(土) 20:20 ID:m6z6L54b
>>201
ちがいますね。日本軍は安全区で大勢の市民を集めて摘出を
行っていたんです。一億人の昭和史、などを見るとその摘出中の
写真がありますが、市民を行列させて憲兵が身体検査をする
緊急時でも戦闘中でもない光景ですよ。
これらの容疑者は当然裁判で処遇を決めなければなりません。

 1.大勢の市民を集めて
 2.【憲兵】が身体検査をする
                   という説がでている。

写真があるのであるからその写真が本物なら十分な証拠となりうる
憲兵によって、身体検査がなされ兵士と市民の区分がなされていたことは興味深い。

11 :~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU :03/04/25 01:19 ID:ylmKmwiy
以上のことを裏付ける資料が存在する。
(資料の用いられ方は本来このように補助的に用いられるのが妥当である)

南京戦史P540〜555にかけて、このような記述がある。
○六旅団作命甲第138号 12月13日午後4寺30分
〜略〜
○南京城内掃蕩要領
〜略〜
3、〜遁走する敵は大部分、便衣に化すると判断せられるをもって、その疑いがある者はことごとく検挙し適宜の位置に監禁す。
〜略〜
○掃蕩実施に関する注意
1、軍司令官注意事項を一兵に至るまで徹底せしめたる上、掃蕩を実施すべし。
2、外国権益の建物を敵がこれを利用しある場合の外、立ち入りを厳禁す。重要なる箇所には歩哨を配置すべし。
3、掃蕩隊は残敵を掃蕩を任とし必ず将校(准尉を含む)の指揮する部隊をもって実施し、下士官兵以下、各個の行動を絶対に禁ず。
4、青壮年は全て敗残兵または便衣兵とみなし、全てこれを逮捕監禁すべし。(後略

さらに、中帰連のページだが・・・(という断りを入れておいて)

関東憲兵隊は、関東軍のもとで、憲兵が逮捕調査した人間を軍律会議にもかけずに任地指揮官の認可を得て処刑できる権限があった。
(これが、国際法違反であるという肯定派の論証はないので合法という所か)
http://www.ne.jp/asahi/kuma/radical/kenpei_kiroku.htm
ということは、あながち、無差別の処刑でもなかったような気はする。

12 :~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU :03/04/25 01:29 ID:Zm3mpU+k

軍事裁判の手続きなしで便衣兵を処刑したことは、国際法違反ではない。
慣習国際法としては、むしろゲリラは即刻処罰することが普通であった。
ゲリラかどうか司法機関にかけて決めねばならぬという取り決めは、戦前も第二次大戦後しばらくたってからも、世界のどこにも存在しなかったのである。

戦後、1949年のジュネーブ諸条約[戦争犠牲者保護条約]で、初めてゲリラの捕虜資格が定められたが、その場合でも、実際に兵士を殺害したゲリラは即決処分され得た。
1964年から73年にかけてのベトナム戦争でゲリラやその容疑者の大量殺害が問題になり、
1977年のジュネーブ条約追加議定書で初めて、ゲリラの処刑には軍律裁判にてゲリラかどうかの認定を経ることが必要だと明記されるにいたったのである。


13 :~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU :03/04/25 01:29 ID:Zm3mpU+k
一番の問題、南京大虐殺の真の「不法虐殺被害者」と考えられるのは、便衣兵と誤認されて即刻処刑された文民たちである。
 といっても、私は、文民の一部を不審者と断定し殺害したケースまで「不法虐殺」に含めるつもりはない。
証言史料によれば、日本軍人を見て急に逃げ出す等の行為をしたために、背後から撃たれたケースが少なくないという。
しかし、例えば現在のアメリカでも、警官に呼び止められたり「Freeze!」と言われた時に急に逃げ出せば、撃たれる可能性が十分にある。
ましてや戦時中である。
「降を請える敵」を殺傷することが違法でも、逃亡する人間を「敵対意志あり(=投降意志なし)」と見なし発砲することは、戦闘行為の継続と見なされるだろう。

問題は、そういった落ち度がないのに殺害された文民たちである。
 軍事目標主義は、それを掲げれば全てが許されるというものではない。
戦数(戦時緊急必要)という、「軍事上の必要」があれば戦争法規を無視してよいという考え方も一部にあるが、現在ではまず否定されている。
普通は「軍事上の必要」と「人道的考慮」のバランスの上に、文民の被害が許容される。
部隊によっては、例えば最近まで軍帽(ヘルメット)をかぶっていた痕があるといった判断によって射殺するといった作業が行われていたというので、
そのような認定のミスで殺害された文民は、申し訳ないが軍事目標主義から見て「不法虐殺ではない」と結論づけるべきである。


14 :~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU :03/04/25 01:31 ID:Zm3mpU+k
12月13日時点において
 南京は陥落したのであって、日本軍が【占領したのではない】
 (安全区は、占領はおろか・占拠もいまだにしていない)

また、安全区には、陥落後、降伏(もしくは、これ以上抵抗しないという宣言)をなんらしていない便衣の支那が多数(2万以上)潜入している。
彼らは占領に抵抗する兵士であると(日本軍がその当時認識したと)考えるのが妥当である。(南京戦史P540〜555○南京城内掃蕩要領参照)
ゆえに、【安全区】は、【防守都市】であり【軍事目標主義が妥当】し、無差別攻撃が可能であった。
(敵軍の掃討作戦における直接戦闘地域であると見なせるので、直接戦闘地域として攻撃も、可能)
にもかかわらず、日本軍は、【人道的な配慮】から、総攻撃はおこなわず、便衣兵の摘出行為(1.大勢の市民を集めて 2.【憲兵】が身体検査をする)にでた
摘出作業につき、誤認処刑があることは、(安全区が防守都市である以上、軍事目標主義が妥当し、直接戦闘地域ともなりえるので、【その場合の被害と比べたたら】)やむをえない事であり
かかる、日本軍の行為は、「軍事上の必要」(【自軍の安全】・【治安の維持】)と「人道的考慮」のバランスを欠いていたということにはならない

       日本軍の行為は、むしろ【賞賛すべきもの】である

@支那側の数々の違法行為(通州事件を含む)に対する復仇の可能性、
A和平開城の勧告を拒絶して、結果的に自国の多数の良民や兵士を悲惨な状態に陥れた支那政府首脳部の責任、
B安全区に支那兵の潜入を許してしまった、安全区委員会の責任
C右の勧告を拒絶されながら、防守都市南京に対する無差別砲撃の権利の行使を自制した日本軍の態度、
 など関連して検討すべき法的問題点はなお少なくない。

15 :~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU :03/04/25 01:31 ID:Zm3mpU+k
2ちゃんねる南京事件スレ倉庫
http://f9.aaacafe.ne.jp/~mukai/nankin2ch/nankin2ch.html
http://www.globetown.net/~mukai/nankin2ch/nankin2ch.html

南京事件と戦時国際法(その2)
法学博士 佐藤 和男
http://www.kokusairinri.org/database/22.html

南京陥落と国際法
北の狼投稿集:「便衣隊」考
http://www.interq.or.jp/sheep/clarex/jusinbello/index.html

国際法関係
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/8312/index.html

南京大虐殺はウソだ
http://www.history.gr.jp/nanking/index.html


刑事訴訟法の手法をとりいえれた 歴史学者 (注目の一冊)
著者は竹本忠雄・筑波大名誉教授、大原康男・国学院大教授ら
http://www.meiseisha.com/katarogu/nankin/sankei121000.htm


16 :~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU :03/04/25 01:33 ID:Zm3mpU+k
以後 捏造派の反論にならない 反論が続く





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

17 :名無しかましてよかですか?:03/04/25 01:41 ID:4Ix9Ntgu
>>12
ながながご苦労。
便衣を着た兵士はゲリラでなくただの容疑者なんだよ。

反論終わり。

18 :~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU :03/04/25 02:08 ID:Zm3mpU+k
>>17
 はぁ? 【容疑者】を裁判無しで処刑するのが
 即決処刑ですが何か? 
 予想通り 反論になってないな 苦笑

 

19 :~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU :03/04/25 02:14 ID:Zm3mpU+k
>>14 修正があります 本スレ >>628 参照のこと

20 :名無しかましてよかですか?:03/04/25 03:54 ID:4Ix9Ntgu
>>18
予想通りのとんでもない反論だ。
現行犯で罪状を決める裁判と、犯人か否かを決める裁判との違い
が分かる?


21 :~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU :03/04/25 04:25 ID:Zm3mpU+k
>>20
安全区にいる、便衣の支那兵は全員現行犯ですがなにか?

22 :~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU :03/04/25 04:30 ID:Zm3mpU+k
南京事件と戦時国際法(その2) 法学博士 佐藤 和男
http://www.kokusairinri.org/database/22.html

南京城内外での激戦の結果、安全区内に遁入・潜伏する支那敗残兵の数は少なくなかった。
 一般に武器を捨てても(機会があれば自軍に合流しようとして)逃走する敵兵は、投降したとは認められないので、攻撃できるのである。
安全区に逃げ込んだ支那兵は、投降して捕虜になることもできたのに、それをしなかったのであり、残敵掃討が諸国の軍隊にとってむしろ普通の行動であることを考えると、
敗残兵と確認される限り、便衣の潜伏支那兵への攻撃は合法と考えられるが、安全区の存在とその特性を考慮に入れるならば、
出入を禁止されている区域である安全区に逃げ込むことは、軍律審判の対象たるに値する戦争犯罪行為(対敵有害行為)を構成すると認められ、
安全区内での摘発は現行犯の逮捕に等しく、彼らに正当な捕虜の資格がないことは既に歴然としている。

読めばわかるが、安全区に支那兵がいるだけで、戦争犯罪の現行犯となる

23 :名無しかましてよかですか?:03/04/25 12:47 ID:NDD5ZB9G
>>21
国民党の便衣の兵士が全員現行犯ならどうして選別したのかが聞きたい。
また、全員現行犯である根拠を示してくれ。
選別したと言う事は容疑者という証左だろう。

24 :エロリスト:03/04/25 17:43 ID:F+COVmww
便意の援交犯?ハァハァ

25 :名無しかましてよかですか?:03/04/25 17:56 ID:z9HqdPD8
今まで日本兵を殺してきて、
司令官逃亡、戦況不利になったからって
軍服を脱ぎ捨て市民を危険にさらして盾にして
裁判無しで処刑すんなってか。
ムシが良いにも程がある。



26 :名無しかましてよかですか?:03/04/25 18:33 ID:DzcDIHUi
なあみんな、アメが「民間人に偽装した民兵にやられてる」
って報道を見てちょっと嬉しかったろ。
アメリカざまーみろということで。

27 :名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw :03/04/25 23:28 ID:AOg+X+Qk
>>18
ああ、ホンスレでぼろ負けしたからこっちに逃げてきたのねw

>はぁ? 【容疑者】を裁判無しで処刑するのが
国際法違反だと言われているのだよお馬鹿さん。

>>22
と言っても、安全区で捕まえたのは全て「容疑者」なのだよお馬鹿さん。

>>14
「2.【憲兵】が身体検査をする」という状況は【 な か っ た 】
これは資料で明らか。
前提が間違っているので結論も間違いなのだよお馬鹿さん。

いくら大量のコピペをしても間違っていればそれだけの話なのだよお馬鹿さんw

28 :名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw :03/04/26 00:55 ID:5Dd+kbAN
>>25
いままでアジア人を何百万人も殺してきて
負けたからって無条件降伏したクセに
【東京裁判】を復讐裁判だってか。

ムシがいいにも程があるなw

って理屈とおんなじだぜ。おまいの言ってることはな。

29 :名無しかましてよかですか?:03/04/26 02:02 ID:oUMlR790
名無し便衣兵がいるってことでこのスレは終了な。
こいつがいて>>1での注意が守られるわけがねえもん。

30 :名無しかましてよかですか?:03/04/26 02:30 ID:/JkB09eu
>>28
戦争だろう。民間人を無差別殺人するのとは違う。

31 :名無しかましてよかですか?:03/04/26 11:52 ID:yNvHmPnK
>>28
何百万人ってとこも、ちょっとな。

32 :名無しかましてよかですか?:03/04/26 12:17 ID:CXM6WtTP
>>28
名なし便衣兵君のは日本憎しが基準のDQN理屈だが、なにか?
コテハンがなかったら釣り師認定してスルーのところだ。

相手の国際法違反に対して行われた行為と、
国際法違反をしていない人間を事後法でもって
殺すのは全く違うことだな。後者は虐殺といっても
よい行為だろう。復讐ということばがばっちり当てはまる。

それから、君のいう「無条件降伏」とは相手の条件を無条件で
受け入れたとかいう苦しい辻褄合わせのことか?


33 :名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw :03/04/26 14:15 ID:5Dd+kbAN
>>32
>日本憎しが基準のDQN理屈
じゃなくて歴史上の評価は公平に、ってだけの話だよ。日本かわいさで
認識がゆがんだDQN理屈に対しては、反論しとかないとなw

>相手の国際法違反に対して行われた行為と
日本軍の便衣兵狩りが、か?w
反論その1 戦時復仇は成り立たない。日本軍の無裁判処刑が国際法違反って点に、
      何ら変化はない。
反論その2 そもそもなんで南京の中国兵が便衣になったりしたんだよ。って話は
      考えたこともないか無視しているか、どっちかだろ?wあれ、日本軍の
      責任って話があんだぜ?

>国際法違反をしていない人間を
国際法違反をしていない人間を、事後法で、ねぇ。おまい、本気でそれ信じてる?
本気だってんなら、松井石根はなんの罪で死刑になったか、知らないのが明らかだな。
ハーグ28条
「都市其の他の地域は、突撃を以て攻取したる場合と雖、之を掠奪に委することを得ず。」
43条
「国の権力が事実上占領者の手に移りたる上は、占領者は、絶対的の支障なき限、占領地の
現行法律を尊重して、成るべく公共の秩序及生活を回復確保する為施し得べき一切の手段を
尽くすべし」
47条
「略奪は、之を厳禁す。」
こういった全てに、日本軍が違反していたことに対して、軍司令官としての
松井は責任があり、結果があまりにも重大であったが故に、その責任は
「犯罪的」であるとされ、死刑に処せられたんだ。
ハーグのどこが【事後法】だよ。

34 :名無しかましてよかですか?:03/04/26 22:20 ID:CXM6WtTP
>>33
「歴史上の評価は公平に、ってだけの話だよ」 
名なし便衣兵君からこんな言葉がでるとはワラかしてもらったよ。

反論その1 便君の思い込み。もしくはそういう説があるというだけの話。
反論その2 便君が認めている通りに、同上。

ほほう。東京裁判とは松井大将だけを裁いたものだったのか。
それは知らなかったよ。てか、違うだろ?日本憎しで見えなく
なったか? しかも、東京裁判において唯一の国際法学者といわれる
パール判事曰く、松井大将などについて「犯罪的不作為に帰せしめることを
正当とするような満足すべき証拠は、どのようなものも提出されなかった」
といっているぞ。こういうところも公平に見てくれよん。
「無条件降伏」についてはもういいようだな。

つーことで、結局、またまた不公平な日本憎しが基準のDQN理屈を
繰り返してみせただけだったわけだな。


35 :名無しかましてよかですか?:03/04/26 22:25 ID:h4Yf77ZW
ハッキリと「反日です」と認めた方が潔くていいのにねぇ。

36 :名無しかましてよかですか?:03/04/26 22:48 ID:kQluQd1g
軍律裁判は、事前の憲兵の調査がそのまま判決になることが少なくない。
憲兵の身体検査後は、容疑者→現行犯確定だよな。



37 :名無しかましてよかですか?:03/04/26 22:59 ID:ZRJ5FpVb
裁判が成立する最低要件、被告人が裁判を受けていることを認識しているこ
と。そして裁判後は判決を被告人に宣告すること。
以上はどんな軍律裁判であっても裁判である限りは無くてはいけない最低要件
である。

38 :名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw :03/04/26 23:16 ID:5Dd+kbAN
>>34
>反論その1 便君の思い込み。もしくはそういう説があるというだけの話
「戦時復仇は成り立たない」は、そう言う話があるまたはオレの思い込み、ねぇw
「戦時復仇」ってなんなのか、おまいがまるで知らないかとぼけているか
ってのがよーくわかるレスだなw
「戦時復仇」は、「相手の違法行為をやめさせるためにこっちも【同程度】の
違法行為が許される」って考えだ。便衣で安全区に隠れてることが、
皆殺しを正当化するほどの違法行為だっての?ん?さ、論証頑張ろうねボクちゃん♪

>反論その2 便君が認めている通りに、同上。
つーことはつまり、日本軍が行ってた「捕虜を取らない」戦術についても
知らんのかとぼけてしらん顔か、って事だな。なら、「なぜ」便衣になって
安全区に逃げ込んだっての?説明できるか?

>ほほう。東京裁判とは松井大将だけを裁いたものだったのか
「東京裁判は国際法を犯していない人間を事後法で裁いて」という
誤 っ た 認 識 に対する反論ですがこれでは不足ですかな?
日本かわいさで見えなくなってんだねw

>パール判事曰く
で、「事後法で裁かれた」は ウ ソ だ よ ね w
それに、パル判事は南京での大虐殺については 認 め て る よ ね 。
この点の反論とか、ないの?不公平なDQNクソw

>「無条件降伏」についてはもういいようだな。
これについて、おまいは【論点を明示した反論】したか?ん?

つーわけでだんだん明らかになるおまいの嘘吐き体質、だったなw

39 :名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw :03/04/26 23:17 ID:5Dd+kbAN
>>36
>憲兵の身体検査後は、容疑者→現行犯確定だよな
憲 兵 は 身 体 検 査 し て い ま せ ん 
南京安全区ではな。
都合が悪い話を無視してんじゃねーよ。

40 :名無しかましてよかですか?:03/04/26 23:32 ID:CXM6WtTP
>>38
便衣戦術は文民を盾にし、ルールが成り立つための基盤で
ある信頼を木っ端微塵に吹き飛ばす最低最悪の卑劣な行為
であるわけだな。便衣兵君には理解できなかもしれんがな。
そのような卑劣な行為をやめさせるためには便君は一体
どのような対処をすればいいと思うのだね?

それと捕虜をとらない戦術ってなんのことか知らんが、
実際大量の捕虜をとり、後に逃がしていたそうだが、これの
ことをいっているわけではあるまい?



41 :名無しかましてよかですか?:03/04/26 23:44 ID:CXM6WtTP
>>38
東京裁判云々の話だが、どこに嘘があるんだ?
俺の言っていることは事実だが、なにか?
それに対して、一部を取り出して逃げてるのが
便衣兵君だろ。

パール判事が南京大虐殺を認めているっつーのは
まあ言ってくるだろうなと思っていたがやっぱきたね。
弁護側が事実関係については争わなかったのだから、
当然だろう。まさか、だから真実なのだとかDQNな主張
をするつもりじゃあるまい?

無条件降伏については>>32で聞いてやっただろ?
違うっつーならまず答えな。まったくしょーがねーやっちゃ。

42 :西尾すっげーかお:03/04/26 23:46 ID:5yGGngXz
久しぶりに覗いてみたが、まだこんな論争してたのか。
実際に見たわけじゃないから結論がでるわけないのに。

43 :名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw :03/04/27 00:03 ID:sGrFQ2ZT
>>40-41
>俺の言っていることは事実だが、なにか?
へえ。これが「事実」ねw
>国際法違反をしていない人間を事後法でもって殺す
>松井大将の例で、こういう「全てそうでした」っつー書き方はウソだ、って
>証明されたワケねわかるかなボクちゃん?

>便衣戦術は文民を盾にし、ルールが成り立つための基盤で
>ある信頼を木っ端微塵に吹き飛ばす最低最悪の卑劣な行為
>であるわけだな
形容いっぱいくっつけて誤魔化したってダメダメw 論点は「戦時復仇が成り立つか」
だろ?で、オレは「戦時復仇」の概念を述べて「成り立たないでしょ」と言ったの。
それをおまいは根拠も述べずに「便衣兵の思い込み」と断定したのね。
誤魔化してないで「復仇」が成り立つこと証明して見。

>無条件降伏については>>32で聞いてやっただろ?
へえw
>君のいう「無条件降伏」とは相手の条件を無条件で
>受け入れたとかいう苦しい辻褄合わせのことか?
これのどこが「論点の明示」なのかな?ん?

44 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 00:19 ID:rSr/6uiN
いや。結論は出ているんですよね。

南京戦があったということは誰も否定していない。
しかし、その評価は当然のことながら人それぞれ、
学者それぞれ違うってわけですな。

南京戦をいわゆる「南京大虐殺」として
万人が押し付けられる道理などないっつーことです。

45 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 00:27 ID:rSr/6uiN
>>43
便君が理解できないだけじゃんよ。
ものすごくわかりやすくもう一回言ってやるぞ。
「便衣戦術はヒデー行為だ」よって、復仇も同程度のヒデー事が
許されるな。そして実際やめさせるには相当の厳しい態度が
必要であろうな。 

具体的に便衣戦術に対してどのような復仇が
許されているか規定されているのか?いないだろ?



46 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 00:29 ID:rSr/6uiN
>>43
「>君のいう「無条件降伏」とは相手の条件を無条件で
>受け入れたとかいう苦しい辻褄合わせのことか?
これのどこが「論点の明示」なのかな?ん?」

なんだよ逃げるのに必死だな。便衣兵君は具体的にどうだという
意見も持たずに「無条件降伏」とか使ったのかね?


47 :名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw :03/04/27 00:36 ID:sGrFQ2ZT
さて続き。
>パール判事が南京大虐殺を認めているっつーのは
>まあ言ってくるだろうなと思っていたがやっぱきたね。
あたりまえだろ?パル判事の「反対意見」のうち、都合がいい方しか
つかわんですむとでも思ったの?このご都合主義者めw

>弁護側が事実関係については争わなかったのだから、
はい?数々の証拠から「松井大将については不作為は犯罪的とは言えなかった」
という部分は採用すんでしょ?「弁護側が事実関係争わなかった」のにw
なのに南京大虐殺の方は認めないっての?あたま大丈夫?w

>まさか、だから真実なのだとかDQNな主張をするつもりじゃあるまい
だからおまいのいってることはご都合主義のダブスタだって主張したいだけだよw

48 :名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw :03/04/27 00:46 ID:sGrFQ2ZT
>>45-46
>実際やめさせるには相当の厳しい態度が必要であろうな。
これこそ「なんの根拠もないおまいの勝手な思い込み」なw
>「便衣戦術はヒデー行為だ」よって、復仇も同程度のヒデー事が
>許されるな。
その「ひでーこと」が皆殺しが正当化できる程ひでー事なのか、って
いってんだよばかものが。おまいなんっにも根拠出せないじゃねーかよw 

>具体的に便衣戦術に対してどのような復仇が許されているか規定されて
>いるのか
このくるくるぱぁがw
復仇ってものの概念は示しただろ?同程度の違法行為が認められる、って
だけだよ。おまいのこの言葉は、おまいが戦時復仇も国際法もマッタク理解
していない証拠。
>なんだよ逃げるのに必死だな
おまいがなw
>便衣兵君は具体的にどうだという意見も持たずに「無条件降伏」とか
>使ったのかね
これが、おまいが「逃げることに必死」の根拠ねw
で、「苦しいつじつま合わせ」ってのは、おまいの言葉だ。まずおまいはどういう論点で
オレに噛みついてきたのか示すのが筋なんだよ。苦しいつじつま合わせ、の中身が
わかんなかったら反論もヘチマもないだろ?わかるかなボク?

49 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 00:48 ID:rSr/6uiN
>>47
は?あほすぎるな。事実関係について争われていない超不利な
状況においても、パル判事は「無罪」だといっているわけだ。
「公平に」とかいっている同じ稿で「死刑で当然」などという
DQNなきめ付けを恥ずかしげもなくしているから、わざわざ引用して
やったのだろうが。 何度も言うが、冷静になれ。



50 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 01:00 ID:rSr/6uiN
>>48
ますますヒートして狂いまくってるな。冷静になれ。
根拠を書いたじゃないかよ>>40>>45で。
俺は日本軍の行動を非難していないわけだよ。
そして、先に書いたように便意戦術に対しての復仇は
こうすべしとされた基準などないのだろう?
ならば、他にどんな根拠をあげればいいっつーの?
国際法に詳しいというのなら、その具体的な基準を
まず出してみろよ。そうすれば白黒はっきりするぞ。
できないのならば、便君はどう思う、俺はどう思うっつー
次元の話で終わりだ。


それから、「無条件降伏」については便衣兵君の
認識は「相手の条件を無条件で飲んだ」っつーことで
いいってわけね?





51 :名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw :03/04/27 02:19 ID:sGrFQ2ZT
>>49
>は?あほすぎるな。事実関係について争われていない超不利な
>状況においても、パル判事は「無罪」だといっているわけだ。
「アホすぎるな」ってのは、自虐の言葉だろ?w
「おまいの主張が【仮に】正しいとしたら」
○事実関係について争われていない裁判で、パル判事の【意見】では
 →南京で大虐殺が「あった」ことを認め
 →松井大将には不作為について「無罪」だと言ってる
のに、どうして【無罪】の方【だけ】採用すんの?って聞いてるのに、
なにすっとぼけたこといってんだよw
>「公平に」とかいっている同じ稿で「死刑で当然」
犯罪を犯せば死刑も当然。これのどこが【不公平】だっての?
で、「国際法を犯していない人間が事後法で」は ウ ソ で い い ね ? w

>DQNなきめ付けを恥ずかしげもなくしている
のは、そう言うわけで【おまい】な。

52 :名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw :03/04/27 02:27 ID:sGrFQ2ZT
>>50
>根拠を書いたじゃないかよ>>40>>45で。
大笑い。
>最低最悪の卑劣な行為 や >「便衣戦術はヒデー行為だ」
の、どこが【根拠】だよw これはマッタク完璧におまいの【 主 観 だ ろ 】

>国際法に詳しいというのなら、その具体的な基準をまず出してみろよ
で、さらにおとぼけとw
「相手の不法行為をやめさせるために相手と同程度の違法行為が許されるという概念」
ってなんども言ってるだろ?「自由国民社」刊「法律用語辞典」から引用してやろか?
「相手国の国際不法行為の中止、救済を求めるため、それと対等同程度の強力行為を
加害国に対して加えること」
つまり、「基準がハッキリしない」んじゃなく、「おまいが理解したくないだけ」なのさ。

>それから、「無条件降伏」については
ハイ逃亡ね。論点を示せよ、って言ってるだろ?理解できない?漢字仮名交じり文じゃダメ?
「 ろ ん て ん を し め せ 」
これなら理解できるかなボクちゃん?w

53 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 04:37 ID:u3gvt2Ru
>>52
戦争時の法と、平時の法は違うと思うがどうか?

54 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 05:01 ID:heuSAxo4
>>51
>○事実関係について争われていない裁判で、パル判事の【意見】では
> →南京で大虐殺が「あった」ことを認め
> →松井大将には不作為について「無罪」だと言ってる
>のに、どうして【無罪】の方【だけ】採用すんの?

まあ、どんな事実があったとしても、松井大将は【無罪】ということだ
事実認定については、日本軍に有利な証拠はことごとく却下されているので
信憑性はないな。

まぁ こうかけば、たいていの人間は、東京裁判の欺瞞に気づくのだろう
後は調べてみてくれ


55 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 05:53 ID:2SWAbBha
http://www.k-514.com/

56 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 08:09 ID:SSygw35Q
>>54
あんたの信仰の深さを激白されてもなぁ・・・

57 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 09:15 ID:rSr/6uiN
おはよう。名なし便衣兵君。返事が遅いから寝ちゃったよ。
>>51
なんだ?まだそんなこといってるのか?
弁護側は事実関係については争わなかったといっているだろ?
それが「あった」ことの証明になるとでも思っているのか?
現在学術的にこれらを肯定しているものがいるか?
あ!便衣兵君がいたか。便衣兵君は根本的なところがわかって
ないのだ。つーか、反論できないものだから、わかってて
逃げてる可能性もあるがな。


58 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 09:27 ID:rSr/6uiN
>>51
はなっから犯罪を犯したと決め付けているその姿勢のどこに
「公平」さがあるんだ?まったく理解できんぞ。
それから、嘘をついてない俺に嘘吐きだとかねえ、反論できない
のならおとなしく黙ってりゃーいいのだよ。誰に対して必死さを
アピールしてるんだ?





59 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 09:37 ID:rSr/6uiN
>>52
「相手国の国際不法行為の中止、救済を求めるため、それと
対等同程度の強力行為を 加害国に対して加えること」

やっぱ、俺の>>40>>45でした説明で完璧じゃねーの。
相手が便衣戦術をしたからこっちも便衣戦術の要は最低の行為をして
お返ししろとは書いてないな。「対等同程度の強力行為」だ。
便衣戦術は文民を巻き込み、ルールが成り立つ為の最低限の信頼すら
木っ端微塵に吹き飛ばし戦場を醜悪な地獄へと突き落とす最悪の行為だ。
それを「相手国の国際不法行為の中止、救済を求めるため」には
便君は何をすればいいと思うね?そして、実際にその状況下に
晒された当事者が判断してやったわけだ。しかも、日本がやったこと
は、摘出して処刑だな。全然たいしたことじゃない。ものすごく
抑えた人道的な行為だ。


60 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 09:38 ID:rSr/6uiN
>>52
「相手国の国際不法行為の中止、救済を求めるため、それと
対等同程度の強力行為を 加害国に対して加えること」

自分であげたこれをふまえて、名なし便衣兵君は何をすれば
よかったか対案を出すべきだろう。やれ。

61 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 09:41 ID:rSr/6uiN
>>52
無条件降伏の件はまたまた逃亡かい?
はじめからず〜〜〜っと書いているように、
「便君は「無条件降伏」をどういう意味でつかったのか?」
そこが論点だ。 さあ、逃げてないで書け。

62 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 09:48 ID:rSr/6uiN
>>61の訂正
「無条件降伏の件【も】」だな。
>>52の追加
「これはマッタク完璧におまいの【 主 観 だ ろ 】」
本まモノのリアル馬鹿だな。>>50で書いただろ。
基準がなければそれぞれ個人が、「中止、救済を求めるため、
それと対等同程度の強力行為」とは何かを主観でもって
判断せざるを得まいが? まともに反論してみ〜よ。できないのならば、
おとなしく黙っるように。時間の無駄だ。それとも必死に駄々をこねて
みせると誰かからおこずかいでも貰えるっつーのか?


63 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 09:55 ID:rSr/6uiN
>>59の書き直し

>>52
「相手国の国際不法行為の中止、救済を求めるため、それと
対等同程度の強力行為を 加害国に対して加えること」

やっぱ、俺の>>40>>45でした説明で完璧じゃねーの。
相手が便衣戦術をしたからこっちも便衣戦術の様な最低の行為をして
お返ししろとは書いてないな。「対等同程度の強力行為」だ。
便衣戦術は文民を巻き込み、ルールが成り立つ為の最低限の信頼すら
木っ端微塵に吹き飛ばし戦場を醜悪な地獄へと突き落とす最悪の行為だ。
そんな「相手国の国際不法行為の中止、救済を求めるため」には
便君は何をすればいいと思うね?そして、実際にその状況下に
晒された日本がやったこと は、摘出して処刑だな。全然たいしたこと
じゃない。ものすごく抑えた人道的な行為だ。

64 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 11:55 ID:hV0mKv1Y
ID:rSr/6uiN君て、ほんとに必死だねw

65 :名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw :03/04/27 13:18 ID:sGrFQ2ZT
>>64
うんうん。確かに必死のようだなwおんなじような内容のレスを
何度も何度も、なぁw
>>59の書き直し
プ 「完璧」なのに「書き直し」wwwww

>>63
>すら
>木っ端微塵に吹き飛ばし
>戦場を醜悪な地獄
>突き落とす
>最悪
>最低の行為
>全然たいしたことじゃない
以上、必死な「ID:rSr/6uiN」クソの、主観&知ってる形容大会でしたw
「ひでー行為」ってのは、主観だよ?お馬鹿ちゃん♪
>便君は何をすればいいと思うね
徹底的な取り締まり。で、取り締まりで捕まえた相手は
【全て容疑者】だから、裁判しなきゃならないの。これは主観じゃなくて、
ハーグ23条チ号っていう【具体的客観的な根拠】があるのよ。おわかり?
「ぐたいてききゃっかんてきなこんきょ」って平仮名で書けばわかる?w

66 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 13:43 ID:2yVXyB0W
>>65
日本軍は徹底的な取り締まりを人道的に行なったと思うぞ。
それが選別して処刑でしょう。

67 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 13:48 ID:heuSAxo4
23条チについては、決着したと思ったが・・・ 何度蒸し返しているんだ?

11 名前:名前かましてよかですか? 投稿日:2003/04/20(日) 00:01 ID:7UI1blhC
何度も指摘されていることだろうが、軍律法廷は法令ではない。軍令だ。
だから裁判を受ける権利を持ち出すのは論外。
それに戦時国際法が言っているのは国内法についてであって、軍令ではない。
ハーグ23条チ号を持ち出すのは根本的に裁判の性質についての理解がない。

>>66 →>>10-11にも同じことが書かれているね

そういえば、良民証って、日本軍は いつ配ったの?

68 :名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw :03/04/27 19:15 ID:sGrFQ2ZT
>>67
>23条チについては、決着したと思ったが
思うのは勝手だよ。いくらでも思ってね♪
>何度蒸し返しているんだ
そりゃおまい、「決着した」って脳内で思ってるだけだからなぁ。おまいらがw
>軍律法廷は法令ではない。軍令だ。だから裁判を受ける権利を持ち出すのは論外。
こういう事を大まじめに言うこと自体、軍令や軍律や国際法についてマッタク理解
していないか理解していない「フリ」している嘘吐き野郎かのどっちか、の証明だよ。
軍令も軍律も、国際法の枠内で制定しなければ、国際法違反なんだよ。

>それに戦時国際法が言っているのは国内法についてであって、軍令ではない
これが既に大馬鹿者の証明でなw
ハーグ23条チ号は、以下のように
「対手当事国国民の権利及訴権の消滅、停止又は裁判上不受理を宣言すること(の禁止)」
占領地にいる相手国の国民に対してこれこれをしてはいけない、という禁止規定だ。
で、国内法(ここでは軍法を言ってるつもりだろうが)は、
「相手国の国民を裁くことは出来ない」(陸軍刑法の適用は、帝国軍人、軍属、従軍外国人、
そして「捕虜のうちで罪を犯したもの」までだ(1,5条))から、チ号規定が
国内法に限定される、などというのは無知そのものでしかない。
敵国国民を裁くのは、軍の内規である軍律。従って、裁判無しでオーケー、のような軍律
があれば、それ自体が国際法違反、ということになる。

>>10-11にも同じことが書かれているね
より正確には、同じ間違いが晒されてるね、だw

69 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 21:15 ID:rSr/6uiN
>>65
「プ 「完璧」なのに「書き直し」wwwww」
いいかげん落ち着いたか?書き直しと「完璧」の意味が全然
関係ないっちゅーことぐらいわかるだろ?わざわざ自分がどれほど
錯乱しているかをアピールする必要などないからな。
以後気をつけるように。

で、本題だが、元に戻っちまってるじゃないかい。
結局反論できなかったってわけか。

そういえば、復仇がなぜ認められないかについても
具体的な説明をしてもらってなかったな。まずやってみ。




70 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 21:21 ID:vOH2C6lP

   ,rn                 
  r「l l h.                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | 、. !j                | 
  ゝ .f         _      |  携帯の電波が
  |  |       ,r'⌒  ⌒ヽ、.  │   常にMAXになる
  ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ. │    ようにするニダ!
 ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)  |  上月町
  |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ   |    まんせーー!
  \    \.     l ; r==i; ,; |'  .人_ 
   \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ___
     \  ノ ハヽ  |_/oヽ__/     /\
      \  /    /        /  |.  
        y'    /o     O  ,l    |



71 :名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw :03/04/27 22:58 ID:sGrFQ2ZT
>>69
>わざわざ自分がどれほど錯乱しているかをアピールする必要などないからな
そそそ。だから【一回ですませられるレスは一回で済まそうね】w
もちろん>>59-63みたいなののこと言ってんだよ?w
以 後 気 を 付 け る よ う に w

>結局反論できなかったってわけか
幸せな脳髄の持ち主だよなあw テメェの主観だけで反論になると思ってん
だからよっw
オレ →国際法という具体的【客観的】根拠
おまい→「ひどすぎる」「最悪」とかいろいろの【主観】 だ け 

反論きちんと出来てないのは、お・ま・い♪

>そういえば、復仇がなぜ認められないかについても
これも、そ。同程度の強力行為であると国際的に認められていた、という
具体的客観的根拠示して反論する必要があんの。

反論できないイイワケは苦しいだろw あ、苦しくないか。
主観だけで根拠になると思ってるヴァカにはw

さ・ら・に 
その1 無条件降伏についての具体的論点は?
その2 いつの間にか言ってることから消えてるがな。東京裁判のことでウソ
    書きました、ってのは認めるんだな?

72 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 23:04 ID:rSr/6uiN
>>71
その国際法とやらから具体的になぜ認められないか引き出してみ

他のごめんなさい宣言とみなして勘弁してやる。


73 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 23:11 ID:rSr/6uiN
>>72
俺が認められる根拠として
「相手国の国際不法行為の中止、救済を求めるため、それと
対等同程度の強力行為を加害国に対して加えること」を
あげて具体的根拠を出したといいはったらどう思うね?
納得するか?便衣兵君がやっていることはそういうことだ。



74 :名無しかましてよかですか?:03/04/27 23:23 ID:rSr/6uiN
>>73のつづき

つまり、便衣兵君が根拠と言い張っているものは俺の
主張の根拠ともなるわけだ。

そうそう、今日はこれから用事があるから急いでレスくれなくても
いいからな。一晩じっくり考えてあっと驚く素晴らしいものを頼むよ。

75 :名無しかましてよかですか?:03/04/28 13:07 ID:GbHdbE8I
便衣兵は今頃仕事そっちのけで反論考えてるんだろうな。想像すると何か笑える(w

76 :名無しかましてよかですか?:03/04/29 07:59 ID:YQNwxXvc
重要な情報なので貼っとく

689 名前:名無しかましてよかですか? 投稿日:2003/04/26(土) 01:25 ID:tBLPa5MP
>「第二五条」
>【防守せざる都市、村落、住宅又は建物は、如何なる手段に依るも、之を
> 攻撃又は砲撃することを得ず】

はっつまらんことを。それこそ慣習でかたがつく。

西洋の都市の非防守は、その都市の最高責任者と占領軍との交渉に
よって通常確定する。その代わりに補給(買い上げ)や宿の提出などの
条件が交わされる。また都市内の市民ゲリラ活動に対する担保として
市長の身柄を拘束(といっても軟禁だが)するのだ。

南京でこれらの手続きが行われたのか?

もしこれらが行われていないならそれこそ占領軍である日本軍の判断
になるだろうさ、なにしろ南京には敗残兵という「敵」がいるのだからな。



77 :名無しかましてよかですか?:03/04/29 18:08 ID:/hsTqIKz
厨房軍団に名無し便衣兵も根負け・・

78 :名無しかましてよかですか?:03/04/29 19:38 ID:J785MMdF
>>77
歪んでるね君。メガネ治したほうがいいよ。

79 :名無しかましてよかですか?:03/04/29 23:13 ID:t+/8lrCK
まるで名無し便衣兵の更正スレだなこりゃ(w

80 :名無しかましてよかですか?:03/04/30 16:48 ID:35EMczJ8
>>77
本当に「軍団か?」と思われる所がある意味怖いがな。

81 :名無しかましてよかですか?:03/04/30 19:38 ID:8cmsbBvo
>>80
具体的にどの辺が?

82 :名無しかましてよかですか?:03/04/30 20:57 ID:WGv5JKaj
まあ根負けさせて嘘八百並べ立てようと言うのが
奴らの魂胆だからな

嘘も千回っていういつものやり方だ

83 :名無しかましてよかですか?:03/04/30 21:27 ID:8cmsbBvo
>>82
それってどーみても虐殺派のことだけど、
そういう意味だよな?

84 :名無しかましてよかですか?:03/04/30 23:13 ID:D8Yn5UMk
数スレかけて、自説を確固たるものにした ~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU  と
数スレかけて、罵倒しただけの        名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw

決着はついたな

85 :名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw :03/05/01 14:34 ID:l3uwun2u
>>84
「確固たる物という妄想から抜け出せなくなった~~-y(゚Д゚ 凸 ◆M3KAMI/nrU」
の間違いだろ?

名 な し で カ キ コ の 伝 聞 太 郎 ク ソ w

86 :名無しかましてよかですか?:03/05/01 22:00 ID:y/OKQqV7
>>85 馬鹿便理論だと 

77 名前:名無しかましてよかですか? 投稿日:2003/04/29(火) 18:08 ID:/hsTqIKz
厨房軍団に名無し便衣兵も根負け・・

80 名前:名無しかましてよかですか? 投稿日:2003/04/30(水) 16:48 ID:35EMczJ8
>>77
本当に「軍団か?」と思われる所がある意味怖いがな。

82 名前:名無しかましてよかですか? 投稿日:2003/04/30(水) 20:57 ID:WGv5JKaj
まあ根負けさせて嘘八百並べ立てようと言うのが
奴らの魂胆だからな
嘘も千回っていういつものやり方だ

この名なしカキコは、名なし便衣兵 ◆iOML6lL/Hw の(・∀・)ということになるな

87 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 11:39 ID:0RICw2Fm
「虐殺ではなかった」派 と  ~~-y(゚Д゚ 凸 は

>>23
>国民党の便衣の兵士が全員現行犯ならどうして選別したのかが聞きたい。
>また、全員現行犯である根拠を示してくれ。
>選別したと言う事は容疑者という証左だろう。

に対する反論もしてないね

88 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 12:38 ID:QoJ+9aia
>>87
何度もでてるから本スレの方もあわせて読んでみ。
その上で自説を述べるように。

89 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 12:44 ID:0RICw2Fm
>>88
なら、該当する本スレの、レス番号教えてくれ 全部探せ、は勘弁してな
あと、>>87は、反論してないという事実を述べているので、自説ではない つ も り

90 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 12:51 ID:QoJ+9aia
>>89
32を探してみそ。これからでかけるから、
それでも納得いかないようだったら、夜にでも相手したるよ。

91 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 13:54 ID:0RICw2Fm
>>90 thx!

92 :まとめてみた:03/05/03 13:57 ID:0RICw2Fm
■「虐殺はなかった」派(CXM6WtTP = rSr/6uiN)が問題としていること

--------------------------------------------------
(中国軍の)便衣戦術・・をやめさせるためには・・一体
どのような対処をすればいい(>>40
--------------------------------------------------

▼旧日本軍の対処方法(事実問題)

1 「虐殺はなかった」派(CXM6WtTP = rSr/6uiN)
--------------------------------------------------
摘出して処刑(>>63
--------------------------------------------------

2 「虐殺はあった」派(名無し便衣兵)
--------------------------------------------------
皆殺し(>>48
--------------------------------------------------

93 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:01 ID:0RICw2Fm
△旧日本軍の対処方法が正当な理由

「虐殺はなかった」派(CXM6WtTP = rSr/6uiN)
--------------------------------------------------
「便衣戦術はヒデー行為だ」よって、復仇も同程度のヒデー事が
許されるな。そして実際やめさせるには相当の厳しい態度が
必要(>>45

「相手国の国際不法行為の中止、救済を求めるため、それと
対等同程度の強力行為を加害国に対して加えること」(>>63
--------------------------------------------------

△旧日本軍はどうすべきだったか及びその理由

「虐殺はあった」派(名無し便衣兵)
--------------------------------------------------
徹底的な取り締まり。で、取り締まりで捕まえた相手は
【全て容疑者】だから、裁判しなきゃならないの。これは主観
じゃなくて、ハーグ23条チ号っていう【具体的客観的な根拠】
がある(>>65
--------------------------------------------------

94 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:02 ID:Y3pDv+bq
>>87
兵士か兵士でないか 分別する義務は日本軍にない
安全区は、防守地域にあたるから
戦闘員と非戦闘員の区別は、被攻囲者のほう(支那軍・安全区委員会)にあるわけ。

23条
は 兵器を捨て又は自衛の手段尽きて降を乞へる敵(当然に、戦闘資格のある敵、便衣兵はこれにあたらない)を殺傷すること

以外の敵は、全員殺してもよいことになる。

さらに、22条以下では、文民を選別して殺せなどとどこにもかかれていないので、文民も殺せる。


95 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:03 ID:0RICw2Fm

◇参考◇
--------------------------------------------------
 ハーグ条約(日本は1907年(明治40年)年6月調印済み)
  陸戦ノ法規慣例ニ関スル規則
   第二三条 [禁止事項]
    特別ノ条約ヲ以テ定メタル禁止ノ外、特ニ禁止スルモノ
    左ノ如シ。
     ・・・
    チ 対手当事国国民ノ権利及訴権ノ消滅、停止又ハ裁判
      上不受理ヲ宣言スルコト
     ・・・
--------------------------------------------------

96 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:05 ID:0RICw2Fm
>>94の 23条 と 22条以下 は 何の法律? ハーグ条約のこと?

97 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:05 ID:Y3pDv+bq
>>95  結論済み

11 名前:名前かましてよかですか? 投稿日:2003/04/20(日) 00:01 ID:7UI1blhC
何度も指摘されていることだろうが、軍律法廷は法令ではない。軍令だ。
だから裁判を受ける権利を持ち出すのは論外。
それに戦時国際法が言っているのは国内法についてであって、軍令ではない。
ハーグ23条チ号を持ち出すのは根本的に裁判の性質についての理解がない。



98 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:15 ID:0RICw2Fm
以上 ( >>92-93,>>95 ) から、

■「虐殺はなかった」派(CXM6WtTP = rSr/6uiN)が問題としている
--------------------------------------------------
(中国軍の)便衣戦術・・をやめさせるためには・・一体
どのような対処をすればいい(>>40
--------------------------------------------------

に対する旧日本軍の対処方法が適当であったかどうかは、

>>67-68 で議論になっているように、ハーグ23条チ号が
この南京「虐殺」事件に適用されるかどうかを議論すれば、
決着がつく

99 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:21 ID:Y3pDv+bq
>>68もすでに論破ずみ

『戦時国際法論』 P257 立作太郎
 占領者は政治的性質を有する一切の法律及び政治的特権を停止又は変更をするを得ベく、又占領軍の安全及び兵力の維持ならびに軍事上の成功に関係する【一切の法令を停止又は変更するを得べき】である。

→@【軍の安全】A【兵力の維持】B【軍事上の成功】に関係するのなら
(いいかえるなら@〜Bの場合に限定して)
 【一切の】法令を停止又は変更することができるわけ。


100 :まとめてみた:03/05/03 14:22 ID:0RICw2Fm
>>97
南京「虐殺」事件には、ハーグ23条チ号が適用できないと「結論済み」か
どうかは、>>97=>>67、及び >>68を読んでも、俺には判断できない

ただし、それは俺に国際法の知識が不足しているのが、原因かもしれない
国際法に通じている誰かに、もっと、このあたりを掘り下げてもらいたい

101 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:29 ID:Y3pDv+bq
>>100
 戦争において、戦闘員であるか非戦闘員であるか、区別する義務があるのは
 相手側にあるのではなく、非戦闘員を擁する者の側である。

 戦闘員、非戦闘員の区別をすることなく、抵抗を続けている(降伏をしないことを含む)場合に、相手側に、その区別義務が移ることはありえない。

 相手側は、すべて戦闘員とみなし、その地域にいる者すべてに対して、攻撃しても法律的にはかまわないのである。




102 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:35 ID:0RICw2Fm
>>99 同前

それは立作さんという方の学説だと思うが、学会の通説なの?
特に、ハーグ平和会議というのは、「国際法、国際平和、軍縮、戦争遂行手段の限定」
(エンカルタ2003)を目的としていたわけだろう?
もし、立作さんの言うとおりであれば、ハーグのような平和に関する国際条約は、
ほとんど意味を持たなくなると思うんだが?

いずれにしろ、自分にはこれ以上にわかに判断ができないので、
いろいろ意見が書き込まれるのを読ませてもらいます

103 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:35 ID:Y3pDv+bq
何回もいっているように
 降伏勧告を退け、便衣兵戦術をとった  支那軍
 安全区に支那兵を潜入させてしまった  安全区委員会

に責任があるのであって

日本軍は、
事前に降伏勧告をだしているし、
総攻撃ができるにもかかわらずそれを自制し
憲兵により、文民と兵士の選別もなされている。
これにより、安全区の治安は急激に回復している。
賞賛されこそすれ 日本軍に責任がないことは明らかである。

104 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:37 ID:Y3pDv+bq
>>102
 立作氏のいうとおりでなかったら、軍隊はとても他の国を占領することはできないが
 なにか?



105 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:40 ID:0RICw2Fm
>>94 の意見もそれが通説か俺には判定できない
どうか、詳しい人掘り下げてほしい

あと、>>96で書いたが、>>94の「23条」と「22条以下」は、
ハーグ条約(陸戦規定)を指しているのですか?
それとも、別の法規ですか?

106 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:44 ID:Y3pDv+bq
>>105
>どうか、詳しい人掘り下げてほしい
 「私の意見よりの人助けてください」としか聞こえないけど

>ハーグ条約(陸戦規定)を指しているのですか?
 わからないなら、まとめたり、でしゃばっていろいろ書かないほうがいいよ

107 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:47 ID:bGvcfwyE
http://www.yahoo2003.com/betu/linkvp2/linkvp.html

108 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:48 ID:Y3pDv+bq
追伸
>>99は、占領された、されそうな地域の人間は、占領する、しそうな軍隊に対して
安全を脅かす行為をしてはならないということだよ
(ゲリラをかくまうなんてもっての外)

通説も何も 至極当たり前のことを書いてあるだけ


109 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:50 ID:Y3pDv+bq
『戦時国際法提要』(上)P810 信夫淳平
 軍律は軍司令官が軍事上の必要に鑑み、己の適当と認める所に従って制定する住民取締りの命令である。
別語にて云えば、軍律は戦線又は占領地の軍司令官に於いて侵入地または占領地における【軍の安全と秩序維持のため】、軍事上及び占領地行政上必要と認める事項を己の裁量にて随時制定し、管下の住民を広く拘束せしめる所の特殊の命令である。

『戦時国際法提要』(上)P822 信夫淳平
 勿論軍律の規定事項には専横過酷の嫌あるものも多きは当然で、【常時における法の観念に照らさば、いずれの文明交戦国の軍律にも議すべきものあるを免れない。】
けれども軍律の目的は、犯罪の処罰そのものよりも軍に有害なる犯行を予戒的に防止するのが主で、平たく言えば厳罰をもって予め住民を威嚇するにあるから、
苛厳の罰例を掲げたからとて是非ともこれを課すとは限らず、情状を酌量してその適用を自在にする、そこに軍律の伸縮性を認めるべきである。
將た軍律の犯人には多くの例において弁護人を附せず、被告の陳述と審判官の判断だけにて擬律処断するのであるから、
被告の利益を考慮せざる不都合の制と云えば云えぬでもないが、占領地とても元々戦地であり、
戦地のことは常時の規矩準縄をもって律し得ざる点少なからずあるの事実を斟酌せねばならぬ。

110 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 14:51 ID:0RICw2Fm
>>104 占領できるかどうかではなく、当時の通説かどうか、を知りたいんですが?
ていうか、〜でなくても、占領はできますね(w

それはともかく、
仮に「 【一切の】法令を停止又は変更することができる」と解釈されるとして、
その変更されようとする法令の内容は、現在の世界人権宣言でうたわれているような制約、
例えば、拷問の禁止とか、無意味な殺戮の禁止とか、そういう、超法規的な倫理によって、
制限される、という考え方は、当時には存在していなかったのですか?
上にあげたその超法規的な倫理の理念、例えばそれを条約化したものが
ハーグ条約だと思うのですが?

111 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 15:05 ID:0RICw2Fm
>>108 >>99は安全を脅かす行為をしてはならない、ということか
であれば、常識的に考えて頷けるね
なるほど >>99は ・・に限定してと書いてくれている

しかし、この抽象的な文章はかなり広い幅で解釈できるね
抽象的な文章をどう解釈するかの指針が、超法規的な理念や
倫理、また学会の通説ではないのですか?
「安全を脅かす云々」の、そのソフトな文言通りなら納得できるけど
もし、その意味が、「その新たな法令は、その内容の【一切】を、変更する
当人に都合がいいように作ることができる」という意味だと、
先の疑問が生じます

112 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 15:16 ID:0RICw2Fm
>>106 失礼 以下にありますね 「23条 は兵器を捨て云々」は、ハですね

第二二条 [害敵手段ノ制限] 交戦者ハ、害敵手段ノ選択ニ付、無制限ノ権利ヲ有スルモノニ非ス。
第二三条 [禁止事項] 特別ノ条約ヲ以テ定メタル禁止ノ外、特ニ禁止スルモノ左ノ如シ。
 
 イ 毒又ハ毒を施シタル兵器ヲ使用スルコト
 ロ 敵国又ハ敵軍ニ属スル者ヲ背信ノ行為ヲ以テ殺傷スルコト
 ハ 兵器ヲ捨テ又ハ自衛ノ手段尽キテ降ヲ乞ヘル敵ヲ殺傷スルコト
 ニ 助命セサルコトヲ宣言スルコト
 ホ 不必要ノ苦難ヲ与フヘキ兵器、投射物其ノ他ノ物資ヲ使用スルコト
 ヘ 軍使旗、国旗其ノ他ノ軍用ノ標章、敵ノ制服又ハ「ジェネヴア」条約ノ特殊徽章ヲ擅ニ使用スルコト
 ト 戦争ノ必要上万已ムヲ得サル場合ヲ除クノ外敵ノ財産ヲ破壊シ又ハ押収スルコト
 チ 対手当事国国民ノ権利及訴権ノ消滅、停止又ハ裁判上不受理ヲ宣言スルコト

 交戦者は、又対手当事国ノ国民ヲ強制シテ其ノ本国ニ対スル作戦動作ニ加ハラシムルコトヲ得ス。
 戦闘開始前其ノ役務ニ服シタル場合ト雖亦同シ。

113 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 15:32 ID:0RICw2Fm
上記のとおり、23条ハ号には、
「兵器を捨て又は自衛の手段尽きて降を乞へる敵を殺傷すること」を禁止する旨記載されている
しかし、そこから、「以外の敵は、全員殺してもよい」、ことになるの?
各号に掲げている内容が、@「限定列挙」であり、かつ、Aその限定列挙を厳格に適用する場合に限る
という限定がさらにつくと、俺は思う
さらに、「22条以下では、文民を選別して殺せなどとどこにもかかれていないので、文民も殺せる。」
という結論になるの?

現在の倫理基準から見てという話をするつもりはないので、当時の法解釈上、これらが通説なのかどうか

もしもこれらが通説なら、現在の俺からすると大いに驚きだが、それはともかく、
当時の法解釈上は、そのようなものだったというところから話を始めないと、又ループが続く


114 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 15:53 ID:0RICw2Fm
ハーグの陸戦規則には以下のような条文もある

【便衣兵】(だとすれば)の殺害はともかく、以下の条文を俺が読むと、
>>94「22条以下では、文民を選別して殺せなどとどこにもかかれていないので、
文民も殺せる。」 とまでは思えないんだが

第三款  敵国ノ領土ニ於ケル軍ノ権力

第四三条 [占領地ノ法律ノ尊重] 国ノ権力カ事実上占領者ノ手ニ移リタル上ハ、占領者ハ、絶対的ノ支障ナキ限リ、
占領地ノ現行法律ヲ尊重シテ、成ルヘク公共ノ秩序及生活ヲ回復確保スル為施シ得ヘキ一切ノ手段ヲ尽スヘシ。

第四五条 [宣 誓] 占領地ノ人民ハ、之ヲ強制シテ其ノ敵国ニ対シ忠誠ノ誓ヲ為サシムルコトヲ得ス。

第四六条 [私権ノ尊重] 家ノ名誉及権利、個人ノ生命、私有財産並宗教ノ信仰及其ノ遵行ハ、之ヲ尊重スヘシ。
 私有財産ハ、之ヲ没収スルコトヲ得ス。

この辺と南京「虐殺」事件との関連はどうなるのかな?
まあ、直接便衣兵とは無関係なので、>>94に対する反論としてあげておきます

115 :bloom:03/05/03 16:14 ID:DfUT23+r
http://homepage.mac.com/ayaya16/

116 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 16:19 ID:Y3pDv+bq
>>114
 安全区は、占領地域ではな(ry ループすな
 軍律の根拠条文(43条)を挙げる君は一体・・・ 苦笑

117 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 16:20 ID:54ZGEog+
>>113
ハーグの前文を読め。そこに意図と目的が書いてある。
自分の常識を信じろ。
>>94程度の法解釈が正しいなら、法学者がとうの昔に南京大虐殺は法的に無罪って
いいだしてるさ。

118 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 16:24 ID:Y3pDv+bq
>>117
 便衣兵戦術は、ハーグに違反していることは当然理解しているよな
 前文読むまでもなく、責任は日本軍ではなく、支那軍にある。

 当時、法的に無罪と主張しえる状況下にあったのか?
 日本軍=悪というイメージに疑問をはさむ行為・言論
 新しい歴史教科書の例を挙げてみれば、よくわかるだろう


119 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 16:45 ID:pb+t6yVS
>118
南京の敗残兵が銃、火器その他を所持して坦懐?

120 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 16:48 ID:Y3pDv+bq
>>119
 兵士が、投降していない以上かかる反論は無意味

121 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 16:54 ID:YAdGN9Y8
>>120
確かに兵士が投降しない所か、軍服を脱いでる状態なのはわかるが、
それでも捕獲中の兵士を即決処刑はできるのだろうか。

122 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 17:06 ID:pb+t6yVS
投降するつもりで日本軍に身を任せたら、幕府山のふもとで・・・W

123 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 17:14 ID:Y3pDv+bq
まぁ その他の大部分の中国兵は、日本軍に解放されている訳だが・・・

124 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 17:23 ID:0RICw2Fm
ぐぐったらこんなのもあった

>便衣隊は間諜よりも性質が遙に悪い(勿論中には間牒兼業のもある)。間諜は戦時公法の毫も禁ずるものではなく、
>その容認すち所の適法行爲である。たゝ間牒は被探國の作戦上に有害の影響を與ふるものであるから、作戦上の
>利益の防衛手段として戰時重罪犯を以て之を諭ずる權を逮捕国に認めてあるといふに止まる。黙るに便衣隊は
>交戦者たる資格なきものにして害敵手段を行ふのであるから、明かに交戦法規違反である。その現行犯者は突如
>危害を我に加ふる賊に擬し、正當防衛として直ちに之を殺害し、叉は捕へて之を戦時重罪犯に間ふこと固より妨げない。

>たゝ然しながら、彼等は暗中狙撃を事とし、事終るや闇から闇を傳つて逃去る者であるから、その現行犯を捕ふる
>ことが甚だ六ケしく、會々捕へて見た者は犯人よりも嫌疑者であるといふ場合が多い。嫌疑者でも現に銃器弾薬類
>を携帯して居れば、嫌疑濃厚として之を引致拘禁するに理はあるが、漠然たる嫌疑位で之を行ひ、甚しきは確たる
>證據なきに重刑に處するなどは、形勢危胎に直面し激情昂奮の際たるに於て多少は已むなしとして斟酌すべきも、
>理に於ては穏當でないこと論を俟たない。
>上海戰勃發の際に方り、我方の便衣隊捕縛には或は玉石混柵の嫌ひがあったやうにも聞及んだ。その中には、或は
>全然無辜の徒にして我が陸戦隊又は有志者團に拉致せられ、誤って制裁を加へられた者も無いでもあるまい。何分
>にも豫め戸籍調査や行跡査定を盡した上でやったことではなく、事は咄嗟の間に起り、手當り次第に目前緊迫の危険
>を除くといふのであるから、多少は無理もあつたに相違あるまい。甚しきは、債務履行の督促を支那商に受けつゝありし
>我が一邦民にして、苦し紛れに債權者たる支那商をば彼は便衣隊なりと我が軍衙に誣告し、銃剣の一撃の下に自然
>債務をも抹殺した者すらあったとの風説−勿論風説に過ぎまい−をも耳にした。

> (「上海戦と国際法」P158〜126)

>信夫淳平 戦前の国際法学者、海軍大学校国際法教官を務める。
>偕行社の「南京戦史」「南京戦史資料集」に著作が引用されている。




125 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 17:23 ID:Y3pDv+bq
思考停止の虐殺洗脳者は、とことん一度すり込まれた固定観念が捨てきれないんだね。

126 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 17:35 ID:Y3pDv+bq
>>124
違法であるなどと一言も書いていないのですが・・・
で、君の常套句である「それって通説なの?」という言葉が聞かれない所に

ダブルスタンダードの姿勢が垣間見えていてとても好感が持てませんね w

127 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 17:53 ID:0RICw2Fm
>>116
「安全区」はハーグの43条等で指す「占領地域」にはあたらなお、ということだね
実質的に占領していても、この条文は該当しないんだね?
仮にそうだとしても、>>114に載せた第四三条[占領地ノ法律ノ尊重]や、
第四六条 [私権ノ尊重] の生命の尊重など、安全区以外には該当するんだろ?

ハーグ43条→「軍律」が存在することの根拠 というのは
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/8312/page010.html
というサイトに出ていた

でも、>>114に載せた第43条を普通に読むと「裏から読めば」っていう意味にしか
解釈できないんだけども、第43条は[占領地ノ法律ノ尊重]というタイトルだし(w

128 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 18:05 ID:0RICw2Fm
>>126

俺は、立作さんの学説が通説かどうか知りたかったので
Aに対する¬Aという学説をみつけて載せただけだよ
¬Aが通説とは言ってない

あと、わかんないのが、ハーグ43条が軍律が存在する根拠だとして、
また、仮に立作さんの説=「占領された、されそうな地域の人間は、
占領する、しそうな軍隊に対して安全を脅かす行為をしてはならない」が
通説だとして、

それらがなぜ、軍律には国際法が適用されない、ことの根拠になるのか
全然理解できないんだけど 俺が頭が悪い性か?

129 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 18:06 ID:0RICw2Fm
おっと、>>127
「占領地域」にはあたらなお ×
「占領地域」にはあたらない ○

130 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 18:09 ID:0RICw2Fm
で、>>126さん
偕行社の「南京戦史」「南京戦史資料集」に著作が引用されている
海軍大学校国際法教官を務めた戦前の国際法学者の信夫淳平さんの
>>124で引用した話についてはどう思うか、聞かせてほしい

131 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 18:21 ID:0RICw2Fm
そう言えば、うろうろ覚えだけど
>>94 文民を選別して殺せなどとどこにもかかれていないので、文民も殺せる

なんかアメリカが、
ハーグ条約には毒ガスで非戦闘員を殺すな、とは書いてあるが、
原爆で殺すなとは書いてないから、ハーグ条約に違反してない

とか言ってた気がするんだけど、上の>>94で、ちょっと思い出した

132 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 18:24 ID:0RICw2Fm
>>117 どうも
ところで、ハーグの前文、日本語訳、ウェブで探したけどないんだよ
もし、あったらURL教えてくれ >ハーグ日本語訳

133 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 18:41 ID:bEclL9zI
>>132
国際法研究室より
ttp://homepage1.nifty.com/arai_kyo/intlaw/docs/hr.htm

戦史研究所より
ttp://homepage1.nifty.com/SENSHI/data/haug.htm

134 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 18:53 ID:0RICw2Fm
>>133 あ 陸戦法規の前文でよかったんだね thx!

135 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 19:11 ID:Y3pDv+bq
>>127-131
 反吐が出るほどのクサヨぶりですね 特に>>131

23条
ほ 不必要の苦痛を与ふへき兵器、投射物其の他の物質を使用すること

君は、イッテヨシだ

136 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 23:03 ID:0RICw2Fm
>>135 何怒ってるか知らないけど アメリカが>>131のようなことを
言ってたと聞いたことがあったもんでな もし、事実と違えば訂正する

ちなみに、>>112に載せたハーグ条約の23条各号を再掲すると次のとおり
>>131で俺が書いたのはイ号で、>>135にあんたが書いたのはホ号だな

イ 毒又ハ毒を施シタル兵器ヲ使用スルコト
ロ 敵国又ハ敵軍ニ属スル者ヲ背信ノ行為ヲ以テ殺傷スルコト
ハ 兵器ヲ捨テ又ハ自衛ノ手段尽キテ降ヲ乞ヘル敵ヲ殺傷スルコト
ニ 助命セサルコトヲ宣言スルコト
ホ 不必要ノ苦難ヲ与フヘキ兵器、投射物其ノ他ノ物資ヲ使用スルコト


137 :名無しかましてよかですか?:03/05/03 23:19 ID:0RICw2Fm
俺は「国際法」とかいうのは、ホントに素人で、ハーグ条約は>>92以下の
まとめを作るために生まれて初めて原文(日本語訳)を参照した程
だから、とんでもないことを書いてる可能性も大ありなので、変な部分が
あれば指摘してくれ

よって、あんたが嫌ってる>>127-131も、一般論以外のことは書いてないハズ
ただし>>131については前記のとおりだし、「虐殺はあった」派の印象操作
だから反則だ、と言うなら、そんなつもりはなかったので、>>131無かった
ことにするよ

138 :名無しかましてよかですか?:03/05/04 09:37 ID:zTh+utSk
また変なクサヨがでてきました ┐(´〜`;)┌

139 :名無しかましてよかですか?:03/05/05 14:20 ID:jwGKh1R8
dsdsd

140 :名無しかましてよかですか?:03/05/05 19:20 ID:JlhbGxS4
dsdsd


141 :名無しかましてよかですか?:03/05/05 22:37 ID:CQE669h9
やっぱり南京が違法というくせに原爆が合法だと主張する
馬鹿は、誰も相手にする気なしか
当然だがな
てゆーか、この馬鹿は過去スレも読まずにループさせているだけだが

142 :名無しかましてよかですか?:03/05/12 06:05 ID:Fr3BTlZC

 軍艦行進曲

まもるも せめるも くろがねの
うかべるしろぞ たのみなる
うかべるそのふね ひのもとの
みくにのよほうをまもるべし

まがねのそのふねひのもとを
あだなすくにをせめよかし

http://y4444y.hp.infoseek.co.jp/gnkn2.html

143 :名無しかましてよかですか?:03/05/12 22:24 ID:BeKoMO1M
日本軍が便意兵を摘出して処刑したことに対する議論。

問題点
・摘出の仕方がずさんではないか?
日焼けのあとなどで摘出。

・即時処刑はできるのか。
裁判は必要ではないのか。
国際法による解釈はどうなるのか。


144 :名無しかましてよかですか?:03/05/13 02:10 ID:4dpHHdOS
 日本人拉致、北朝鮮への不正送金、韓国による竹島の不法占拠、等、
現在日本と南北朝鮮との間には、さまざまな問題が山積みです。
 しかし在日韓国・朝鮮人がマスコミに圧力をかけているため、マスコミは
国民に真実を報道しないどころか偏向報道を行い、正常な世論形成の為の
大きな障害になっています。ですのでこれらの問題の解決をするためには、
在日韓国・朝鮮人の圧力を排除しなければなりません。
 しかし世間には「在日韓国・朝鮮人に対しては批判することすらタブー」
という風潮があり、在日韓国・朝鮮人も、必ずと言っていいほど自分たちへの
「批判」を「差別」にすり替えるために、在日韓国・朝鮮人への批判や対処を
ためらいがちになっています。
 ですので南北朝鮮との数々の問題を解決するためには「まず国民に真実を知らせ、
在日韓国・朝鮮人への批判や対処をしやすい風潮を作っていく」ことが最優先課題だと思われます。
 我々の力だけで全ての国民に真実を知らせること、法律や制度を変えることは
困難かも知れません。しかし、
「在日韓国・朝鮮人に対し、真実に基づいて正当な批判をしている多数の人間がいる」
ということを世間に知らしめるだけでも、風潮を変える大きなきっかけになるのです。
「社会の風潮を変えていく」だけなら、我々一般市民でも決して不可能ではありません。
 そういった風潮を、我々の力で作っていくためにビラとHPを作りました。
是非ともたくさんの方に印刷&ポスティングして頂きたいと思います。

ビラのHP 本家
http://posting.hp.infoseek.co.jp/
これ印刷して近所に配りまくれ! 極東支部part3
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1051557147/

145 :名無しかましてよかですか?:03/05/13 16:31 ID:9J4FsK99
肯定派の反論がない所を見ると

結局>>10-11 が真実みたいだね。

憲兵が判断したのなら、
裁判したことにもなるし
法律にも反していないので23条チも問題ないね

虐殺派は、無裁判処刑の事実すら証明できてないから
まず、そこのところから、証明しなければならないね

あ、肯定派だけにしか通用しない日記とかはやめてね w

146 :名無しかましてよかですか?:03/05/13 17:49 ID:cKZoLjq7
>>145
釣りたいんなら本スレ行ってやってくれ。あそこ消えかかってるから。

147 :名無しかましてよかですか?:03/05/14 05:54 ID:xtBAORFj
949 名前:名無しかましてよかですか? 投稿日:2003/05/13(火) 21:30 ID:9J4FsK99
219 名前:朝まで名無しさん 投稿日:2003/05/13(火) 17:35 ID:epBSjL4V
>>218
>一部に武器商人疑惑とかあるが全然証拠がないし、言いがかりのようにしか
>思えない。
武器商人と考えるからおかしくなる。
ラーべにとって中国国民党は、お得意様だし、日本はその敵だから
当然、ライバル。つーか敵なのよ。
(普通に営業マンとして考えても良くわかる。)
武器を直接売っていなくても別の面で非常に国民党とは、密着して
いたしドイツそのものが日本より、当時は中国よりだった。
そう考えるだけでラーべの地位と言うのがその当時の中国の人脈に
よって確立していたものだし、何を置いてもそれがあって初めて
ラーべはドイツの会社で大きな顔が出来た。
それが日本軍が首都を落しちゃった。内心は腸煮え繰り返る思いだった
に違いない。

事実、その後のラーべはドイツで冷や飯食ってンジャンか。
地位を剥奪された男が怨み節を吐くのは、至極当然だな。


148 :名無しかましてよかですか?:03/05/14 05:55 ID:xtBAORFj
950 名前:名無しかましてよかですか? 投稿日:2003/05/14(水) 00:40 ID:YH2Q+41x
ラーベの日記「南京の真実」
http://www.history.gr.jp/nanking/rabe.html

 ラーベの日記には『局部に竹を突っ込まれた女の人の死体を
そこら中で見かける。吐き気がして息苦しくなる。
70を越えた人さえ何度も暴行されているのだ』とあるが、
強姦のあと「局部に竹を突っ込む」などという風習は、
支那にあっても、日本には絶対ない。
 また、ラーベは『日本兵はモーゼル拳銃をもっていた』というが
当時日本軍にはモーゼル拳銃など一丁もない。

 日本人を憎悪していたマギー牧師でさえ
「安全区は難民の“天国”だったかも知れない」
とさえ述べているのである。

 すなわち“捕虜・便衣兵の処刑・殺害”はあったが
それは戦闘行為の枠内で論ぜられるべきものであって、
非戦闘員の大量虐殺などはなかった。

南京陥落と同時に入城した新聞・雑誌記者、カメラマンは
約150名といわれる(外人記者5名を含む)。
そのうちの誰一人として非戦闘員の虐殺などは見ていないのである。

 殺人 49件、この数字は、南京占領の12月13日から
翌年2月9日までの南京における日本軍非行を記録した
国際委員会の総トータルである。
 これをラーベ日記は、虐殺5〜6万、強姦実に2万件というのである。
その根拠は何ら示していない。


149 :名無しかましてよかですか?:03/05/14 05:55 ID:xtBAORFj
951 名前:名無しかましてよかですか? 投稿日:2003/05/14(水) 01:15 ID:YH2Q+41x
「南京大虐殺」はなかった
http://www.history.gr.jp/nanking/moriou.html#05

朝日新聞の今井正剛記者という記者が「南京城内の大量殺人」という
本を書いております。大阪毎日(当時)の後藤記者が、
「あなたはとんでもない事を書いていますね」とただしたところ、
今井記者は、「あれは興味本位で書いたのだ」と白状しています。

東京日々新聞の鈴木二郎という記者は、「私は12月12日に中山門より
入城した。後続部隊が次々に中山門上で万歳をし、写真を撮っていた。
中山門の上では盛んに捕虜が虐殺されていた」と証言しております。
 12月12日には、私は先ほどお話したように、
中山門正面約2キロ手前の溝山の山頂にいました。
 双眼鏡で中山門の城壁がやっと見えたのですが、
敵兵がいっぱいおりました。一体いつになったらあれを占領できるのかと、
その時思ったことを私ははっきり覚えています。
 そんな時期に、一新聞記者がどうして中山門に入れるのでしょうか。

東京日々新聞の浅海一男という記者が、「百人斬り」という記事を
書いています。
 さらに野田少尉は大隊副官、向井少尉は大隊砲小隊長であり、
両方とも部下が銃剣を持って敵陣に突入する部隊の指揮官ではありません。
 そういう将校に、敵に突入して百人斬りを命ずる馬鹿がいるでしょうか?

 宮崎県の農家で写真と参戦者の日記を発見したとして南京虐殺の
決定的証拠とした、朝日新聞の昭和58(1983)年8月4日の記事に対し、
その写真は満州の馬賊の写真で、昭和初期に朝鮮買ったものであると、
読者が抗議しています。


150 :名無しかましてよかですか?:03/05/14 18:37 ID:dD57zndA
>>149
南京大虐殺はなかったと主張する学者は存在しますか? もし存在するなら
名前を挙げてください。

151 :名無しかましてよかですか?:03/05/14 19:49 ID:WL0wOr/S
>>150
日本の学者で南京大虐殺(つまり30万人虐殺)があったと主張する学者は存在しませんが?



152 :名無しかましてよかですか?:03/05/14 19:53 ID:rOI/nmME
>>151
南京大虐殺はなかったと主張する学者は存在しますか? もし存在するなら
名前を挙げてください。


153 :名無しかましてよかですか?:03/05/14 20:06 ID:WL0wOr/S
基本的に否定派を誤解しているな〜 相当クサヨ洗脳が強い奴らしい 苦笑

154 :名無しかましてよかですか?:03/05/14 20:08 ID:rOI/nmME
>>153

南京大虐殺はなかったと主張する学者は存在しますか? もし存在するなら
名前を挙げてください。


155 :__:03/05/14 20:11 ID:DeUFszNn
  ∧_∧
 ( ・∀・)/< こんなのみつけたっち♪
http://www.hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku03.html
http://hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku10.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku08.html
http://hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku09.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku06.html
http://hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku05.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku01.html
http://hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku02.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku08.html
http://hiroyuki.zansu.com/moe/hankaku04.html

156 :bloom:03/05/14 20:13 ID:auQ0fNo/
http://homepage.mac.com/ayaya16/

157 :名無しかましてよかですか?:03/05/14 20:13 ID:ICASsy6K
>>151 >>153
そいつは相手にせん方がいいよ。
何の論理も主張も持たない、かまって君だから。
同じコピペくり返す以外の能力を持たない言語障害。

158 :名無しかましてよかですか?:03/05/14 20:18 ID:rOI/nmME
総括!

@南京大虐殺は事実であり、それは大日本帝国の責任の下で日本軍が行った
極めて残酷・非合理・不法な蛮行であった。

A中国が発表する南京大虐殺の被害者数には、学問的検証と修正の余地がある。

B南京大虐殺の被害者数に異議ありとする学者は存在するが、南京大虐殺その
ものがなかったと主張する学者は存在しない。

以上

159 :名無しかましてよかですか?:03/05/14 20:29 ID:tz3wROtM
>>148
>強姦のあと「局部に竹を突っ込む」などという風習は、
>支那にあっても、日本には絶対ない。

そんな「風習」はどこの民族にもありません。
理性のたがが外れた人間の予測不可能な行動を、「風習」とはいわない。
否定派って、言うに事欠いて中国には「強姦のあと局部に竹を突っ込む」風習があるという
とんでもない他民族侮辱までやらかしてるよな。

160 :名無しかましてよかですか?:03/05/14 20:40 ID:WFthj68C
>>148

つーか、少し前、日本で少女が強姦されて
局所に竹どころかいろんなものを詰め込まれて殺された事件についてのコピペが見境無しに貼られていたのだが?


161 :名無しかましてよかですか?:03/05/14 21:16 ID:WL0wOr/S
>>160
 その事件の犯人在日だったでしょ
>>159
 おいおい 通州事件とか済南事件とか調べてからものをいえよ
 それ以外にも中国人の強姦で陰部にものを突っ込む癖はゴロゴロあるぞ


そうそう 共産党が現在やっているチベットの拷問方法にもそんなのがあったな 




162 :名無しかましてよかですか?:03/05/14 22:10 ID:tz3wROtM
そういや、名古屋で妊婦が殺された上、局部に電話機を突っ込まれてた事件が
あったけど、>>161の脳内では在日か中国人の仕業にされていることだろう。

洗脳って、おそろしい。

163 :動画直リン:03/05/14 22:13 ID:auQ0fNo/
http://homepage.mac.com/hitomi18/

164 :名無しかましてよかですか? :03/05/14 22:39 ID:GrYr2Pz8
写真があるから中国にあった事は確かですね。
日本じゃたとえ在日でも写真は残さないわな、犯罪だものな。

165 :名無しかましてよかですか?:03/05/16 16:43 ID:nh7RF/5M
>>159
チャンコロにはそういう風習ありますよ。
そうやって人肉店で売ってたりした事もありましたし。
もっと彼らの食人文化を知りましょう。

>>162
ああ、あれはチョンの仕業でしたね。

166 :名無しかましてよかですか?:03/05/22 02:22 ID:mKll7eSA
>>150,152
http://www.sankei.co.jp/news/030301/0301sha007.htm

>>南京事件あった派
中国・韓国工作員ハケーン。でてけー。

167 :名無しかましてよかですか?:03/05/22 02:27 ID:9XdRlRnf
石原珍太郎も先祖はチョソらしいな。喪前らの先祖も、実はチョソかもよ?

168 :166:03/05/22 02:36 ID:mKll7eSA
166以外にも
「世界で」事件の根拠とされてきた
H・ティンパーリーの「戦争とは何か」について
ノンフィクション作家の鈴木明氏が
ティンパーリーが中国国民党の顧問だったことを指摘し
立命館大学の北村稔教授が
ティンパーリーと曽虚白の関係を明らかにしている。

ティンパ−リーをトカゲの尻尾きりしたとしても
既に世界ではこれが有力な証拠として考えられているので
ハァ?になるだけな罠
次は何を証拠に捏造する?

162,160,158,152,150等工作員は自分の国に帰れ!

169 :名無しかましてよかですか?:03/05/22 02:42 ID:mKll7eSA
168は
(誤)166以外にも、(正)166見れば分かるように

>>167
ソースは?
というか何人っていうのは血だけで決まる物ではない。
だったらアメリカにいるアフリカ人をアフリカ人というか?
せいぜいアフリカ系アメリカ人だろう?

170 :山崎渉:03/05/22 02:43 ID:A0Qn8791
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

171 :名無しかましてよかですか?:03/05/22 03:31 ID:mKll7eSA
スマン。また書き込みミスった
169は
(正)アメリカにいる黒人をアフリカ人というか?
せいぜいアフリカ系アメリカ人だろう?

だった。鬱死。

172 :名無しかましてよかですか?:03/05/22 03:38 ID:iChorMMc
>>162
俺は>>161ではないが、そんなの常識でしょう。

173 :名無しかましてよかですか?:03/05/22 03:47 ID:mKll7eSA
166にあるように
このスレの工作員はマジものの工作員の可能性があるので

>>162
スイマセン拉致らないで下さい(藁

>>152
3人ほどあげましたが(何か?
反論、、、ってあるわけ無いか

174 :名無しかましてよかですか?:03/05/22 05:04 ID:g6t9MAb/
>173
誇大妄想

175 :名無しかましてよかですか?:03/05/22 08:13 ID:8nXV0LTk
>>161
>>160の事件の犯人が在日のソースはあるのか?



176 :名無しかましてよかですか?:03/05/22 09:15 ID:LqA+oCL4
>>175
犯人の名前を調べろ 思いっきり在(ry

177 :名無しかましてよかですか?:03/05/22 10:58 ID:INJb0536
>>176
何でググればイイ?

178 :ダウンタウン:03/05/22 13:15 ID:/nVM3g6J
クーポン屋
インターネットでお金を稼ぎたい人へ
ビジネスパートナー募集中。システムはお店の
クーポンの発行の手続きの取次ぎ業務です。
申込用紙を店長様へ渡し、回収後にFAXで
送信いただいたのちに本契約が成立した後に
あなたの口座に振り込みますので安心してください。
オンライン契約も出来ます。あなた専用の
CGIフォームを用意します。当社のシステムは
ノルマはありません。そして料金が回収なし。
ビジネスシステムはお店の宣伝&クーポンの発行
http://www.c-gmf.com/index3.htm

179 :名無しかましてよかですか?:03/05/23 15:26 ID:kjYlMF4j
南京に便衣兵っていたの?
敗残兵の疑いをかけられた男が処刑されたことは知ってるけど

180 :名無しかましてよかですか?:03/05/23 15:51 ID:MTTM6dyU
>>179 便衣兵の定義によるな。
 ここでは、否定派は、上海の便衣兵と南京の便衣兵(便衣の敗残兵)を別物と扱っている
 に対して、肯定派は、便衣兵を同じものとして扱っている



181 :名無しかましてよかですか?:03/05/26 15:51 ID:OPKOpCNb
敗残兵でも軍服を着ていなかったらりっぱな便衣兵だと思うけど。
違うの?

182 : :03/05/28 10:38 ID:f0a4DDJi


知らない人のために

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Euro/1878/hanzai.html

ま、在日ってのはこんなやつらなのよ



183 :山崎渉:03/05/28 10:57 ID:gWsDJdAH
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

184 :名無しかましてよかですか?:03/05/28 23:51 ID:rgLpZj8T
>>182
このスレには関係無いと思うが。

185 :名無しかましてよかですか?:03/05/29 11:45 ID:vMnqJkqc
恵也君もこっちにくれば良いのに。

186 :名無しかましてよかですか?:03/05/30 19:54 ID:t5lEalhv
参考資料一覧・1 南京大虐殺事件
http://plaza25.mbn.or.jp/~hinode_kogei/DATA.html

●南京事件に関する、日本側の記録

「第一一四師団第六六連隊第一大隊 戦闘詳報」
(十三日午後二時)午後二時零分、連隊長より左の命令を受く。
 旅団(歩兵第一二七旅団)命令により捕虜は全部殺すべし。
その方法は十数名を捕縛して逐次銃殺してはいかん。
(中略)
 各隊共に午後五時ごろ準備終わり刺殺を開始し、
おおむね午後七時三十分刺殺を終わり、連隊に報告す。
第一中隊は当初の予定を変更して一気に監禁し焼かんとして失敗せり。

●南京事件に関する、中国側の記録

「江寧県誌」
一二月下旬、上坊で婦女一〇名が強姦され、陰部に鉄棒を刺して
殺害される。
三八年一月八日、陸郎村で県城から避難していた市民が、
「敗残兵狩り」で一〇〇余人殺害される。
そのとき婦女八人が輪姦され、腹を割かれて殺害される。

●南京事件に関する、第三国の報道

「南京大虐殺」 シカゴ・デイリー・ニューズ
 一九三七年十二月十五日 A・T・スティール

南京を離れるとき、我々一行が最後に目撃したものは、河岸近くの城壁を
背にして三〇〇人の中国人の一群を整然と処刑している光景であった。
そこにはすでに膝がうずまるほど死体が積まれていた。


187 :名無しかましてよかですか?:03/05/30 19:55 ID:t5lEalhv
大虐殺派のウソ写真と証言
http://www.history.gr.jp/nanking/lie.html#10

◆マギー牧師の“南京虐殺”フィルム

 このフィルムに対して藤原彰・元一橋大学教授は
「虐殺の事実を裏付けるのに、これだけでも十分」
(ニューヨーク3日共同)と手放しの評価を与えている。
 ところが、同フィルムの1部は、「幻」どころか、
1938年5月16日号の米誌『LIFE』ですでに紹介されていた。
しかもその大半は病院で治療を受ける中国人の姿で、
戦争の一場面を示す当時どこにでもある写真であった。

◆南京事件またニセ写真

 平成7年3月5日、産経新聞より。
東北地方のプロック紙「河北新報」の昨年5月20日付夕刊に
掲載された中国政府提供の南京事件(南京大虐殺)の写真について、
仙台市在住の旧軍人から
「日本兵の軍服が当時(昭和12年12月)と異なる。
南京事件とは無関係」という指摘が11日までに、産経新聞に寄せられた。

この写真について「南京事件とは無関係」と指摘したのは
仙台市青葉区新坂町の無職、庄司鋭男さん(73)。

南京事件は昭和12(1937)年12月にあったとされている。
13年以降の軍服を日本兵が南京事件当時に着ているはずがない」と指摘する。

渡辺英亮・河北新報社広報局長の話「写真は東京新聞から配信され、
間違いないと思って掲載したが、指摘があれば、慎重に調べてみたい」


188 :名無しかましてよかですか?:03/05/31 06:14 ID:bMbFId3P
>>186-187
DQNサイトの恥を晒すのは可哀想だから
そろそろそのコピペ貼るのやめといたら?

189 :名無しかましてよかですか?:03/06/10 11:07 ID:6n5Z2bto
>>188 負け犬のと覚え ハケーンwwwwwwww

190 :名無しかましてよかですか?:03/06/10 11:09 ID:6n5Z2bto
「遠吠え」ね〜〜wwwwww

191 :名無しかましてよかですか?:03/06/10 13:47 ID:ZJmSCJrB
二度の恥さらし。

192 :名無しかましてよかですか?:03/06/10 16:08 ID:6641auOz
>>191 イタタ

193 :名無しかましてよかですか?:03/06/12 11:10 ID:6RywCu2V
安全区摘出問題の所論点の整理 vol1.3.2

 日本軍の南京【占領下】においてなされたものではなく敗残兵の【掃討作戦時下】においてなされたもの。

 安全区における各国の態度
  支那政府 中立地帯として承認
  日本政府 中立地帯として承認はしていないが、できるだけ中立地帯ということを尊重

 安全区の法的性質
  潜在的な 防守都市(防守地域)  ←日本軍が、純粋に中立地帯と認めなかった理由   便衣兵侵入後は、防守都市(防守地域)

 便衣兵の犯罪性
  中立地帯に侵入するという 戦時重犯罪の現行犯
  (ゲリラ活動した場合) 当然に、戦時重犯罪として処罰

 誤認による南京市民の犠牲の性質
  戦場にまぎれこんでいる一般市民と同じ立場 準戦死者として扱われる。


194 :名無しかましてよかですか?:03/06/23 06:32 ID:717buF4r
hozen

195 :反論よろ〜 :03/06/30 01:20 ID:Zg4ndX0L
>>17
 即決処刑っていうのは容疑者もひっくるめて処刑すること

 わかってないな〜




196 :名無しかましてよかですか?:03/06/30 01:31 ID:Zg4ndX0L
戦時国際法提要(上)P395 信夫淳平
(違法な民衆軍について)
 かの如く民衆軍はすでに占領地となれる所においては適法の交戦者と認められざるのみならず、
条文に『敵の接近するに当たり』とあるところから推し未だ完全に占領地となるに至らずにして、
単に敵軍の侵入地たるところにありてとも、民衆軍(の編成)は認められず、その認められるのは敵軍の接近すると言う程度ところにおいてのみに限られるのである。
 したがって占領地においてはおいてはもちろん、敵軍のすでに潜入したる所においては、彼等(違法な民衆軍)の敵対行動は当然戦律犯に問われ、
敵手におちれば捕虜とせられずにして【直ちに殺害せらるべきものとなる】。 


注)便衣兵は、ハーグ上では、軍隊ではなく違法な民衆軍扱いになる 




197 :名無しかましてよかですか?:03/06/30 01:33 ID:GaZ3pSjp
で、そういう必死の戦法をとったにもかかわらず南京で40万人も殺されました、と。

なんて弱くてだらしないんだろう。


198 :名無しかましてよかですか?:03/06/30 14:50 ID:qC3c/Sqk
お前ら新聞読まないんだろうな・・

---------------------------------------------------------------------
沖縄タイムス  2003年5月12日 <朝刊 1.18.19面>
 旧日本軍の作戦資料入手/関東学院大・林博史教授/民間人装い奇襲/案内
に沖縄住民

 沖縄戦で旧日本軍が民間人を装って米軍に奇襲攻撃をかけるよう指示した作
戦要領を英訳した資料が、十一日までに明らかになった。関東学院大の林博史
教授(日本の戦争責任資料センター研究事務局長)が昨年夏から今年春にかけ
て米国立公文書館から入手した。米軍はその作戦要領を没収、翻訳して兵士た
ちに配布していた。そのことから、林教授は「米軍が近づいてくる住民を斬
(き)り込み隊と疑い、民間人の犠牲を増大させる要因になったのではないか。
軍隊が住民を保護する発想がないことを具体的に表す一つの例だ」と指摘して
いる。

199 :175R ◆124Svdx/a. :03/06/30 14:54 ID:hQph0hbd
>>198
このスレで、新聞を盲信するような発言は・・・(藁


200 :名無しかましてよかですか?:03/06/30 17:24 ID:Zyp+KXeO
沖縄タイムスを読んでいるスレ住人というのは少ないと思うな。
その記事は見た覚えがあるから全国紙でも取り上げたんだと思うが。

201 :名無しかましてよかですか?:03/06/30 19:00 ID:2Rn14nUG
>>198
 英訳した資料というのが怪しいんだよ で FA










202 :名無しかましてよかですか?:03/07/09 22:50 ID:ofQauEf/
>>201
なんだ、また伝聞太郎のヴァカが暴れているのか。

203 :名無しかましてよかですか?:03/07/11 00:32 ID:1zXYh4kx
なんだ、まだこのスレあったのかよ。

204 :名無しかましてよかですか?:03/07/14 01:12 ID:zs1ykjZJ
この問題についてN+板で議論がまきおこっております。

「あった派」の馬鹿・・・もとい良識ある2chラーが「なかった派」の工作員に押されております。

燃料投下・・・じゃなくて援護をお願いします。


205 :_:03/07/14 01:14 ID:1IB3z7F4
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

206 :コピペ便衣兵:03/07/14 20:09 ID:PGFVRAtO
日本を悪者にしないと、アメリカの方が悪者だった事が知れ渡るからねえ。
それはそれとして、コピペ
怠惰な原始農業を改革し、現在の韓国農業の基礎を築いた日本農民の大功績

  そもそも日本農民は朝鮮農民の粗放農業とは違い、集約農業に慣れていたので
  集約的、多角的経営によって定着し、農民は生活が向上している。
  日本農民が開拓した(朝鮮の)農地は、決して言われているような良田ではな
  かった。開墾地は元は大河の遊水地、交通不便にして少々塩害がある干拓地で
  あったものが少なくなかった。/日本の農業移民は朝鮮半島の美田、良田を強奪
  するよりも、朝鮮半島の農民が一顧だにしなかった不毛の地の開墾や僻地の干拓
  を行う者が多かった。
  農業移民の改良農法は、成績が上がれば、朝鮮小作人のモデルになり、改良品種
  の試作によって、新品種、新農法が次から次へと普及していった。さらに移民農民
  の養豚、養鶏、養蚕などの多角経営、農業施設、農業指導、勧業奨励などは、かって
  小作人からの収奪しか知らない李朝時代には見られない光景であった。当時の朝鮮人
  の気風としては、午前中に働いて、午後は寝て暮らす、明日は明日の風が吹くという
  のが一般的であったからだ。
  雨や雪の日の労働を忌み嫌い、冬季になると室内に蟄居して無為徒食する朝鮮農民に
  とって、日本農民が老若男女の差無く、家族ぐるみの農事に従事し、激冬にも室内作業
  その他の副業に励むことは驚異であった。/
  「土地の収奪・摂取」などと机上で論じられている戦後の論理とは違い、日本の農民
  が朝鮮半島の農業近代化だけでなく、朝鮮半島の近代市民社会の成熟に多大の貢献を
  してきた、その歴史的事実について、終戦後の(韓国の)学者たちはなぜ本格的研究
  をしないのであろうか。まことに遺憾である。

              「歪められた朝鮮総督府」黄文雄 光文社カッパブックス

207 :名無しかましてよかですか?:03/07/14 20:14 ID:s9IGv4jD
◎無修正画像をご覧下さい◎2日間無料です◎
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

208 :コピペ便衣兵:03/07/14 20:20 ID:PGFVRAtO
           韓国農民の父・岩田平之助
 
 (原始貧農・赤貧だった韓国の農業・農家を近代化したのはだれだったのか!)

 日露戦争が終わって間もなくの明治三十九年春、岩田平之助は朝鮮に渡り
開墾事業に取り組んだ。(慶尚北道金泉)二三年後、彼は郷里和歌山からこの
地方の水田の条件に適合した品種の「早生神力」という種籾を持ってきて、自分
の農場に植えたばかりでなく、採種田を作り、その地方一帯の農場や農家に対して
まで広く普及させ、米の品種改良と増産に尽くした。農機具の改良や正条植(等間隔
に整然と苗を植えること)を教え、二毛作による増収もはかった。農民の生活の安定
と向上のために率先乗範すること、実に三十数年に及んだ。やがて「岩田公(アム
ジュンクォン)」と呼ばれ、「農民の父」敬慕されるようになった。
 今でも金泉地方には「アムジュンノンメンダー(岩田さんが水田の草を取る)」と
いう言葉が残っている。木片を投げて競う子どもの遊びの中で、最高点になったとき
に喜びを表す時に使われる言葉で、岩田公が田の草を取る時の姿が蒲鉾の背中に似て
いるところから来たものだそうである。昭和五十年頃、長男の岩田健吾氏が彼地を
訪ねたところ、「岩田公の御曹司来る」として大歓迎を受けたという。

                  「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著
                   (日本図書館協会選定図書

209 :山崎 渉:03/07/15 10:59 ID:breJEDvp

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

210 :名無しかましてよかですか?:03/07/23 06:15 ID:kAVkkWHa
age

211 :名無しかましてよかですか?:03/07/23 15:55 ID:UHfNwzDQ

便衣兵を放っておいたら、今のイラクみたいな状態になっちゃってたんだね

212 :名無しかましてよかですか?:03/07/25 02:01 ID:FaHyaAam
>>211
 そゆこと

 日本兵1人の命は、シナ人何十万人の命よりも重かったってこと w

213 :山崎 渉:03/08/02 01:12 ID:Ay3ydPYv
(^^)

214 :名無しかましてよかですか?:03/08/03 15:13 ID:gdpojyco
南京大虐殺資料集
http://members.tripod.co.jp/NankingMassacre/
日の出講芸
http://plaza25.mbn.or.jp/~hinode_kogei/
南京事件に関する雑感
http://plaza25.mbn.or.jp/~hinode_kogei/nankin_zakkan01.html
南京大虐殺事件関連
http://plaza25.mbn.or.jp/~hinode_kogei/DATA.html

215 :名無しかましてよかですか?:03/08/03 15:26 ID:tDJna2Zh
南京事件資料館
http://www5.tok2.com/home/JOHNVOID/

216 :名無しかましてよかですか?:03/08/04 19:27 ID:2An4p2O6
 >>215、216
 健在なり!!
 工作員

 ドンドン南京の人口が増えていく!

 

217 :名無しかましてよかですか?:03/08/05 20:15 ID:sWWLZpXA
『正論』03年4月号掲載論文
東中野修道「南京「大虐殺」を覆す決定的証拠を発掘した」より引用文
原文にある強調のための傍点は削除
p117-118
>極秘資料(写真B)には次のように書いてあった。
 「敵軍が一九三七年十二月十三日に南京に侵入したあとの姦淫、放火、略奪、極悪非道」
 前にも言及したようにこれは、国民党宣伝部の行った
 『戦争とは何か』の内容についての総括であった。
 または、中央宣伝部がこんな宣伝本を作ろうと
 ティンパリーと打ち合わせた筋書きであったと言ってもよいであろう。
 ところが、そこには「殺人」どころか「虐殺」「屠殺」の二語すらない。
 今日、南京と言えば「殺人、強盗、放火、略奪」が一セットとして罷り通っているのに、
 当時の国民党宣伝部は極秘の内部資料において南京の「殺人」「虐殺」を否定していたのである。
俺は引用文上から2行目に明記された「極悪非道」の中に
南京における日本軍の「殺人」や「虐殺」が表現されているとしか読み取れないのだけど
他の人はどう思うのだろうか?
わざわざ「姦淫、放火、略奪」と同じ扱いで併記されているのだが。
もしかして東中野の解釈の方が正しいのだろうか?




218 :名無しかましてよかですか?:03/08/08 21:31 ID:tHNz5Ja5
戦時国際法の質問宜しくお願いします。

1949年以前の話で、ハーグ陸戦法規23条では

「武器を棄てまたは防衛手段を喪失し、自らの意思で降伏した敵兵
を殺害する、もしくは傷を負わせること。 」
とありますが、

便衣兵が投降してきた場合は殺害してはいけないのでしょうか?
便衣兵はハーグ陸戦法規が定める交戦者の資格を満たしていませんが。




219 :名無しかましてよかですか?:03/08/08 22:15 ID:FJ0Trx07
ハーグ陸戦法規
一、部下ノ為二責任ヲ負フ者其ノ頭二在ルコト
二、遠方ヨリ認議シ得ヘキ固著ノ特殊徽章ヲ有スルコト
三、公然兵器ヲ携帯スルコト
四、其ノ動作ニ付戦争ノ法規習慣ヲ遵守スルコト

交戦者はこの四条件を満たして初めて「交戦者ノ資格」を有する。
「交戦者ノ資格」を有して初めて捕虜となる資格も生ずる。
しかしそれがなければ捕らわれの身になってももはやハーグ陸戦法親
の対象外となる。戦争捕虜となるにも資格、条件があるのである。
資格がなければ 第四条「俘虜ハ人道ヲ以テ取扱ハルベシ」も適用され
ないただの戦争犯罪人である。

南京陥落直前に、南京死守を主張していた最高司令官(唐生智)は汽車で武漢に逃亡した。指揮所を他所に移したのではない。なぜなら唐生智の逃亡と時を同じくして、師団長以下の将兵も逃亡している。この時点で交戦者の資格1が失われた。



220 :名無しかましてよかですか?:03/08/08 22:29 ID:tHNz5Ja5
>>219
 ありがとう御座います。
それと
23条で
「武器を棄てまたは防衛手段を喪失し、自らの意思で降伏した敵兵
を殺害する、もしくは傷を負わせること。 」
とありますが

これは便衣兵は適用範囲ではないから

・手を上げてきても撃ち殺しても違法ではない
・収容後の処刑は慣習国際法、条約国際法ハーグ条約で交戦者にのみ
捕虜資格があるので処刑は可であるが、手を上げてきたら一旦収容しな
ければならない。

と言うことでしょうか?



221 :山崎 渉:03/08/15 12:38 ID:GtPEQMtq
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

222 :名無しかましてよかですか?:03/09/09 21:46 ID:aTn6u+TA
>>216
自分指してるぞ。

223 :タラリ:03/09/19 21:10 ID:EODEkMsz
「南京事件の真実」をよろしく。

とほほ板に投稿を続けていた、南京事件に関する論考をまとめて
新サイト「南京事件の真実」を立ち上げました。

「徹底した史料の読解によって、南京事件の真実を明らかにします」
「否定派の解釈の誤りを論破し、ねつ造のすべてを明るみにだします」

とほほ板に書いた論考はすべて現在の私にとって納得いくよう、
手を入れ、書き加えています。

どうか、「南京事件の真実」を今後ともよろしくお願いします。
http://www.nextftp.com/tarari/index.htm


224 :名無しかましてよかですか?:03/09/19 21:15 ID:md1WECph
タラリってのは南京大虐殺二十八万、レイプ二万から八万主張してるやつだろう。
そんなに自信あるならHPのタイトルに、自分の思う虐殺数を記したらどーよん?w
面白いでーwww

225 :名無しかましてよかですか?:03/09/19 22:04 ID:46IRglBg
>>220
南京の便衣兵っていうのはそういうケースは無いと思ったよ。
南京では安全区内の成人男子を集めて軽く身体検査しただけで
処刑したという話だよ。

108 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)