2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

テスト

1 :AGE :03/10/15 00:31
テスト

2 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/15 00:35


3 :パム ◆xT/e2zSQr2 :03/10/15 11:39
ここがパムのスレになりました

4 :パム ◆xT/e2zSQr2 :03/10/15 11:49
大きな木が倒れた後のぼっこり穴の上に転がってきた大玉
この公園では、大玉を使った遊びが流行っていた
ヨウくんが蹴った大玉は、ヨウくんの叔母が作ったものだ
叔母のミキ子さんは、手先が器用で丈夫な紐をぐるぐるまきにして、
ほぼ球形の大玉をこしらえてヨウくんに渡した

今日は別にそれほど重要な試合ではなかったが、新調したヨウくんの
大玉は今までの大玉よりよく跳ねるので試合も自然と緊張したものになった

大きなこの公園の木が倒れたのは、2週間前の風雨の日だ
あまり誰も近づくことのない木だったので、
倒れた木を撤去したあと、おおきくへこんだ地面はそのままになっていた

5 :パム ◆xT/e2zSQr2 :03/10/15 12:10
大きく地面にあいた穴は、不思議な話しがいつもそうであるように
とても、木が倒れてできた穴とは思えないほど暗く奥まで続いているようだった

ヨウくんは、穴のそばまで来たとき目の前の開いた黒い穴にドキリとして身構えた
大玉は見えない
穴の奥深くに転がり落ちてしまったのだろうか?
どうしてこんな穴ぼこができたのだろう
何か、クマや大蛇などの獣が住んでいるかのような穴だ
とても、つい最近出来た穴だとは思えない

ヨウくんは、大玉を取りに行こうか行くまいか迷った
幸い、根っ子らしき物がえぐれた穴に幾十にも重なっていて、
階段のように下りていけるのではないかと思われた
はやく、大玉をさがさないとゲームが続行できない
ゲームのルールには、試合開始で使った大玉を、
試合終了まで使わなければゲームが無効になるとある

今日の、緊迫した好ゲームを潰すわけにはいかないし、
叔母の作ってくれた大玉を無くしてしまったら申し訳ない

ヨウくんは、決心する
深く続いていそうな暗い穴の中に入っていくことを決めた

6 :パム ◆xT/e2zSQr2 :03/10/16 13:18
ヨウくんは穴から生還したとき、このときの気持ちをこう語った
「まさしく別世界への入り口のようだったね。
目の前にこういう穴が突然現われたことが信じられなかったよ。
あの、荒涼としたと言うか、なにかジャングルの中を迷ってしまって、
ようやくこのジャングルを抜け出せるのではないかという穴に出会った感じだった」
ヨウくんは、これから大玉を探しに穴の中に入っていくという不安よりも、
期待感の方がまさっているように少しときめきをもってそう言った。
「たしかに、不安はいっぱいだった。でも、その静寂さに吸い込まれていくというか、
強い引力のようなものを感じてとてもそこから引き返そうなんて考えは浮かばなかった」

ヨウくんは、暗い穴を無心に見下ろし、ゲームのことなどすっかり忘れてしまったかの
ような、ゲームの進行に遅れないように急ぐどころか、かなり慎重で自信に満ち溢れた
右足を穴のふちに踏みしめた。

土は程よく湿っていて、ヨウくんの体重を十分に支えてくれる。

7 :パム ◆xT/e2zSQr2 :03/10/16 19:52
例えるならば、巻貝の中にでも入っていっているとでも言おうか、
真っ暗に閉ざされたどこまで続くか分からない穴の奥のほうは
よくわからないが、少しずつ穴が狭まって下へ下へと
降りて行けそうな感じがする。
目も少し暗闇に慣れたようだった
視力は普通だが、こういう洞穴に入ることは今までなかったので、
それなりの機能が働くかもしれない
突然、脳の中の別のスイッチが入って暗視カメラのように
視界も開けてくるかもしれない

足が滑ることはなかった、降りていくときに支えになる木の根もあり
つかまれそうにない場所では、尻餅をついてすこし体を滑らしながら
降りていく

8 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 12:28
てすと

9 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 12:39
てすてす

10 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 14:55
日パム

11 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/18 11:25
くっそーやっぱ間に合わなかった

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)