2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

森の中のピアノ

1 : :03/11/04 14:45 ID:bNtpKTBz


2 : :03/11/04 14:46 ID:bNtpKTBz


3 :名無しさん:03/11/04 14:49 ID:0hKesHcb
全部 1- 最新50
ロビー 情報 削除 元スレ



2
2
森の中のピアノ
939.13
03/11/04
+
森の中のピアノ



1 : :03/11/04 14:45 ID:bNtpKTBz


2 : :03/11/04 14:46 ID:bNtpKTBz


4 :∠(´ー゚)┌ PPPa599.hokkaido-ip.dti.ne.jp:03/11/05 01:16 ID:gG0XdXAH
パンパンの餓鬼がピアノを弾いてどうかする話だったか

5 :スナ:03/11/05 01:18 ID:mnmE1yYd
森の妖精さん


6 :名無しさん:03/11/05 01:20 ID:fFQ4Un+O
いや、自分の創作。
森に捨てられたか置いてあるピアノがあるところでのお話。
ピアノの下には少年が雨を避けられるため住んでいて
森の近くには白い家があってそこには女の子が住んでいる。

7 :スナ:03/11/05 01:22 ID:mnmE1yYd
男の子が白い家の女の子に恋をしてしまう


8 :名無しさん:03/11/05 01:22 ID:SjsCMmbY
ピアノの森って漫画はなんか色々微妙だった。

9 :スナ:03/11/05 01:28 ID:mnmE1yYd
なんだ、漫画の話かちぇ


10 :名無しさん:03/11/05 02:11 ID:fFQ4Un+O
そう。男の子は白い家の女の子に恋する。
でも女の子は離れた所に恋人がいてよく郵便受けの前で
彼女の家にたくさんいる猫たちと郵便屋さんを待っている。

11 :名無しさん:03/11/05 02:13 ID:gSzXdhGM
この人の漫画は苦手

12 :名無しさん:03/11/05 02:13 ID:fFQ4Un+O
手紙はたまにしかこないから女の子はいつも寂しそうだ。
でも女の子はたくさんの人から愛されていてみんな彼女を大事にしている。
自分の内側の愛情を隠せずに笑顔になって話し掛ける。

13 :まりぃ@旅行行きたい ◆JcP82GanDE :03/11/05 02:14 ID:A60YVf02
そして〜わたしは〜レースを編むのよ
私の横には あなた〜あなたが〜い〜てほしい♪

14 :名無しさん:03/11/05 02:17 ID:fFQ4Un+O
女の子の家にはふくろうが住み着いている。
年寄りのふくろうは人の言葉を喋っていて女の子を諭す。
年寄りのふくろうはいつも高いところにとまって
たくさんの猫たちからの襲撃を避けている。

15 :名無しさん:03/11/05 02:25 ID:fFQ4Un+O
家はきっと白い家じゃない。
昔ながらの木造の平屋で縁側がある。
春の日は女の子と猫達にとって良い日だ。
女の子は縁側でのんびりしているとすぐ猫達が彼女の周りに集まる。
膝の上は取り合いになっていっぱいにのろうとするから
「重いよ?」と彼女は猫達に話し掛ける。

16 :名無しさん:03/11/05 02:29 ID:fFQ4Un+O
ピアノの下で眠る男は朝起きて冷え過ぎた体に心臓の寿命を縮めてるなと思う。
ピアノは森の中の湿気に錆びているけれど音程はずれていない。
男はたくさん音楽を聞いてきたけれど楽器は弾いた事がない。

17 :スナ:03/11/05 02:31 ID:mnmE1yYd
空想の世界に入りすぎて、自分を忘れた
幼稚なファンタジーの香りがしてますよ


18 :名無しさん:03/11/05 02:31 ID:fFQ4Un+O
男はいくつかのメロディーを思い出して
それをピアノで探して時間を過ごしていた。
右手でつまずかずに弾けるようになったけれど
今まで聴いた音楽に比べて何が足りないんだろうと考えていた。

19 :名無しさん:03/11/05 02:33 ID:fFQ4Un+O
スナは自分の言葉が楔になる事を願うだけ。

20 :名無しさん:03/11/05 02:37 ID:fFQ4Un+O
男はよく家に通っていて郵便受けの前の女の子に話し掛ける。
猫達は男を嫌っていて女の子に抱かれている仔猫を除いてみんな逃げ出す。
男の言う事はいつも一緒だ。
君が愛されていると言うならなぜその男は君に毎日手紙を書かないんだろうね。
君の弱さを感じ取れない人とどうして一緒にすごす事ができるんだろうね。

21 :スナ:03/11/05 02:39 ID:mnmE1yYd
>>19
すまん、違うんだ、指がかってに・・・
もうすこし君の詩を聞かせてくれ・
眠れるような気がするから。。。。
いい感じだよ。


22 :名無しさん:03/11/05 02:40 ID:fFQ4Un+O
男は寂しいし悲しいし痛いし悔しいからいつもいじめていた。
だからとても嫌われて男を見ると女の子も家の中に入るようになった。

23 :名無しさん:03/11/05 02:43 ID:fFQ4Un+O
男は自分の立場を呪った。
たくさんの人がそう思うように自分の事を優しい人間だと思っていた。
だけど悲しい誤解や行き違いで嫌われたりしてしまう事もあるのだと自分を慰めた。

24 :名無しさん:03/11/05 02:50 ID:fFQ4Un+O
一番最初に出会った頃は男と女の子はうまくいっていた。
男はうまく喋れない女の子が話し始めるのを楽しく待っていた。
男は女の子の話す事をとてもよく理解できたし
彼女の感じやい弱さをとても愛して愛情を示した。
だからとても仲良しになったんだ。

25 :名無しさん:03/11/05 02:55 ID:fFQ4Un+O
男はいつか見たピアニストは両手でピアノを弾いていたのを思い出した。
でもあんなふうにはなれないなとも思っていた。
右手でメロディを弾くとき、ときどき左手の人差し指で適当な音を叩いてみた。
ドの時にはラが、ラの時にはファが素敵だと見つけた。

26 :名無しさん:03/11/05 03:01 ID:fFQ4Un+O
ピアノに飽きるとときどき詩を書いた。
男はずるいところがあったから女の子が好むように書こうとした。
でも女の子はたくさん本を読んでいてきっとたくさん綺麗なものを知っていたから
男の書いたほとんどの詩は彼女は喜んでくれなかった。

27 :名無しさん:03/11/05 03:02 ID:fFQ4Un+O
やめ。
文才ないね。ほんとに。悲しくなる。

28 :VNCP_Tutumoerer ◆MG64yE6TCE :03/11/05 03:29 ID:lngcDUXi
(ゎ゜〜゜ぉ)<もっとぶんたいをかんがえよう

29 :名無しさん:03/11/05 04:30 ID:fFQ4Un+O
情景を描きたいだけなの。簡素な文で。
自意識を感じる文体を常に避けようとするのね。

30 :名無しさん:03/11/05 04:31 ID:ddboNpTk
(´Д`)まだかよ はやくこい

31 :名無しさん:03/11/05 04:45 ID:fFQ4Un+O
なにがくるの?

32 :名無しさん:03/11/05 04:47 ID:ddboNpTk
ごめん
おもっきり誤爆しました

33 :名無しさん:03/11/05 04:59 ID:mlR9JXDv
けむり?

34 :名無しさん:03/11/05 13:34 ID:fFQ4Un+O
うん。きっとそう。

35 :名無しさん:03/11/05 14:43 ID:ebVPTgOc
いつも同じ作風だね

36 :名無しさん:03/11/05 14:54 ID:iUAtnj0O
とりあえず女の子になんか捧げるのな

37 :名無しさん:03/11/05 17:05 ID:fFQ4Un+O
いつもみやけんを思い浮かべて書くからね。
そう。プレゼント買ってきた。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)