2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■石原莞爾ってすげえよな!■

1 :参謀:03/09/09 01:53 ID:cGlIYF3o
奇跡の日本軍人、石原莞爾の生涯を見よ!


異能、天才、パフォーマ、策略精通、妙理



2 :参謀:03/09/09 01:53 ID:cGlIYF3o
満州国建国を成し遂げ五族協和(日、漢、満、蒙、鮮)を掲げた奇跡の日本陸軍大将の生涯。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/yatsu8hd/Ishiwara/


3 :参謀:03/09/09 01:56 ID:cGlIYF3o
東亜連盟サイト
http://members10.tsukaeru.net/take-key/

石原参謀が目指した理想の世界

4 :参謀:03/09/09 02:00 ID:cGlIYF3o
石原莞爾はこんな人
http://members10.tsukaeru.net/take-key//isiwarakanji.htm

5 :参謀:03/09/09 02:12 ID:cGlIYF3o
石原陸軍参謀の問答集、思想
http://members10.tsukaeru.net/take-key//saisyusenron.htm

6 :策略の人:03/09/09 02:20 ID:cGlIYF3o
「ペルリを呼んでこい!」
極東軍事裁判にて、石原は参考人として出廷を命じられるが「動けないからお前らが来い」と言い、本当にやって来る。
出張裁判である。その際、戦争責任がどこまで(の時代に)遡るかという議論で、幕末のペリー来航まで遡りお前らが開国を迫ってきてから日本が変わったんだ、日本はそれに習って他国に利益を求めるようになった、それまでは静かに暮らしてたんだ、
だからペリーが悪い「ペルリを呼べ!」となるわけである。


私はこの石原の言葉に感動した。



7 :策略の人:03/09/09 02:30 ID:cGlIYF3o
柿の木伐採事件
石原が6歳の頃、作男の佐太郎に命じて隣家の柿の大木を切り倒させたいう話。この実を子供達が盗みにくるため、あまりにも持ち主の老人が怒り狂っているので問題解決の為に石原が勝手に切り倒させたという話。
しかし、弟の石原六郎氏によるとこの話は嘘とのこと。石原ならやりかねない。

お宝写生
漢字の変換を間違ったらすごいことになってしまう。石原が陸軍学校時代、戦地の記録のために写生の教科があり、毎時間3枚の写生が義務付けられていたらしい。
しかし、毎時間3枚ともなるといい加減ネタもなくなるのと、当時すでに写真が普及し、意味もないと考え、“便所にてわが宝書き写す”と称し、それを提出。大問題となるが、不満のある生徒の代表としてなんとか許される。

官僚・役人・お偉いさん嫌い
1.見つけると馬で疾走。(逢いたくないから逃げるそうだ。)
2.偉い人が視察に来る日は休暇を取る。(わざわざである。)
3.いきなり「連隊長戦死〜!!」(偉い人が見学中の演習中に死んだふり。言い分は「戦地では有り得る」と。)
などと偉い人がいると反抗する。上下の激しい軍隊でやる所が粋である。

満州事変
敢えて詳しくは書かないが。圧倒的な兵力に対し、少ない兵力で勝利。侵略戦争と学校では教えているそうだが、断じてそうではない。
当時の現地の情勢や民衆の声を考慮すれば当然である。しかし、これがきっかけで日本は長い戦争に巻き込まれていくのも事実であるが、その後の実権を握った連中がまずかっただけである。このあたりは是非これから勉強する方々は深く追求して欲しい。

226事件
国を憂う青年将校達の暴走を鎮圧・説得にあたる。石原は将校達に銃を向けられても全く動じず一喝したという。


8 :策略の人:03/09/09 02:31 ID:cGlIYF3o
↑石原中将のエピソード

9 :名無しかましてよかですか?:03/09/09 02:40 ID:91aolCxE
>>7
>敢えて詳しくは書かないが。
知らないんだろ。
「陸軍の異端児・石原莞爾」か「恒久平和の使徒・石原莞爾」でも読んで
勉強してこい。

10 :策略の人:03/09/09 02:45 ID:cGlIYF3o
ほほうなるほど、そこに石原氏の全貌が書かれている訳か?

11 :策略家:03/09/09 02:55 ID:cGlIYF3o
このサイトの管理人は良い事を言っている!↓(参照)



なぜ今「東亜連盟」なのか
2002年で日中国交正常化30周年、首相が戦後初の北朝鮮訪問、拉致問題、有事の懸念などアジアに関する話題は尽きません。
が、しかし北朝鮮は抜きにしても本当に友好的に付き合えているのでしょうか。
歴史教科書問題や靖国問題、南京虐殺の検証から賠償金問題、又、日本人自身の自虐史観等、数々の問題を抱えております。
日教組による偏向教育も捨て置けない問題です。
しかし、現代の日本のこういった情勢を見て「危機」という実感を持っている人達は一体何人いるでしょうか。多くの方達は無関心か、発言をためらう方が殆んどだと思います。
自分に関る事象に対してだけ不平・不満を言うのが関の山です。
国家を形成するのは国民である以上は「国民」が無関心になってしまう事が一番恐ろしく、危険だと私は考えます。
その無関心の国民に対し、与える情報は日本の自虐を根本においたアジア諸国への賛美。それと、それに対するアジア対立意識です。どちらも極端であり、真実や理想とは言いがたいものです。

「東亜連盟」とは読んで字の如く東アジアの連盟です。当時(昭和初期〜戦中・戦後)であっても、決してアジア情勢はよくありませんでした、でもその当時ですらアジアの友好という主張はしていたわけです。
現在であれば尚更アジアの友好は必要だと思いますが、現在それが出来るでしょうか。中国や韓国は日本を憎み、日本人も数々の内政干渉をはじめとする意識を持つ中韓に対して嫌気が差しはじめているのが現状です。
だからこそ、もう一度アジアの関係を見直すためにも、先人達の軌跡を振り返り、今後の日本の未来や世界の未来に繋げるために「東亜連盟」を研究してみようと思った次第で、サイトを立ち上げました。

このサイトがキッカケになり、アジア諸国に対する考え方に少しの影響が出れば幸いと思います。

12 :名無しかましてよかですか?:03/09/09 03:40 ID:ksL0IPm8
>>7
>上下の激しい軍隊

イヤだな、そんな軍隊。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)