2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

まじめに予言を探すスレ

1 :π:03/10/16 23:56
このスレは、聖典を元に当たってそうな予言を真面目に探すスレです。
私は話が別の分野(政治とか軍事)にそれるのが好きなので、分野を問わずヲタクなスレになればいいと思います。
オカルト板にスレを立てて分野以外に話がいっちゃうと怒られる傾向にあるのでここに立てました。
聖書:http://bible.or.jp/main.html

【No.1 聖書には劣化ウラン弾対策が書いてある?】
レビ記第11章は、劣化ウラン弾被爆跡地での食生活法じゃあないでしょうか?
だとしたら!
そりゃあー、地に這う物を食べちゃあいけないわけさ!
食べてはいけないウロコの無いシーフードと言えば、貝、エビ、カニ、カキ、ウニ等。
そりゃそうだ。これらは、一番汚染物質を蓄える生き物。タコは貝を食べるしねぇ。
更に、ここで「豚を食べてはいけない謎」に挑戦しよう!
豚は放射能に強い。
よって、聖書は「豚に放射能を拡散させよ。放射能の拡散は生態系を用いて行え。」と、言っているのか?
何故なら、放射能は、生態系によって拡散が進めば進む程無毒化される。
放射能は濃度が高いから有害なのだが、限りなく拡散させれば、人体への影響は半減期を待たずとも、かなり低くなる。
また、現代の科学では、放射能物質を無毒化するのに、生物の有害物質コーティング機能以上に優れたモノは存在していない。
放射能で汚染された土地を分解するには、まずヒマワリを植え、それを豚に食わせ、ハゲタカに食わせ、
自然に任せればいい。(ヒマワリは放射能吸収率が抜群に良い。)
だから、レビ記では、豚の死肉を食べるハゲタカも食べてはダメだと書いている。
また、「汚れ」を水で洗うように薦めているのも、その「汚れ」が放射能なら、これまた「理」にかなう。
つまり、宗教上豚を食べてはいけないのは考え直す余地あり?豚禁は「未来の話」であって、汚染前の豚は食べていいって事!?
以上を踏まえ、レビ記第11章を読んでみて下さい。ゾーっとしますから。

2 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 00:14
電波板でやれ

3 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 00:16
死ね

4 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 00:16
>>1
>ゾーっとしますから。

ゾーっとしたよ



…てめぇの電波ぶりに

5 :野球美神β:03/10/17 00:17
消えろ

6 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 00:17
帰れ

7 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 00:19
もうちょっと勉強してから来い

8 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 00:20
オマエ何処でも嫌われてるな・・・

9 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 00:21
知り合い?

10 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 00:22
政治板で秘密結社陰謀説垂れ流して嫌われて追い出された>>1

11 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 00:24
なにその説w。そんなんあるんだ。
こりない奴なのか。

12 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 00:24
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1065928083/l50

最近はここでラリってる。

13 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 00:28
いろんな板で糞スレ立てては叩かれてるな。

マゾか?

14 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 00:29
>>11
いつの時代にもある“政府を影で動かす黒幕”の噂とかそういうの
エリア51とかw マジスティック12とかw

15 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 00:48
>>12
いたたたたたたた〜・・・・・・
πも凄いけど、そこの1もかなりだね。

>>14
言葉もございませんw。そんなん本気で語ってたのかw。

16 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/17 08:31
メンヘル板逝け

17 :π:03/10/18 15:51
嫌だ。ここは何でもいいんでしょ。

18 :π:03/10/18 15:52
【No.2 聖書の謎時を始める前に(1)】
レビ記について他の推理を進める前に、「予知能力」に対する私の考え方を書く。
世界には何かを予知したと言う人が沢山いる。
そういう人々の話を総合すると、その予知が何時何処で起こるのかを言い当てる域ではないようだ。
予知の中に季節や年中行事を推理させるような物が出てきて、それを見て見た人が解釈を与え、時期を推理しているようだ。
例えば、逃げ惑う人が半そでだったから「夏」だ。場景が卒業式みたいだったから、3月だとか。
また、彼らの予知の見方にも特徴がある。大抵は、脈絡の無い数枚の絵、
あるいはお試し映像やCMのような短い断片的なシーン。
そして、根拠のよくわからない危機感を伴う。で、見た人はその映像に解釈を与えようとする。
TVでやっていたが、WTC事件を予知した人は結構沢山いたらしい。
が、その殆どは、背の高い建物のようなものが2つ壊れるイメージ。
漠然とした恐怖ではあるが、それが非常に重要であるというような感覚。
具体的にそれが高層ビルである事、NYである事、9月11日である事までわかった人はいなかった。
つまり、用は成せなかったと言える。

19 :π:【No.3 聖書の謎時を始める前に(2)】:03/10/18 15:52
たぶん、予知とはそういうものなのだ。大事な事のような気のする未来の場景が、断片的に見えるだけなのだ。
解釈はそれを見た人がつけるのだ。
だから、その解釈が間違う事も十分起こり得るだろう。
もし、聖書が本当に予知視を参考にした預言の書なら、古代人は現代の私たちを本当に見た事になるし、
古代人から見て理解に苦しむ映像も多数含まれていたと思う。
放射能の影響で次々に倒れていく人の映像を古代人が見たとしても、
その原因となる「汚れ」の正体がいったいなんなのかはわからなかったはず。
古代人は、仕方ないから、対処法だけを見様見真似で後世に伝えたとは言えまいか?
また、その災害(放射能による悲劇)が何時起こるのかも多分わからなかったと思う。
が、見てしまったものは時が来て解釈可能になるまで、保留扱いしたかったので、やはり聖典に記したのではあるまいか?
だからこそ、聖典は、勝手な解釈を何人もしてはならなかった。
ところが、これを読んだ後世の人は、とりあえず「やっちゃダメ」と書いてある事さえしなければいいのだろうと、
解釈したために起こったのが豚の禁食ではなかろうか?
つまり、メチャクチャ早すぎる時期から危機回避対策してしまったとも考えられる。

20 :π:【No.4 聖書の謎解きを始める前に(3)】:03/10/18 15:55

さらに、予知能力者はとりあえず、見た内容を人々に伝えたいとは思っても、内容がかっ飛び過ぎて言えない場合がる。
たとえば、古代人が、病人が回復するシーンとして、輸血や臓器移植手術の現場を見てしまったとしたらどうだろう?
いくら、古代の大予知能力者とはいえ、民は、「ご乱心された。」と思うだろうし、
大予知能力者のそれまでの業績は全部無視されるだろう。
そこで、似たようなものに敢えて、置き換えて、聖典に記録したとも考えられるのだ。
だから時々意味不明な文章になる。いくら話を便宜上変えるとは言え、
民を救う核心の情報からて外れて、変更は出来ない。
一応彼らは見たままを伝えたかった。
それに、いくら現代の文明や科学を知らないとは言え、彼らは聡明だったと思うし、理論的でもあったはず。
次に、古代の人が見たと思われる現代の医療の現場について、謎解きしてみたいと思う。
レビ記は、医療について沢山記録されてあると思う。

21 :π:【No.5 レビ記の焼肉の記述に関する基本的見方】:03/10/18 18:17
レビ記は全般的に未来の流行病に関する対処法の記述と思われる。
1.予知は危機回避の為の情報という性質がある。
2.「汚れ」や「病」に関する記述が多い事。
そう考えると、おおよそ次のような仮定が成り立つまいか?
●祭司=医者●聖所=病院●会見の幕屋=診察室●祭壇=手術台
●贖罪所=手術室●垂幕=風船のような無菌室?●あがない=医療行為
●ヒソプ(=ハッカ)=消毒液
●緋色の糸=輸血、あるいは点滴薬物の管
●亜麻布の服(ももひきもあり)=白衣あるいは防護服
●罪が清められる=処置後の回復
●祭事の火=手術台のライト(白熱灯は脂肪を焼いているように見える?←この説は昔一度は世に出た。)
●登場するいろいろな動物やその肉塊=臓器、大量の血、少量の血、
(清めの祭事(=手術)の為に大量に「人」の血が要るとは古代の人は民に言えなかった?
だから、そのままを書きたくなかった?もしくは古代人の想像を越えていた?)
↑こう仮定すると、意味不明な話に、意味の通る部分が、かなり出てくる。
レビ記第11章の放射能汚染仮定程、スッキリ、ハッキリとした自然な解釈は難しいが。
それでも、レビ記の焼肉の話を、神様にお願いするまじないや、料理のレシピと考えるよりはマシだと思う。
聖書に料理のレシピを書いてもしょうがないような気がする。しかも、ライ病の話と並んで。

22 :π:【No.6 レビ記第10章 8-11】:03/10/18 18:50

8節 主はアロンに仰せになった。
9節 あなたであれ、あなたの子らであれ、臨在の幕屋に入るときは、
ぶどう酒や強い酒を飲むな。死を招かないためである。これは代々守るべき不変の定めである。
10節 あなたたちのなすべきことは、聖と俗、清いものと汚れたものを区別すること、
11節 またモーセを通じて主が命じられたすべての掟をイスラエルの人々に教えることである。

【解釈】診察室に入る時は酒を飲むな。検査中に死ぬかもしれないから。キャリアかどうか、感染者かどうかわからないでしょ。


23 :π:【No.7 レビ記第14章 4-7】:03/10/18 19:38

4節 祭司は清めの儀式をするため、その人に命じて、生きている清い鳥二羽と、杉の枝、緋糸、ヒソプの枝を用意させる。
5節 次に、祭司は新鮮な水を満たした土器の上で鳥の一羽を殺すように命じる。
6節 それから、杉の枝、緋糸、ヒソプおよび生きているもう一羽の鳥を取り、さきに新鮮な水の上で殺された鳥の血に浸してから、
7節 清めの儀式を受ける者に七度振りかけて清める。その後、この生きている鳥は野に放つ。

【解釈】この話の前後ではライ病処置について語られている。
しかし、古代人の知らない感染症についての対処とも考えられる。
これは、ワクチンの作り方を暗示しているのではなかろうか?
1羽目の鳥の血に、2羽目を浸した後、その2羽目を生かすから。
”鳥”は輸血パックくらいの少量の血を表す隠語?雛鳥とはさらに少ない血の量の事?
感染ルートは古代人にはわからなかったはずだから。
殺された鳥は、感染した血。これを患者に使う。しかし、別の血を感染した血に浸し病院外部に出す。
一代で抗体が出来なくても、何回も新しい血に感染させ続ければいつか抗体が出来るという事?
これって、野口英世の頃のやり方だよね?
かなり、意訳になっちゃうけど、血と血が混ざるくだりが感染症の話中に出てくれば、ワクチン製造を無視出来ない。
レビ記は、医者が現代の施術に置き換えて読むと面白いと思う。


24 :π:【No.8 レビ記 16章 4節、23-26節】:03/10/18 20:01

4節 彼は聖別した亜麻布の長い服を着け、その下に亜麻布のズボンをはいて肌を隠し、亜麻布の飾り帯を締め、頭に亜麻布のターバンを巻く。これらは聖なる衣服であり、彼は水で体を洗ってこれを着る。

【解釈】防護服?

23節 アロンは臨在の幕屋に戻り、至聖所に入るときに身に着けていた亜麻布の衣服を脱いでそこに置き、
24節 聖域で身を洗い、自分の衣服に着替え、外に出て自分の焼き尽くす献げ物と民の焼き尽くす献げ物をささげ、自分と民のために贖いの儀式を行う。
25節 また、贖罪の献げ物の脂肪を祭壇で燃やして煙にする。
26節 アザゼルのための雄山羊を引いて行った者は、衣服を洗い、身を洗って後、初めて宿営に戻ることができる。

【解釈】白衣から術衣に着替えた?手術関係者は、消毒後、居住区に戻った。


25 : ◆Et////xdmc :03/10/19 01:21
ご苦労さま〜。
な〜む〜

26 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/19 01:24
次は独身男性板あたりかな・・・・

27 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/19 01:54
確証バイアス(´Д` )イェイェイェァ

28 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/19 07:23
読むのめんどくせ〜〜

29 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/19 19:07
>>28
読む人などいない!!

30 :悪質太郎 ◆raBkfbXpgg :03/10/19 19:18
予言なんて無理読みが基本だろ。面白いと思うよ。

31 :SUPERにゃあ ◆NyaaXp.X.w :03/10/19 19:58
                             /,..ィ'"
                               /'~  |
                               |  |
                       ,、      ヽ   |
                        / `ー-; 、   ヽ |
             ,.;‐'"`ー-、._  /,._,,.-'‐=''`''=:;-ミ、トr、-‐,=ー-、_
              //  __,,...ニ=>';: ;> . .   ミミ:l、ヾ;`く \  \
          ./ ,/´ ̄     /'/';'´/.'  ::ヽ、:ヾミヾヽ,!;::;:!  \  ヽ、
         /  /      _,ノ",//'´/,l | . :. ::;:,;iヾミ、、i、ヾ|i;:i:|    \  i
            l  /   _,‐7'´ノ/'i| . !:,;l、i . ::..r:7「ヽN、iリ;|:||| ;|      ヽ |
          | /  ./ ////'l ||i :;| ;A+ミ、:::;/レ5。:Nノ从リ| :|.       ヽ |
        |/     i/|/ || | ヽヽN|(5:::lヽi ´ !;;;ノイ'/ル|l! ;||      i |
         |/       / '   l| ` //Vヘ`''" ,    ./i/,イ/リイj|      !|
          |'            ヽ // ,/.j |l;、. ー   ./1'/Vノ'/リj       ノ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   i/| /l/|ル1/`=;r‐'フ |/L,、'´       <  にゃあ♪
                   ||/'1 / ̄/"l .'::::'::/ \         \_______
                   /|_,.」..{._,.く`ヽ .--‐/   _>、
                  / 〉lフV>o===ミ-/__,.-‐'´_,..-ヽ
                 /  lヘ=;:'>//ヘヽ,、、(>ヽ,,..-‐"   __|
                  /   _,.l /イ//:.`:´||ヾ>,、i'´ li   /´  |

32 :SUPERにゃあ ◆NyaaXp.X.w :03/10/19 20:20
            ,'⌒ヽ
        ,. -‐-, 、{r―-―-  、
      , '´   /⌒ヾv'´::::::`ヽ、  \     
    ,'   /ァ'´  ` ´   `ヽヽ ::::::::ハ
      /', '    ,'  :i     ::Y  ̄`rr' ̄ヽ    
      ,{{:{  ,' ,'ii  ::::i ! :: :::  :::ト、./´ハ¬く
     く ,ゝ!::i:i{::i_i_ii :::::从_::!:::i! ::::l::::L∧Yル'∨
     `つヾ、 yw‐;、:::;'/ j込メ!::::ノ::::r‐、レYカ
     ,',´,'!::::::::}´j、ソ`'´ ´ !i_ヾ`くi:::::f::: }:::Yタ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      iハ从:::::::{"`´、   `‐-'´ソ ::ムイ:::Yン     |
       ( ヽ、::\ ヽ   "'' =彳イノ:::jj人(`ヽ   < にゃあ
          ,>=-‐ァ _,..   イL:ノ:::ノ´  `⌒`    |
         / ´´ く:::::,ヘ::::::  〉 `ニ=‐ 、         \______
       /   ノ`´∧::::) //:::::::::::::ハ
.     ___/  r'´ /  //:::::::::::::::,;;;;;;;|
   r'´:::::i_/ /    /:::::{ ::::::::; ,-‐‐‐- !
   |二二イ /    ∧ ∧:::://     `ヽ     
   ∨ ヽニ!::{    , ' ,' V,' }二´   ,:::'::::\〉    
  , ニ二 レLト:::::::::::{:: i   '/ ヾヽ、.::::::{:::_;;:イ    
 `ー-、` // /`7ー- 、_i:::::::/  :::::::/ ̄/:::::::/      
    { ,' ,' ,' ,'      ̄いヽ::::::/:::: /\:::|     
     Y::::! {::::i:::::::::::::::::::::: ; :j:::::::/ニ='::\ ∨
     \ヽヾヽ::::::::::::::::::::::::::::_/:::::::::::::ノ
      `ー‐‐'フ ̄ ̄ ̄ ̄..二二ニ「__ ,、      
        /      ‐--‐‐===ト、//        
 ____r'      <:::::::::::::::::::::::Y::::〉      
〈〈〈     ヾ        二ニ=:::::::::::::\


33 :π:03/10/19 23:36
>>29
無教養な君には想像の外だろーがね。
このスレの内容は世紀の大発見であり、人類の歴史を変えようとしているスレなんだよ。
だから、真の知的探究心があれば、ここを探し出しでも読むし、
日本語で書いてあっても、読みたい人は、翻訳してでも読むさ。
このスレを読みたくて、世界中の人が、2ちゃんねるにアクセスするだろう。

34 :π:03/10/19 23:46
今、ヨハネの黙示録について書こうと思って聖書を開いたら、偶然間違えて、
ヨハネの第一の手紙を開いた。
で、たまたま読んだ箇所に超面白い箇所を見つけました。
なんと!
聖書がダーウィンの出現を予見し、この問題に明確な解答と指示を与えているのだ!
笑いすぎて死にそうになりました。
これから、この箇所をまとめupします。乞う御期待!ちょっと待っててね。

35 :バーテン 彫り:03/10/20 02:30
ヨハネの黙示六って、なんかその手のえらいさんの
中では認めてなくて、後から付け加えられたやつなんじゃ
なかったっけ?
詳しくは知らんが。

36 :π:【聖書がダーウィンに対抗していた!(1) No.9 】 :03/10/20 02:54
●ヨハネの手紙一 2章 18,19節

18節 子供たちよ、終わりの時が来ています。
反キリストが来ると、あなたがたがかねて聞いていたとおり、今や多くの反キリストが現れています。
これによって、終わりの時が来ていると分かります。

【解釈】終わりの時とは世の終末であり、現在。反キリスト=ダーウィン信奉者。

19節 彼らはわたしたちから去って行きましたが、もともと仲間ではなかったのです。
仲間なら、わたしたちのもとにとどまっていたでしょう。
しかし去って行き、だれもわたしたちの仲間ではないことが明らかになりました。

【解釈】ダーウィン信奉者は、信者から去った。もともと(真理を追求する)仲間ではなかった。
(真理を追求する)仲間なら、信者のもとにとどまっていた。
しかし、去っていった事によって、(ダーウィンを受け入れる者は)だれも仲間でない事がわかった。
※もともと、科学は哲学や宗教に属していた。ダーウィンの進化論は科学から出た。
よって、ダーウィン信奉者は神の元を去ったと言える。
聖書は、「ダーウィンが出てくる事はお見通しだったし、お陰で真実を追求しない者が出て行ってくれた。」
と言わんばかりだ。

37 :バーテン 彫り:03/10/20 02:55
こんな夜中まで乙です。


38 :π:【聖書がダーウィンに対抗していた!(2) No.10 】 :03/10/20 02:58
● ヨハネの手紙一 2章 20,21節

20節 しかし、あなたがたは聖なる方から油を注がれているので、皆、真理を知っています。

【解釈】しかし、あなたがたは神から遺伝子を注がれているので、皆、創造の真理を知ってます。
※油とは血から抽出した液体であり、遺伝子の事。
作者は遺伝子研究の現場を予知視した時、遺伝子を血液から抽出するのを見たのであろう。
ところが、ここで、「血」とせず、敢えて「油=(血から抽出した何か液体)」と表記したのには理由があると推察する。
聖書では「病」に関する忠告の箇所で、「血」という言葉を既に使っている。
が、この箇所の話は「病の話」とは関係が無い。そこで、「血」と表記したが為に、
解釈が「病の話」に流れぬよう「油」としたのではないか?

21節 わたしがあなたがたに書いているのは、あなたがたが真理を知らないからではなく、
真理を知り、また、すべて偽りは真理から生じないことを知っているからです。

【解釈】あなたがたが遺伝子を知らないからではなく、遺伝子(の存在)を知っており、
また、誤った認識は遺伝子からは生じないことを知っているからです。

※つまり、遺伝子それ自体が、真理であり、創造の答えなのだ。
遺伝子が生物創造の真理である事は隠された事がないのに、あなたが気がつかないから書いてるの。
答えがあるのに気がついてくれないから書いてるの。と言わんばかりだ。


39 :π:【聖書がダーウィンに対抗していた!(3) No.11 】 :03/10/20 03:01
● ヨハネの手紙一 2章 22,23節

22節 偽り者とは、イエスがメシアであることを否定する者でなくて、だれでありましょう。
御父と御子を認めない者、これこそ反キリストです。

【解釈】偽り者とは、キリスト教を否定する者でなくて誰だというのだ。
創造主と人間の関係(=御父と子)を認めない者、これこそ反キリストだ。

23節 御子を認めない者はだれも、御父に結ばれていません。御子を公に言い表す者は、御父にも結ばれています。

【解釈】(創造主が計画的に作った)人間を否定する者は、創造主(=創造のメカニズム)には辿りつけない。
(創造主が計画的に作った)人間を解明する、つまり神の計画性を解明する者は、創造のメカニズムに辿り着ける。
※御子という呼び方を、神が意味ある存在として人間を作ったという風に解釈しました。


40 :π:【聖書がダーウィンに対抗していた!(4) No.12 】 :03/10/20 03:04
● ヨハネの手紙一 2章 24,25節

24節 初めから聞いていたことを、心にとどめなさい。
初めから聞いていたことが、あなたがたの内にいつもあるならば、
あなたがたも御子の内に、また御父の内にいつもいるでしょう。

【解釈】創世記で聞いたことを、忘れるな。つまり、人間は神が創った事を、あなたが忘れないなら、あなたの思索が人間の体内に向くなら、創造追求の思考から逸脱しない。

25節 これこそ、御子がわたしたちに約束された約束、永遠の命です。

【解釈】これこそ、命の解明だ。


41 :π:【聖書がダーウィンに対抗していた!(5) No.13 】 :03/10/20 03:07
●ヨハネの手紙一 2章 26,27節

26節 以上、あなたがたを惑わせようとしている者たちについて書いてきました。

【解釈】以上、ダーウィン信奉者について書きました。

27節 しかし、いつもあなたがたの内には、御子から注がれた油がありますから、
   だれからも教えを受ける必要がありません。
   この油が万事について教えます。それは真実であって、偽りではありません。
   だから、教えられたとおり、御子の内にとどまりなさい。

【解釈】あなた身体には遺伝子があります。だから、(真実を)誰からも教えて貰う必要なんかない。
この遺伝子が万事について教えます。遺伝子は真実であり、偽りではない。
だから、さっき言ったように、人間の体内について思考を留めなさい。(身体の外側の条件は無視しろ。)

※つまり、身体の外の話、環境の影響だの、自然淘汰だのは、糞くらえと言っているのでしょう。

42 :悪質太郎 ◆raBkfbXpgg :03/10/20 03:07
でも、宗教は結局ダメだ。孔子もキリストもモーゼも、死んだら共同体の始祖になっちまった。

43 :バーテン 彫り:03/10/20 03:08
この調子でいくと本が作れそうですな。

44 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/20 21:01
>>43
聖書より厚くなりそうだけどな。

45 :π:03/10/21 18:06
>>35

とりあえず、聖典に載ってるわけだけから、予言が当たっているかどうかを問題にしています。
エライ人が認めていても、ハズレていたら、ゴミだから。
それに、真実がどーのこーのと書いてあるんだから、どれだけ実際の世のしくみと合致しているか検証したらいいと思う。
もともと、聖典に関する取り沙汰と科学に関する取り沙汰は分離すべきでない。
どちらの分野も本物なら論じる人を棲み分ける必要なし。
両者とも使用用語が違うだけで、この世の法則を探し出す事を目的としている。

46 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/22 00:19
私の別スレで、πのなりすましが出てきたのでトリップをつけてみました。
これまで「π」だけで書いてましたが、もう「π」単体で書き込むのは止めます。

47 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/22 00:47
>>46
正直書き込む行動自体を止めてもらったほうがうれしいのだが。





そんな本音はさておき、これからもがんばってください。

48 :SUPERにゃあ ◆NyaaXp.X.w :03/10/22 00:47
       /   /  /   , //     i i     ヽ}                  |
      /   /  /  / / i    | | |     ヽ  もうっゆるさないにゃあ |
     /   /  /  / /  |    ! i L,、、-、、,,_. }                   |
     /  / // /  / / / !、i  、 ヽ"i|    ,   i                     |
    / / // /   / /  _ /ヽヽ. ヽ\'、,,=;'''''i,,、 i.   精子がでなくなるまで |
.    / / // /   / /´ヾ   \ヽ、\ヽ\ ~ . ヽ、_                 |
    // //  /  | ∧ |  | | |"''‐-、,,,,,、- ///  "'7  舐めるにゃあ    |
   / / / / i  | //ヾi|   i. i |;             {               |  
   / ./ / / |  |/ / ||   i. i |i.           ,ノ             |  ::)
  / /  i i  .i  ||. |  | |   i i |;i.         〈,_`Y⌒ヽ、        |  
  / /  i i   i   | |  | !   i i、;i、         ,ノ `Y    ト、       |  ;
. i r'i   i i  !  |  ! | |、   .i i 、;i、.        !  ゚!{::::::: _ノ' '\      |  ミミ
 i | !   i i  ヽ. i  ! | | 、   i i 、;i.      ノ  Y`-'、:::〃   \/⌒ヽ | ミ彡ミミ  
 ヽ ヽ.  ヽ.ヽ  ヽ ヽ ヽ i  |\   i .i ヾi''"'TT''''"´    i  \:::  /   人ミ彡ミ彡彡 /
  \ ヽ、 ヽ\  丶; ヽ{  | |ヽ | | }}ヽヽi \\   ゚!   /\/   ∠ 人_,-、ミミ彡:/
   ,、=ヽ、,ヽ,\、、   \ヽ | | |i  | |i | |i ヽ、  ヽ i    /  /      ヽ ヽ )ミ彡i


49 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/22 19:42
【聖書と生物の進化とこの世の存在のあり方(1) No.14】

ヨハネ第一の手紙2章18-27節は、かなり凄い事が書かれている、
あの箇所の「油」という表記が「血」のアナグラムであり、血から抽出された「遺伝子」であると解釈し、
遺伝子の発現(=予め定められたプログラムの順次発現)が、環境に拠らず、進化を決定付けたとなると、
いろいろなこの世の見方がひっくり返る。
生物の進化は、創造主が用意した遺伝子(=プログラム)の解凍にすぎないという事になる。
この理屈を現実にあてはめてみよう。
つまり、トカゲに羽が生えたのも、サルの脳が人の脳に移行したのも、全て、創造主が遺伝子を創造した段階で、
計画されていた事になる。
それだけではない、コアラが誕生した時、何故かその傍らに、ユーカリが存在した事になる。
パンダが肉食を止めた時、何故かその傍らに、笹が生えていた事になる。
生育環境を整えるのが難しい類の植物が、遺伝子の予定実行によって、誕生した時、偶然にも成育環境は既に整えられていた事になる。
だとすれば、神は生物のために必要なものを配置し、それが上手く機能するよう計画し、
神の愛(この世で人類を生かす為のメンテナンスをする事)が世々に満ちるよう、この世を存在させている事になる。
以上の見地に立つと、マタイによる福音書第6章25-31節は非常に感慨深い。


50 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/22 19:44

【聖書と生物の進化とこの世の存在のあり方(2) No.15】

マタイによる福音書第6章25-31節
25節 それだから、あなたがたに言っておく。
何を食べようか、何を飲もうかと、自分のいのちの事で思いわずらうな。
命は食物にまさり、からだは着物にまさるではないか。
26節 空の鳥を見るがよい。まくことも、刈り取ることもせず、倉に取り入れることもしない。
それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。
あなたがたは彼らよりも、はるかにすぐれた者ではないか。
27節 あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばす事ができようか。
28節 また、なぜ、着物のことで思いわずらうのか。
野の花がどうして育っているか、考えてみるがよい。働きもせず、紡ぎもしない。
29節 しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。
30節 きょう生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神がこのように装って下さるのなら、あなたがたに、
それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。
ああ、信仰の薄い者たちよ。
31節 だから、何を食べようか、何を飲もうかと、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな。
32節 これらのもはみな、異邦人が切に求めているものである。
あなたがたの天の父は、これらのものが、ことごとくあなたがたに必要であることをご存じである。
33節 まず、神の国と神の義とを求めなさい。
そうすれば、これらのもは、すべて添えて与えられるであろう。

51 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/22 19:45
【聖書と生物の進化とこの世の存在のあり方(3) No.16】

この箇所は、人の欲望を戒めていると解釈されるのが普通ではなかろうか?
しかし、先の見地に立てば、倫理的戒めとは別に、この世の存在の有り様を示しているとも言えまいか?
野の花は、何もせずとも、生育環境を手に入れている。
また、必要に応じて生きる為の装備を、生まれながらに装っている。
サボテンは水分を蓄える構造になっている。サボテンがツンドラ地帯に誕生したら氷になってしまう。
つまり、野の花が生きて行ける為の条件を創造主が用意したと、聖書は言っている。
さらに、創造主は、人は他の動物よりすぐれた存在であるからこそ、人にはもっといろいろな備えを用意していると語っている。
つまり、創造主は、人を他の生物と差別化して優遇するよう、この世を存在させているとも、聖書は言っている。

このように書くと、普通の人は、受け入れがたい話を聞かされているように思うかもしれない。
そんなアホな!そんな偶然あり得ない!一体どんな偶然なんだ!
生物の方が環境に適応し遺伝子の変化をもたらしたと考えた方が自然だ!
こんな宇宙にロケットが飛ぶ時代に!

しかし、こんな都合のいい解釈でなければ、なんで人類が存在し続けていられるのか
説明出来ない事象も世の中には存在する。
次に書く、そのような聖書を弁護するような事実は、ロケットが飛ぶ時代だからこそわかった事実でもある。
まずは、フジテレビのアンビリバボーという番組の2002年9月12日放映の

BackNumber『破局のシナリオ 小惑星衝突』 http://www.fujitv.co.jp/unb/index2.html

をまずは読んで下さい。

52 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/22 19:46

【聖書と生物の進化とこの世の存在のあり方(4) No.17】

地球は、ほぼ絶望的なくらい隕石の脅威に晒されている現実がわかるでしょう。
偶然、衝突を免れて、滅びもせず、生物は存在を続けているとしか考えられない。
しかし、生物の歴史は地球上で脈々と続いて来た。
隕石による地球の滅亡を阻止する何か「意図的な力(=創造主の加護?)」が
地上生物の為に働いていたと考える方が妥当だ。
地球は宇宙全体の環境条件からすれば物凄く限られた狭い条件下で存在し、生物の営みを繰り返している。
地球の温度、酸素濃度、紫外線量、その他様々な生物生存条件が挙げられるが、
それらの条件の、どれ一つでも、現状とわずかでも違ってくれば地球は生物の棲めない星になる。
例えば、温度。地球の平均気温がたった2度上がるだけでも地上はえらい事になる。
宇宙の温度の実現可能範囲からすれば、2度なんて、取るに足らない差だ。
つまり、地球はトンデモなく限定された生物生存条件を「偶然」に維持しつつ、存在し続けている事になる。
何か「意図的な力」が生物の存在を維持させていると考えなければ、
偶然が、生物存続とう規則性を維持しているという、トンデモな結論に至ってしまう。
このような生物存在継続の不思議を、似たような角度で説明した説は、既に世に出ている。
ガイア理論がそうだ。(ガイア理論では地球を一つの生命体と捉えている。)
もし、このようなテーマに興味があたら、マタイによる福音書第6章25-31節を意識しながら、
ガイア理論を読んでみるのも面白い。
あなたは、コアラが誕生した時、「偶然」ユーカリが存在した事を否定出来るだろうか?
もし、コアラがユーカリの無い地域で生まれ滅びたなら、その化石があるはずなのだが、そんな化石は存在しない。
もし、竹藪に棲む肉食獣が、皆パンダになるなら、虎は何時パンダになるのだ?
首長族の歴史は長いが、首長族は何時キリンになるのだ?

53 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/22 19:49

【聖書と生物の進化とこの世の存在のあり方(5) No.18】

まあ、上記のような考え方を受け入れられないというなら、それも仕方ない。仮定の域だから。
上記のような仮定が、物証付きで、証明されるには、遺伝子の解明を待つ他ないからだ。
聖書も、

「いつもあなたがたの内には、御子から注がれた油(=血→遺伝子)がありますから、
   だれからも教えを受ける必要がありません。
   この油(=血→遺伝子)が万事について教えます。それは真実であって、偽りではありません。」

と、言っている。つまり、人から仮説を教えられなくても世の中の真実は遺伝子が答えを教えてくれると言っている。
と、聖書も現代の私たちが、物証なしで、真実を受け入れがたい事を十分考慮している。
ところで、現在、遺伝子の解明は、コンピュータの性能が上がったにもかかわらず、そんなに進んでいない。
ただ、遺伝子解明において、環境条件や自然淘汰を考慮するから解読が進まない。とも言えないか?
例えば、暗号解きをするのに、変数が10個しかいらないかもしれないのに、変数が10000万個ある前提で、
謎解きを始めてしまうと収拾がつかなくなる。そういう愚に陥ってはいまいか?
また、変数がある場所を間違えてはいまいか?

54 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/22 19:50

【聖書と生物の進化とこの世の存在のあり方(6) No.19】

遺伝子を圧縮ファイルに例えるなら、解凍最中にボディが出来上がるのだが、
そのボディが環境から受ける変数を解凍に使っている可能性を軽視しすぎている。
ボディ存在中に環境から受ける変数(ボディの形状や比重の比率を決定する変数等)の変化を無視しすぎている。
おそらく、変数自体は遺伝子の中には無い。ボディそれ自体が変数なのだ。
つまり、環境は、変化は促すけれども、具体的な形態へのシフト(進化)は、神が用意した遺伝子でしか決まらない。
よって、生物は遺伝子が予め用意した形状の生物しか出現出来ない。
この考え方は、キリンと鹿の中間生物や化石が存在しない事、大量発生には必ず大量絶滅が伴う謎に答えを与えている。
ただ、レオコンのような例外はあるが、そういう神の用意していない生物は子孫を残す事を許されていない。
(レオコンの不幸に対しツッコミを入れ、神の心が狭いと考えるかどうかは別として。)

以上、生物の進化や世の中の存在の有り様を、聖書を材料に考えてきたが、
ここで一つ疑問が残る。カオスの存在だ。
カオスが存在するから、人々は、「運」だとか、「偶然」だとか、「ランダム」だとか、「淘汰」という概念に振り回されるのだろう。
次はこの「カオス」について、聖書を引用したいと思う。

55 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/22 19:55
分かった分かった、
過去のことがさらにそのずっと昔に書かれていた本に載っていたという事にしよう。
でだ
これから先に起こることを説明してくれ

56 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/22 20:05
>>42

宗教は、たしかに、人が組織化した場合、
腐敗によって内部崩壊する問題を解決出来ない以上は、運用上、教えに「嘘」が紛れ込む。
でも、だからと言って、聖書まで否定される事はあるまい。
現実に聖書は世界最強の力を持っているし、宗教門外漢(私もだが)が、単なる読み物として読んでも面白い。
聖書=現在の宗教団体に属する事では、必ずしもないと思う。
聖書はスリリングな仕掛けが沢山あって楽しい。
現代の私たちでなければ、絶対解読不能な、タイムカプセル的封印のアナグラムが用意されてたりするしね。
2000年以上前の人が、書いたのかと思うと、驚嘆に値する読み物だと思う。
10年後の近未来小説だってここまでのものは書けないと思うよ。

57 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/22 23:09
>>54
訂正: レオコン → レオポン
ttp://www.jttk.zaq.ne.jp/genmatsu/data/leopon.htm

58 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/23 01:38
申し訳ありませんが常時sage進行でお願いします。

59 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/23 14:24
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1065928083/
↑ここから流れてきた人で、雑談がしたい人は、↓こっちでして下さい。
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1066885696/

60 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/23 14:38
マルチプル・アウトと確証バイアス。
予言が当たったなどと錯覚されるのはこの2つが原因だ。
現実に起こったことを
予言書や聖典の内容ににこじつけることはできても
未来に何が起こるかは結局わからないし、当てられない。

61 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/23 18:41
>>60
同意。この程度の予言なら、その辺から分厚い小説でも持ってくればいくらでも出来る。

62 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/23 19:09
>>61

じゃ、聖書を上回る予言の書を書いてみろ。出来るんだろう?

63 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/23 19:50
まあ、平家物語持ってきて「日本の経済は落ちる運命にあった」
っていうようなもんだからな。
この手の話はキリないよ

64 :悪の秘密結社 ◆jxZ1x4w20g :03/10/23 19:54
この手のネタはムーで読み飽きた。


65 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/23 22:18
>>62
予言の書を書いてみろって?
あほかおまえは?
>>60で言ってる意味分かってないだろ?
ばーかばーか

66 :悪の秘密結社 ◆jxZ1x4w20g :03/10/23 23:22
>>65
こういう奴に、いくら正論言っても無駄だよ。
理解しようとしないんだから


67 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/23 23:52
つまり、頭でっかちさんなのですね……

68 :悪質太郎 ◆raBkfbXpgg :03/10/24 00:10
test

69 :悪の秘密結社 ◆jxZ1x4w20g :03/10/24 00:25
>>66
そういう事。俺の会社にこういう奴がいたよ。
飛鳥昭雄にはまっていた奴が。
俺がいくらそれを非科学的だと説明しても、奴は鼻で笑って「あなたはNASAが本当のことを言ってること思っているんですか」と繰り返すばかりだ。
こういう奴に説明しても疲れるだけだとよく分かったよ。


70 :悪質太郎 ◆raBkfbXpgg :03/10/24 00:29
>>60
お前のレスなんかもまさにそうだな。
つまらない分析で物事のテクストを言い当てられたところで、
二次生産的な批評はできても、創造どころか編集すらできない。
創造力のなさを、一次生産と二次生産の順位を転倒させてカバーする、
結局は自己設定をいじくって自己満足するしかない可哀想な人間。
>>61
活発的な存在に対してやれやれっつって肩をすくめて同一性で囲い込む
無能者集団の国家的捕捉システムそのもの。ハエ。
>>66
論理体形が多数存在するってことを理解してないのはお前だな。
単一共同体的な概念を信じきって疑うことがない量産型タイプ。

71 :悪質太郎 ◆raBkfbXpgg :03/10/24 00:29
>>69
笑ったわ。久々に。

72 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/24 00:31
なんで悪質がからんでくるんだろ……

73 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/24 00:32
悪質は自分の論理の殻に閉じこもって全く外に出てこないけどナー

74 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/24 00:41
ああっ、もうダメッ!!はうあああーーーーっっっ!!!
ブリイッ!ブボッ!ブリブリブリィィィィッッッッ!!!!
いやぁぁっ!あたし、こんなにいっぱいウンコ出してるゥゥッ!
ぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃっっっっ!!!!ボトボトボトォォッッ!!!
ぁあ…ウンコ出るっ、ウンコ出ますうっ!!
ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!
ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
んはああーーーーっっっ!!!ウッ、ウンッ、ウンコォォォッッ!!!
ムリムリイッッ!!ブチュブチュッッ、ミチミチミチィィッッ!!!
おおっ!ウンコッ!!ウッ、ウンッ、ウンコッッ!!!ウンコ見てぇっ,

75 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/24 00:42
>>70
んじゃ〜、予言聞かせてくれよ、予言だぜ予言、これから起こることだぜ。
ま、文脈に関係なく抽出すると
>やれやれっつって肩をすくめて同一性で囲い込む
これだけ同意、というか難しい議論だぜこれは。

76 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/24 00:46
ああっ、もうダメッ!!はうあああーーーーっっっ!!!
ブリイッ!ブボッ!ブリブリブリィィィィッッッッ!!!!
いやぁぁっ!あたし、こんなにいっぱい予言出してるゥゥッ!
ぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃっっっっ!!!!ボトボトボトォォッッ!!!
ぁあ…予言出るっ、予言出ますうっ!!
ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!
ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
んはああーーーーっっっ!!!予ッ、予ゲッ、予言ンンンンッッ!!!
ムリムリイッッ!!ブチュブチュッッ、ミチミチミチィィッッ!!!
おおっ!予言ッ!!予ッ、予ゲッ、予言ッッ!!!予言見てぇっ,

77 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/24 00:52
60 名前:名無し戦隊ナノレンジャー![sage] 投稿日:03/10/23 14:38
マルチプル・アウトと確証バイアス。
予言が当たったなどと錯覚されるのはこの2つが原因だ。
現実に起こったことを
予言書や聖典の内容ににこじつけることはできても
未来に何が起こるかは結局わからないし、当てられない。

70 名前:悪質太郎 ◆raBkfbXpgg [sage] 投稿日:03/10/24 00:29
>>60
>お前のレスなんかもまさにそうだな。

「まさにそうだ」ってなに?何の脈絡もねえな。
本当に独りよがりまっしぐらだな悪質……。
自己完結し杉だぜぇ?
いつのまにか生産性云々の話に変わってるしさ。
そんな話はしてねっての。
そんなに人をカテゴライズするのは楽しいでちゅか〜?

結局、お前は人の言っていることを
自分の縄張りに持ち込んでしか批判できねえんだな〜。
なにがしたいのさ?

ま、がんばって三島賞でもなんでも取ってくださいな。
んじゃ、おやすみ〜♪

78 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/24 00:55
キチガイはキチガイであってキチガイ以外の何者でもない、と
ハッキリ言ってあげるべきだと思います。

79 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/24 02:04
>>78
キチガイはキチガイであってキチガイ以外の何者でもない。


80 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/24 15:43
攻撃対象が自分のパターンに当てはまらなかったときの悪質は
ものすごく明後日の方向にカッ飛ばしてくれるな!

81 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/10/24 23:34
>>70
ハエは肩をすくめないぞ。すくめた肩に集うかも知れんがな

82 :ポール・ザ・ビート ppi01-0167.din.or.jp:03/10/24 23:34
-=≡三 ∧_∧
 -=≡/ ̄_J ̄)  オメーラ死ねよ。
 -=≡|    /  
 -=≡| /| |   
-=≡// | |   
-=≡U  .U   

83 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/10/24 23:44
>>77
つーかアレだ。働かざる者スレに書き込むべからず、だな。
かくして閉鎖と自己愛の楽園が構築される。外界の存在は認識できるが、それに
自分の思考が覆い被さる。永遠のお人形さん遊び。

84 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/10/24 23:45
主なる神は土の塵で人を形作り、その鼻に命の息を吹き入れられた。
人はこうして生きる者になった。

85 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/25 00:21
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1065928083/859/

859へ

私は権力に興味はあっても、権力を握る事には興味が無い。
権力は握りたい人が握ればいい。
そういう事は、適任の人、それが好きな人がやればいい事。
それよりも、私は、生活を気にせず、世の中の真理(科学的発見)について好き勝手に研究し、
発見し、それを世に残せる環境が欲しい。発見者として名が残るか残らないかも特に拘らない。
私は、自分の知恵が生かされ、世の中の苦しんでいる人が助かるなら、それが嬉しい。
これまで、いろいろな発見をNETや某所にタレ流してきたが、流せない発見の山を墓場に持っていくのは嫌だ。
もし、この世に生まれ変わりが存在するなら、私は来世でまた同じテーマを一から思索しなければいけなくなる。
輪廻がループするのは嫌だ。私は自分の思索の成果をきちんと記録媒体にして、この世に残したい。
私は生活費の為に政策を考えるのであって政治の世界に野心はない。
ただ、私のスポンサーとなってくれる人が望むなら、いくらでも政策は考えるし、スポンサーを政治的に守り抜く。
この世の科学的な秘密の謎解きをする以上に、面白く、感動的な作業は、存在しないと思っている。

86 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/25 00:36
お前頭いいって自覚があるんだったら
もっと簡潔にまとめろよ 全体的に
なんかバカみたいだ

87 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/10/25 00:38
いや、むしろ素晴らしいと思うがね。
長文でしか表現出来ない狂気もあるさね。

88 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/25 00:42
あ、やっぱ狂気か。
まじめに読もうとして損…したのか、俺は?

89 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/25 00:48
その研究とやらも、このスレ同様くだらない文章の羅列なんだろうな。

90 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/10/25 00:55
いや、むしろ真面目に読もうとすれば読もうとするほど恐ろしく興味深い世界なのだと思う。
狂気っつーのは、誰もが持っている一部分の顕在化に過ぎないのだから。
人は神だ。狂気が神を作ったのだ。神こそ狂気の権化。


神は自らの御姿に模って人を創造された。
神に模って創造された。
神は人間を祝福して言われた。
「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物全てを支配せよ」

91 :特撰キンバエ ◆yuQ9t.UD8o :03/10/25 00:58
狂気が狂気に帰納するのは極自然な流れだと思うが。
っつーワケで、頑張れπ ◆mpMcLXSHeI 。神の祝福のあらんことを

92 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/25 00:59
狂いに狂ったやつは一体どんな神を
想像するんだろうなあ
例えばここの>>1とか
で、その神が>>1に見せてくれる奇跡って
どんなんだろう
それはちゃんと妄想を超えられるんだろうか

93 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/25 01:01
        ____________
   . . . ... |     |      
      ........|      |
     ━━━━━━━━   
       | ●,, ● |    言っとくがおじさん。
       |         |       
.       \  Μ / 


94 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/25 01:02
        ____________
   . . . ... |     |      
      ........|      |
     ━━━━━━━━   
       | ●,, ● |    めちゃめちゃ頭いいぞ!
       |         |       
.       \  Μ / 


95 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/25 02:10
>>90

>人は神だ。

人の共通意識を神だと考えるなら、人は神だ。
だから、死にたいと真剣に考える人が一定割合を超えると人類は滅びに向かう。

>狂気が神を作ったのだ。

全く、その通り。狂気=カオスだけどね。
君は惜しいねぇ。聖句を引用するなら、場所は、第1章2節だよ。

「1節 はじめに神は天と地とを創造された。
2節 地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。」
3節 神は「光あれ」と言われた。すると、光があった。」

2節が正にカオスの事。



96 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/25 02:11
>>90

>神こそ狂気の権化。

確かに、カオスは神だけど、それは、古き神。
古き神は、秩序の神、つまり現在の存在の有り様を作り出した。
古き神はいろいろな物を創造するが、混沌の神でもあり、せっかく産み出したモノにまで混沌を与えて壊してしまう。
そこで、古き神は、新しき秩序の神を必要とする。
光は新しき神の最初の形。だから、光には物質にあるまじき特殊な性質がある。
この世は、古き神と新しき神とがおり、両者が干渉し合っている。
ただ、両者共、新しき神の発展を望んでいる。
神の加護とは、古き神の場合、「運」を指す。
運の実態はカオスだから、運に物事を任せれば崩壊する宿命にある。
新しき神の加護とは、「神の計画や法則に則った動きに対する成果」を指す。
つまり、新しき神の加護とは、この世の法則そのもの。(万有引力等)
但し、新しき神は計画と方向性を持っている。古き神は人を存在させる為に新しき神を作った。
つまり、この世を用意した。そしてこの世は一定の方向に進む事が計画されている。
その方向とは、人が進化する方向であり、遺伝子に決定付けられている。
だから、逆に遺伝子を見れば未来の人類の姿どころか、未来の生物の有り様から未来の環境すら推察可能になる。
遺伝子には全ての秘密が書かれている。
明日、雨が降ると予知する場合、
「明日は雨が降るよ。」と言うのは予言。「明日は傘を持っていきなさい。」と言うのが預言。
「傘はナイロンとアルミで出来ています。長さは○○です。形は△△です。」と、言うのが遺伝子の役目。

97 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/25 02:22
なーんにもしらねぇんだな、大学ちゃんといったのか?

98 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/25 02:46
       ,、、、,_     .r!''ーv     z¬v                               
       \ ゙)    .ノ ,ノ      〕  }            (!'''┐                
        ( [,、、.,_ ,ノ.,r'′,,,_     |  |             .} {                
      _,.,v-┘´_,,、rミrレ||!エ厂^7    |  |             .] ]       __         
   =<ミ二v-‐'''^ ̄  .゙}.゙'i ,,、u,| .|    .} ],,、,,_           } (,、   ,,r<'丁¨゙┐      
      __,,,ノ冖┐  ] |「ー''゙| ] __,.,、-「 .工,,、>       _,,ノ''〕  ,ノ .,r'>'″{  .}      
      ^〜''''^¨′  .} .レ‐'ソ| .l「レ-‐''''! .}        =(ニー'''ア ./゙ .,r《ア′  .|  .}      
      ,,,,.,v-冖'z  .} ./^゙ソ} |.    .!  !            /′.|,v(ア′    .〕  |       
      .¨''冖¨゙`,,,,__,,,「 .リミリ゙  .〔《゙'ーr !  !           ,ノノ} .ア′     .|  }       
        ._,,,、-ミ!「、ノ┘,/゙ ,v .| .\_]│ |          ,/乂r′|        } .|       
    il─:l))干'''7 .フ  ._/゙_/ ! .|   ′|  }        ,ノア'レ'〕 |        } .|    ,rァ  
    〔 .)  .ノ / ._ノソ'′ |  |    .} .|        /′ゾ } !        } .).  _,ノア  
     ミ, |vr(二_iレi)ト'″.   .|  |    .} .}       }_/  .,} }        'li_  ̄>'′  
     \「″ .´.^″  .干>┘ } 7lzー┘ }        `   .|, .|         .¨^'^″     
                .^┐ ,ノ  ゙\ .ノ             ゙ー^




99 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/25 02:54
ここがほんとにまじめなら
がっくり肩を落として帰るしかない
こじつけも自論もいらないから
俺に「予言」を見せてくれ

100 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/25 02:55
今だ!100ゲットォォォォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ

101 :ポール・ザ・ビート ppi01-0161.din.or.jp:03/10/25 04:29
-=≡三 ∧_∧
 -=≡/ ̄_J ̄)  今だ!101ゲットォォォォ!!
 -=≡|    /  
 -=≡| /| |   
-=≡// | |   
-=≡U  .U   

102 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/25 11:59
というかネタスレだよな?ここ

職人さん頑張って!

103 :SUPERにゃあ ◆NyaaXp.X.w :03/10/25 12:01
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 にゃあ用しおりD
    /\__/| 
    '´    ヽ     
   i _,.1リMノ〉ノ    
    〈「(l!^ヮ^ノ| <もうこないにゃあ♪
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 にゃあ用しおりE
   _'7/)__
  《フ´ ' `く|
  i /ノノノ))〉
   f!(l.^ヮ^ノ! <もうこないにゃあ♪
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

104 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/25 12:02
漏れは12時間後にオ〆コする

105 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/25 16:06
【創世記に隠された進化の秘密。ヘビの騙しは現代の話(1) No.20】

ヨハネの手紙第一の手紙第2章24節が、

「24節 初めから聞いていたことを、心にとどめなさい。
初めから聞いていたことが、あなたがたの内にいつもあるならば、
あなたがたも御子の内に、また御父の内にいつもいるでしょう。」

聖書が創世記のはじめを見ろ、と言うから見た。おそらく、創世記には、

「万事について教える油」=血=遺伝子

の秘密(この世の成り立ち&進化の未来)が説明されているのだ。
まずは、人の創造だが、カオスが秩序を作る前から、人類の構想はあった。
なぜなら、この世の秩序は、人類を存在させる為に創造されたからだ。
ところが、創世記では、地面や海が出来、動植物が満ちた後、人が創造されたと書かれている。
人の為に世が出来たという話が少しおかしくなる。
人の為に世が出来たのなら、先に人を造ってから、星や動植物が発生しなければ話がおかしい。
けれど、この矛盾は下記のように考えれば辻褄が合う。
普通、人物像を描こうとする時、いきなり人物を描く人はいない。
まずは、適正サイズのカンバス、絵の具を用意する。
人類の創造も同じだ、創造主は、まず「人類」を造りたいと思い、カンバスや絵の具(=環境)を用意したのだ。
それら環境は、絵の具やカンバスが人物画の為に用意されたのと同様、人の為に用意された。

106 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/25 16:07
【創世記に隠された進化の秘密。ヘビの騙しは現代の話(2) No.21】

だから、申明記第4章19節では、下記のように言っている。

「あなたはまた目を見上げて天を望み、日、月、星すなわちすべての万象を見、
誘惑されてそれを拝み、それに仕えてはならない。
それらのものは、あなたの神、
主が全天下の万民に分けられたものである。」

次に、聖書が暗示していた「進化の新事実」について触れたいと思う。
創世記には過去の出来事と未来の出来事が一緒に書いてある。
まあ、当たり前だ。創造主=神=この世の有り様 なんだし、創造と進化は同じ次元の話であるべきだ。
特に、エバの話。エバの話、エデンの話は、未来の話だと思わせる箇所がある。

創世記第3章24節
「それでその人はその父と母を離れて、妻と結び合い、一体となるのである。」

↑これ。変だよね。人類初の人に、どうして「母」がいるのだ?
「父」は「創造主」と解釈出来るかもしれないが、「母」って誰よ?
エバを造った元となった人は、人類最初の人ではない事になる。
つまり、エバの話は太古の話ではない事になる。

107 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/25 16:10
【創世記に隠された進化の秘密。ヘビの騙しは現代の話(3) No.22】

どうして、ここの箇所を未来の話と断定出来るかと言うと、ヘビの話は未来の話だから。
ヘビは進化に関する研究者たちを騙し続けて来た。
創世記によると、ヘビは、一生、地を這わなければいけない。ヘビに足なんか生えた事はないはずなのだ。
ところが、世間一般にはヘビに足が生えた事になっている。
ダーウィンの進化論に沿うと、ヘビはトカゲの足が退化した事になっている。
これでは、ヘビに一度は足が生えた事になり、創世記と食い違う。
どちらの説が、正しいか?実は、正しいのは聖書の方なのだ。
聖書によると、生物を創造したのは神であり、淘汰ではない。
神が遺伝子を創造し、生物は遺伝子のスケジュールに則って素直に出現するのだ。
そのスケジュールは、受精卵の発芽状況を見れば一目瞭然だ。
遺伝子→原生動物→オタマジャクシのようなもの→サンショウウオのようなもの→ネズミ→猿→人
遺伝子→原生動物→オタマジャクシのようなもの→サンショウウオのようなもの→カエル
遺伝子→原生動物→オタマジャクシのようなもの→サンショウウオのようなもの→トカゲ→鳥
遺伝子→原生動物→オタマジャクシのようなもの→魚
遺伝子→原生動物→オタマジャクシのようなもの→ヘビ
ヘビはトカゲの時期を持たなかったのだ。


108 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/25 16:10
【創世記に隠された進化の秘密。ヘビの騙しは現代の話(4) No.23】

ダーウィンが言うように、受精卵の変遷は獲得形質の名残だと言うなら、
ヘビは受精卵発芽中、一旦は足が生えては消えなければいけない事になる。
人が母体内で、猿のように体毛は生えるが、出生時には体毛をなくしてしまうようにね。
ところが、ヘビは発芽中、足を持つ事は無い。
それから、ヘビは瞼を持たない。もし、ヘビが機能を使わないから瞼は退化したというのなら、それはおかしい。
瞼は、地上で暮らす生物にとって、眼を守る為にとても大事な機能で、死活問題の機能だから、退化したとは考え難いのだ。
ダーウィンが言うように、ヘビの瞼が退化したと言うなら、ヘビは発芽中、一回は瞼を持たなければならない。
また、ヘビの脛骨。一般に脊椎動物は進化が進むにつれ、脛骨(首の骨)の数が増える傾向にある。
トカゲの脛骨は8〜9個。ヘビは2個。
ヘビがもし、トカゲから進化したのなら、ヘビは受精卵発芽中、脛骨が一度は8〜9個に増え、出生時には、
2個に減らなければいけない。
実際には、ヘビの発芽の変遷には、瞼も持たないし、足も生えないし、脛骨も増えない。
よって、ヘビはダーウィンが言うように、トカゲから退化したのではないし、
トカゲとヘビは別の種であると言う事が出来る。
そう、私たちは、進化の話(=エバの話)においてヘビに騙されていたのだ。
また、ヘビは永遠のいのちに関する「知恵の実」を示唆しているとも言える。
このように創世記には、過去の真実だけでなく、人類の進化の未来についてもアナグラムが隠されている。
脊椎動物の「進化樹」は、聖書を支持するなら、「遺伝子(プログラム)の展開具合=異種間の骨格の変遷」
を基準に再配置されなければならない。

109 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/25 16:11
【創世記に隠された進化の秘密。ヘビの騙しは現代の話(5) No.24】

余談だが、私はヘビは爬虫類から退化したのではないという説を2003年8月10日某所に送った。
おそらく内容は、世界の関係機関をある程度回ったと思われる。
しかし、ダーウィン信奉者は、真実をネジ曲げやがった。
2003年9月4日、フジテレビの「目覚ましTV」の番組中、朝7:10頃、こんな報道があった。
『後足のなくなったトカゲが発見されたというのだ。』
どこの研究機関がそんなインチキ発表をしたのだろう?
発表が真実なら大発見であり、大きく報道され、発見者の名は有名になるハズ。
しかし、そんな騒動は起きなかった。
つまり、その研究機関は、腐れダーウィンの学説を強引に世に浸透させ続けたくてそんなキメラ(人工生物)まで
作ってアラだらけのダーウィンの学説の権威維持を図りたかったのだろう。
キメラと言っても1ヶ月かそこらで用意したチンケな代物だ。トカゲの後足を外科手術で抜いただけと思われる。
こんなセコイはったりの発見はすぐにバレるので大々的には報道出来なかったのだ。
ただ、科学に明るくない一般の人を未だにダーウィン信奉者として信頼を集めるには役立ったと思う。
キリスト教関係者は、このインチキ蛇を発表した研究機関とその権力背景をよく調べる必要があると思うね。
まあ、インチキする学者は、ダーウィンの学説に則って、スポンサーから研究費をせしめているのだろうから、
たとえそれが真実でも、今更、ダーウィンを否定する学説や証拠なんて出てきて欲しくはないだろう。
スポンサーに、研究費は無駄になります。と報告しなければならないのは、かなり、渋いだろうーからね。
ただ、彼らにいつまでも同情は出来ない。彼らは、ダーウィンによる間違った学説を元に、
生物学的に誤った医療開発や、医薬品開発をし続ける事になるから。それはとても恐ろしいことだ。
医療が間違った方向に進んでしまう可能性は大だし、現在湯水のように使われている国家の遺伝子研究費はパアになる。

110 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/25 16:23
聖書は、予言の書であり、預言の書。
これを忘れて聖書を読んでも、聖書は役に立たないし、解釈不能に陥る。
聖書が真実の書であるなら、現実と乖離する事はあり得ない。
聖書が人類の為の書なら、私たちが読み役立てられる記述があって当然なのだ。

111 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/25 17:39

【創世記に隠された進化の秘密。ヘビの騙しは現代の話(6) No.25】

これを読んだキリスト教徒は、ダーウィンの思想に染まってしまった事を
気に病む必要はない。
キリスト教徒が、ダーウィンやヘビに騙される事は、神の計画のうちだったし、
聖書では、罪人呼ばわりしていない。
むしろ、遺伝子が万事の謎を語るものだとして人々が受け入れる為に、
ダーウィンは必要なステップだったのではなかろうか?
ダーウィン無しで、人々が遺伝子のメカニズムを理解出来るとっかかりを手に入れられたとは考え難いから。
誤った道しるべだったからこそ、人は正しい方向を理解出来る場合がある。
はじめから正しい道しるべを用意するより、その方が有効なのだ。
つまり、神は必要な時、必要なモノを人に用意してくれるのだった。

ところで、淘汰(=カオス)は神の古い形態で、秩序の神とは、別に存在しているなどと言うと、
リチャード・ドーキンスの「盲目の時計職人」の話を信じたくなっちゃうだろーと思いますが、
あの説にはアラがある。
確かに、砂漠の風紋なんかみちゃうと、淘汰が精密な生物を産み出したかもしれないとちょっと信じたくなる。
しかし、カオスは一時的に規則性らしきものを表出するが、存在が安定しない。
しかも、生物の生き残りが、博打的な確率で、行き当たりばったりになってしまう。
それに生物の繁殖は明らかに、確固たる規則性に則って起きている。
リチャード・ドーキンスが言うように、カオスが何かを創造し続けるなら、生殖行為も繁殖行為も必要ない。
生物は、次から次に目まぐるしく発生しては滅びる形態でなければ、話がおかしい。
生物は、秩序の神が遺伝子に則って発生させている。繁殖も遺伝子に則って起きている。

教会は、ダーウィンの権勢を前に、日和たい気持ちがあるだろうが、
聖書を信じてもうちょっと頑張って欲しい。

112 :(*゚Д゚)さん:03/10/26 01:33
      _,..-――-:..、    ⌒⌒
     /.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.\      ^^
    / .::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::..ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  :::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::
   :::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::
     :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::     ∧_∧
      ::::::::::::::::::::::::::::       ( ::;;;;;;;;:)
        ::::::::::::        /⌒`'''''''''''^ヽ
               /⌒ヾ/ / .,;;;;;;:/.:;|
-―'――ー'''‐'ー'''―‐'―''''\,./ / .::;;;;;;:/‐'| :;|'''ー'-''――'`'
 ,, ''''  `、 `´'、、,   '''_ソ / `:;;::::ノ,,, | :;| '''  、、,
    ,,,   ''  ,,   ''''' ξ_ノ丶ー'ー< ,ゝ__> '''''  ,,,,
 ,,     ,,,,     ''' ,   ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::  ,,
            ,,,,,,,     :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::      ''
,, '''''''      ,,,,       ,,    :::::::::::::;;;;;;;;::::::


113 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/26 12:33
ちなみに、手足のないトカゲもいるんですけど。

114 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/26 12:37
さらに進化について間違った思想をお持ちなようなので一言。
生物、ことに新しい種は、合理的に生まれてくるんではなくて、
生まれたのがたまたま合理的だから繁栄したって順序なんだわ。
つまり、瞼がないのは非合理的だから、
合理的に瞼があるトカゲから進化したんじゃないってのは、
間違ってるわけだ。

まーどうでもいいけど予言聞かせてよ、早く

115 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/26 13:11
>>113

知ってるよ。それはトカゲだよ。脛骨の数を調べるべきだ。

116 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/26 13:25
足が無いトカゲがいたら、どうしてヘビと分類されないか、調べるべきだ。

受精卵の発芽に逆らう、種の分類って何よ?
ダーウィンの思想が、ダーウィンの思想内で、矛盾を内包している以外の何でもないじゃないか。

生物の機能の発生が合理的だから発生したと考えるのはダーウィン。
神は生物の機能を用意したいから用意したのだ。どう関連が続くのかは知らないが、最終的に人の為にあらゆる生物の機能は用意された。
ヘビとトカゲはダーウィンの馬鹿に人が気がつく為に用意された。
この世を維持せしめているのは、規則重視の神なんだから、神の主張には必ず一貫した法則が潜む。
ヘビは瞼がなくて可哀相だけど、あれは人の為に用意された生き物だから仕方ないのだ。

>まーどうでもいいけど予言聞かせてよ、早く

予言は聖書がしてるでしょ。ヘビの騙しがこれから曝かれて、社会認知に変わるのさ。



117 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/26 13:27
>>116
いやー、あんたのしてるのは予言じゃなくて過去のことでしょ、
未来のこと聞かせてよって言ってるんだってばよ。

118 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/26 13:33
神の生物創造は、イカすよねー。
インチキ外科手術で、妙な生物を作ろうにも、それが新種か偽物か脛骨の数でわかっちゃう。
脛骨は首だから、ここにまでインチキしたら、生物は大抵死ぬ。
現代の科学の状況を見越して、神は生物を創造したのだ。
神はやる事に抜け目が無いねー。

119 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/26 13:39
>>117

それは、自分で探した予知能力者に聞け。

120 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/26 13:43
http://homepage2.nifty.com/pet-mail/apodus.htm
ほらよ、つかあんたのしてたのは予言じゃなかったのか、誤解してた、スマンスマン

121 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/26 13:47
キメラの作成が容易な現代では、外観やネーミングだけじゃわからない。
脛骨の数と、受精卵の発生を調べなければ、資料にならない。

122 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/26 14:17
ヨーロッパヘビトカゲに対する回答。

ダックスフントを蛇と呼ばないのと同じで、結局、脛骨の数を見なければ、種は分類出来ない。

オタマジャクシが魚になるともう、もうトカゲにはなれない。
魚になると頭蓋骨が潰れてしまうからね。
オタマジャクシがカエルになるともう人間にはなれない。しっぽを失うからね。
人間とカエルはサンショウウオの時別れた。
サンショウウオのイボイボが後の体毛。だから犬の体毛を見ると根元でまとまっている。
犬の毛根の肉の塊はサンショウウオ時代のイボの名残。

123 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/26 14:33
トカゲはまばたきするし、ヘビはしないって違いがあるじゃん。
つか普通に足のないトカゲって自然界に存在するよ?

124 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/26 14:43
>>118あたりいいネタですね。おもしろかったです

125 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/26 16:20
>トカゲはまばたきするし、ヘビはしないって違いがあるじゃん。

そうだよ。

>つか普通に足のないトカゲって自然界に存在するよ?

だからさー。足のないトカゲって進化や退化の変遷がどこまでいっても
外観が似ててもヘビという種とは何の関係も無いの!
足が短くなってもダックスフントは、犬だろう?
足が消えても、トカゲはトカゲでヘビじゃない。
明らかな蛇(頸椎の数が合ってて、受精卵発芽中一度たりとも足の生えなかった生き物)は、トカゲではないし、
進化の分類でもトカゲとは別にされるべき生き物なのだ。

126 ::03/10/26 16:22
catv-101-186.tees.ne.jp
ハッキングどうぞ

127 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/26 17:18
>>124

あっりがとおおぉうっ!!!

128 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/26 22:03
って言うか、予言なんてなんでも無い事を予言のせいにするように仕向けるだけの事だろ?

129 :104:03/10/27 06:44
12時間後とさらに7時間後に戴きました
ご馳走様でした。報告まで。

130 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/27 14:53
>>120

そうだよ。私が予言してるのではなく、私が、聖書が予言している所を探しているの。
ヘビトカゲの写真付きリンク有り難う。

131 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/27 19:40
>>109で後ろ足がないトカゲが報道されただけで、キメラとかのたまってなんだか一人であわくってるじゃん。
だから、普通に手足ないのもいるからあわくるなよって書いてやったんだよ。
つか爬虫類って奇形多いのも知らないんだものねぇ。まーこの後でしっとるとかのたまうんだろうけど。

132 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/27 19:41
>>130
だからそういうのをマルチプルアウトと確証バイアスの複合技だって言ってるんだろうが。
未来のこと分からなきゃ予言って言わないの。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%CD%BD%B8%C0&kind=jn&mode=0&base=1&row=1
日本語ぐらい理解してくだされ。

133 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/27 19:55
奇形だろーが、キメラだろーが、脛骨の数が増えたり減ったりするか!
トカゲからヘビが退化しなかった事に何ーーも変わりは無いわあ。
そーやってお前は、ずーっとチマチマやってろっ!物事の大局に影響せんわ。
馬鹿は本質を無視するから、馬鹿なのだ。君は自分でそれを証明した。

134 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/27 19:59
>未来のこと分からなきゃ予言って言わないの。

私が予言したんじゃなくて、聖書がした予言の話なんだってば。
聖書を紹介してるだけなんだってば。日本語のわかんない奴だね。話しかけて来るな。面倒臭い。
はっきり教えてやる。あんたの欲しがってる情報は此処には無い。よそを探せ。

135 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/27 21:14
だから聖書から未来のことを読み取って教えてくれよと

136 :R・ドロシー:03/10/28 00:18
πさんこんにちは
聖書に詳しいあなたに、是非お伺いしたいことがあります。
人類最初の殺人であるカインの弟殺しは、神から激しい怒りを買い、
カインは定住の権利を剥奪され、地上をさまうよう罰を受けましたが、
これは、イスラエルの民の放浪の歴史を暗示しているものと考えますか?
πさんのお考えをお聞かせ下さい。





137 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/28 00:28
>>135

だから、今話しているヘビの話は未来の話。正に予言。
実際、世間では、トカゲから退化してヘビは発生したと信じられているし、
世界は、ダーウィンの間違った教義に染まったまんまだ。
現在進行形の「騙された状態」は終わっていない。
社会認知が、ダーウィンを駆逐してはじめて「ヘビの騙し」の予言は完了する。
つまり、この次の予言の封印が解かれる準備が整う。
私だって誰だって、遺伝子の概念を持つ前は、「万事について教える油」のアナグラムは解けなかっただろうし、
劣化ウラン弾を知らなければ、レビ記を解釈出来なかった。
つまり、この世で、人は、神が用意したノルマをこなさないと、聖書も全部解読出来なければ、
聖書の言う神の国に人は近づけないように出来てるの。
聖書はそういう風に作られてるの。
だから、あなたが聖書で未来を先取りしようにも限度ってものがあると思うわけ。
ダーウィンを信仰し続ける限り、キリスト教徒は、神に背き、聖書に背を向けていると言える。
日和るのは簡単だけど、広き門の先に神の国は無い。

138 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/28 00:29
現在、遺伝子の解読において、大躍進が認められないのも、聖書に背いているから。
ちょっと前に、ショウジョウバエを使って、昆虫の遺伝子では、予め、
「頭、胸、腹」が決められているという事を発見して、
ノーベル賞を取ったトーマス・モーガンという人がいた。
彼の努力には脱帽するし、彼の功績は偉大だとは思うけど、
あれと同じ解析方法を選択して遺伝子の研究を進めても、すぐ限界が来る。
彼は、ショウジョウバエの大量の世代交代から集めた大量の遺伝子とそれぞれのハエの形質の関係を集め、集計した。
ショウジョウバエは世代交代が早いからサンプルを集められた。それでも十年以上かかった。
同じ作業をネズミやヒトでやったらどうなると思う?
金日正体制のような強制力で、世界中の人が来る日も来る日も、
ネズミの形質と遺伝子の関係のデータを作成し、集計をしたところで、
意義ある法則性を発見できる程の集計が出来るかどうかわからない。
ましてや、ネズミと遺伝子の関係を研究するにあたって、環境も考慮していたなら、
思いつく限りの生育条件下で、ネズミを飼いデータを取る話になる。
いい加減、遺伝子を解析するのに、還元的な手法やアプローチは実験前から徒労に終わる事を悟り、
遺伝子の最も顕著な発芽結果を表す骨格の形状について、
体系的な研究をはじめないと、遺伝子の研究は前に進まない。
http://www.brh.co.jp/experience/seimeisi/22/sc_1.html
モーガンの研究成果を見ても、遺伝子先にありきで生物は発生したと仮定して、
遺伝子(プログラム)の展開具合を追う為に、骨格の変遷を追跡する方が現実的だと思う。
次の生命の秘密について解きあかされるのは、たぶん、教会がヘビの騙しを公式に認めた後だと思うよ。

139 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/28 00:36
>>136

違う。カインはまだ造られていない。だからユダヤは関係無い。

140 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/28 00:41
ユダヤの民は神に最も信仰を試されているのだと思う。
彼らは道のりを旅しているのではなく、悠久の時を旅している。
しかも、カナンの地はエルサレムではない。それについては、聖書を引用し後で書く。
イスラエルはこれに気がついたから、最近、パレスチナにエルサレムでの建国を認めた。

141 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/28 02:11
この人に聖書に書いてある未来のことを教えてっていって
仮になんか教えてもらっても、
それが外れたら「解釈が間違ってただけです」
ていうんだろうから無駄なことだと思われ。

て書くと、
「だから研究してるんです」ていうんだろうなぁ。

どっちにしろ
自分が傷つかなくてすむ都合のいいシステムになっているのネ……

142 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/28 14:11
こいつのとんでもさ加減には驚いた。だめだこりゃ。

143 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/28 15:07
>>141
>人に聖書に書いてある未来のことを教えてっていって
>仮になんか教えてもらっても、
>それが外れたら「解釈が間違ってただけです」

当たり前じゃないかッ!君は気は確か?
神は存在そのものだから間違える事はないけど、
私は人間なんだから間違えるかもしれないに決まっているじゃないか!

>ていうんだろうから無駄なことだと思われ。

君の期待の方が無駄だ。
何も間違えたくなければ、そもそも人間に未来の事を質問しないで下さい。
神と直接お話して下さい。

>「だから研究してるんです」ていうんだろうなぁ。

当たり前じゃないか!
自分が言った事、自分が信じた事が真実に沿うかどうか、歴史に耐えるかどうか、
検証し続けるに決まってるでしょ。

>どっちにしろ自分が傷つかなくてすむ都合のいいシステムになっているのネ……

それは、あなたの生き方でしょ。絶対に傷つきたくもないし、絶対に間違えて恥もかきたくないから、
存在不能な真実しか話さない人を探しまくってるんでしょ。
答えてあげます。そんな人いませーーーん。
せいぜい大勢の人が歩いた後を歩いて下さい。
そうすれば、たとえ間違った道に踏み込んでも、多数派は痛烈にバッシングされる事はありません。
間違っても、未来を先取りしようなどと、考えない事です。
未来を先取りしようと考える事、それ自体が「迷い」なのです。
今日、あなたの心は救われました。

144 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/28 18:00
現時点で陽子崩壊が確認されない事実について、
聖書は特殊相対性理論の破綻を予言していたんでしょうか?

145 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/28 18:09
>存在不能な真実しか話さない人を探しまくってるんでしょ。

これもネタですか?
爆笑しました

146 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/28 18:11
かの有名な一文
「光あれ」
あれが、相対性理論についての最も短縮的な解説であることは言うまでもありません。
まず光が絶対的なものとして存在している、と解釈できます。

147 :E.T:03/10/28 18:25
    /∵∴∵∴\
    /∵∴∵∴∵∴\
   /∵∴∴,(・)(・)∴|
   |∵∵/   ○ \|
            |∵ /  三 | 三 |  / ̄ ̄ ̄ ̄
                |∵|    __|__ | < うるせー馬鹿!
             \ |   \_/ /  \____
     \____/

148 :E.T:03/10/28 18:27
   /∵∴∵∴\
  /∵∴∵∴∵∴\
 /∵∴∴,(・)(・)∴|
 |∵∵/   ○ \|
 |∵ /  三  | 三 |  / ̄ ̄ ̄ ̄
 |∵|   __|__  | < うるせー馬鹿!
 \ |  \_/  /  \____
   \____/

149 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/28 18:36
ズレAA(・A・)イクナイ!

150 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/28 18:41
>現時点で陽子崩壊が確認されない事実について、
>聖書は特殊相対性理論の破綻を予言していたんでしょうか?

話が宇宙の寿命にかかわるというテーマがテーマだけに聖書に載ってそうな気はするけど、
それが何処に載っているのか、また、載っているのかどうかも、私にはわかりません。

151 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/28 18:49
↑πさんへ
きょう始めてこのスレを見つけました。
ちょっと疑問が沸いたのですが、
がんらい、人類が誕生する以前にも知的生命体が存在したのに、
いったいどうして人間に神は聖書を授けたんでしょうか?

152 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/28 19:35
>がんらい、人類が誕生する以前にも知的生命体が存在したのに、

確かに、オーパーツの謎に触れると、そういう生命体がいたかもしれない可能性は否定しきれませんね。
はっきりとした事は、まだ謎のままですが。

>いったいどうして人間に神は聖書を授けたんでしょうか?

前回の人類(=知的生命体)に聖書を与えなかったら、滅びてしまい、神の国が駄作に終わったので、
「今回の人類には、一つマニュアルでもつけてみるか!」と、神が用意したのかもしれませんね。
私は謎の古代遺跡の話をきくたびに思うのだが、神は結構人が滅ぶ事を気にしていないと思うよ。
何故かというと、聖書的に言えば、神にとって大事なのは魂的モノであり、肉体ではないらしい。
だから、人の文明が滅んだって、神様的には人を傷つけたという気持ちにはならないと思う。
魂が滅びるわけじゃないらしーから。(←聖書的)
むしろ、神は人の心の有り様の方を重視している。
で、私は時々寒い事を考えてしまうのだが、神は神の国を作る為に、何度もリセットとして人類を発生させてるんじゃあないかと思う。
たぶん、現在の文明が滅びる時は、
「あーあ。人類の行く末が、まーた計画から外れちゃったよ。リセットっ!ピッ!」ってな具合にやり直しちゃうじゃあないかな。
で、新しい人類何回か文明の興亡を繰り返し、過去の文明のゴミを見つけては、年代を測定をし、いつか、文明がループしている事を悟ったりするんじゃないかな。
まあ、これが、私の推理というか感想。ファンタジーな域は出ませんが。
もし、聖書が本物なら、私たちは、神の意とする神の国が出来るまで、永遠に文明興亡のループを繰り返すのかもしれない。

153 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/28 19:56
>>143
>せいぜい大勢の人が歩いた後を歩いて下さい。

俺は俺が決めた方向へ歩くよ。
それは以前誰かが通ったかもしれないし、
その方向は知らないうちに誰かにそうしろと言われた方向かもしれない。
でも俺は歩くつもりだ。

お前は自分の立ち位置から一歩も動かないくせに
歩いていく人間を見下して嘲笑しながら一生そこで止まっていろ。
そこで迷った迷ったと騒いでいろ。
差し延べられた手をすべて振り払って
自分の作り上げた神様が手を差し延べてくれるのを永遠に待っているがいい。

154 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/28 20:00
なんでぼくたち、おろかなたみにもよげんがわかるようにせいしょはかいてくれないんですかぁ〜?

155 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/28 20:11
聖書にもあるように、神は人の魂を自分の望まぬ状態に置いておく事を嫌がっている。
だから、人々がどんな生活をしていようと、人類を放置する事で、
人々の魂が傷ついて行き、それが人類だけで自己修復不能だと判断すれば、
魂救済の為に人類を滅ぼす事は考えられる。
そう、神が人の為に良かれと思って、慈悲深く滅ぼしてくれる事になる。
ヨハネの黙示録で何で聖書の予言が終わっているかというと、たぶん、前回の人類は、
ヨハネ黙示録の状態までしか神の計画のコマを進められなかったのだしょう。
もしかしたら、人類の為のマニュアルというのは前例が要るのかもしれない。
でも、そんなに落胆しなくてもいいと思う。
神は人の為に慈悲深いから、次の文明では、もっとわかりやすい聖書とオプションをつけてくれると思うよ。
でも神様も大変だね。人の魂が神の思うように向上しなければ、
文明の興亡の度、神のマニュアルやオプションばかりが進化して、最終的に神の国が出来てしまうのかもしれない。

この部分はファンタジーの域です。はい。


156 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/28 20:31
× この部分はファンタジーの域です。はい。

○ ここまで全部ファンタジーの域です。はい。



まじめなファンタジーを繰り広げるスレはここですか。

157 : :03/10/28 20:53
2チャンでは布教活動は許されるのか?

158 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/28 21:07
予言
  世界に名だたる予言者も予言のほとんどは当たっていない
  各予言者毎に言っていることが違う。真実は1つであるはず

ノストラダムスの大予言
  解釈次第でどちらともとれるようなあいまいな表現で書いてある
  1999年7月、大破局になると解釈する人あり、ならないと解釈する人あり
  結局、何も起こらなかった。

159 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/28 22:28
>>154

おろかな民に読ませない為です。
だから、聖書は何人たりとも解釈をつけてはいけない事になっているし、
機が熟さねば解読出来ないようになっている。
(信者でない人が解釈をつけるのは例外的にOKだけどね。)
そうしないと、おろかな民が何をしでかすかわからない。
例えば、永遠の命の素は血(=遺伝子)であるなんて素直に書いてたら、
中世のブラッディ・マリーはそこら中に沸いて出た。
やはり、遺伝子工学がある程度発達してから解読されるべきなのだ。

160 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/28 22:31
>>157

布教活動なんかしてないよ? そもそもわたしはキリスト教の信者じゃない。
聖書を読み物と捉えているしね。

161 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/28 22:38
おもしろいんだけど、なんかねー。

162 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/28 22:54
【聖書の話には遺伝子と進化の概念を与えると教義がより明確になる。No.26】

ヨハネ黙示録5章5節
すると、長老のひとりがわたしに言った、「泣くな。見よ。
ユダ族のしし、ダビデの若枝であるかたが、勝利を得たので、
その巻物を開き七つの封印を解く事ができる。」

↑ここでいう巻物とは遺伝子の螺旋の事。
聖書によるとこの巻き物には表にも裏にも字が書いてある。その文字とは塩基配列の事。
七つの封印とは、人類を次世代の人類に進化させる為の手続きの事。
生物は遺伝子の封印を解除された時、次の進化形にシフトするのだ。
だから化石を振り返ると、生物の大量発生には大量絶滅がつきまとってきた。
あれは、生物が大量絶滅したんじゃなくて一斉大量進化をしたからなのだ。
ここの箇所はこれ以外の解釈の余地は無いとはず。
何故なら、他の解釈を持って来ると、
生物の存在の一貫性と聖書の内容の一貫性(神の計画の一貫性)が合致しなくなるから。

163 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/29 01:04
>>159
要望をひとつ。

発達してから振り返ってみたらそうでしたってんならあんまり解読できても意味ねぇじゃん。
あんたの後から当てはめる解読はわかったからもういい。やってもいいがせめてまとめてくれ。
そしてこれからそうなるであろう予測をしてくれ。そこに重点を置いてくれ。
科学的に明快な答えの出た事柄を聖書使ってまわりくどく解説されてもな。
僕はこう解釈しました、はいそうですか。終了。
こじつけと言われようが、電波と言われようがそれがお前の判断ならそれでいいよ。
ただ、聖書が予言であるなら、それを証明する為にも、また予言としての価値を見出す為にも
未来を語らなきゃ予言の意味が無いと思わないか。

それと、こんだけぐだぐだ長文書き連ねた結論がファンタジーで終わってんなら
始めからファンタジー路線をとって欲しかった。

164 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/29 12:55
>>163

>発達してから振り返ってみたらそうでしたってんならあんまり解読できても意味ねぇじゃん。

それは、あなたが何かを創造する立場の人間じゃないから。
聖書はそういう人間を読者として選んでいない。聖書は読み手を選ぶ。
人類の為になる有意義な発見をしたい人が、これまでの学識を持って読めば、
聖書は発明発見のインスピレーションを与えると思うよ。
つまり聖書が未来の発見を手伝うのだ。
それにもともと、聖書は、一般人を相手にして書かれていないのだ。
さんざん未来について、政治面や研究面やその他いろんな分野で、試行錯誤をしている人でないと、
何の話かわからないと思うよ。
聖書を未来に役立てられる人間は、限られた人間だと思うよ。
一般人はせいぜい、聖書の功績から、予知能力者が過去存在していたと信じるとっかかりを得るぐらいだろうね。

>あんたの後から当てはめる解読はわかったからもういい。やってもいいがせめてまとめてくれ。

あなたの為だけに書いているわけじゃないから、スタイルは変える気はないね。
それに、わたしは聖書の予言書としての精度や信頼性を紹介したいしね。

165 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/29 12:55
>そしてこれからそうなるであろう予測をしてくれ。そこに重点を置いてくれ。
>科学的に明快な答えの出た事柄を聖書使ってまわりくどく解説されてもな。
>僕はこう解釈しました、はいそうですか。終了。

実を言うと予測は察しがついてる。
しかし、聖書が軽んじられている現状でこれを書いても意味が無い。
と言うか書けない。
聖書がアナグラムを用いる箇所は大抵トンデモな真実が隠されており、トンデモな理論の発見が書かれている。
トンデモな真実を確かに真実だと、受け入れられる素地が世界にまだ出来ていない。
例えばワクチンのくだりを世に出せるのも、人がワクチン生成の過程を、良識を持って論じられる世になったから。
そうでない時代に表に出せば、単なるスプラッター基地外の変態以外のなんでもないね。
現在、教会がダーウィンを拝んでいるせいで、これらは出せない。
また、聖書の古い解釈だけを執拗に踏襲し続ける人もいる。
それで、現在でも輸血を禁止する宗教的グループがいる。
結局、キリスト教トップがダーウィン信仰を辞めないから、こういう古い過激な解釈に縋り付く人々を生んでしまうのだ。
彼らは、キリスト教トップが胡散臭くなった信じられないと思うからこそ、昔の教えに頑に回帰せざるを得ないのだろう。
はっきり言おう。科学と融合出来ない宗教はクソだ。
科学も宗教もこの世の真実を探求する為のモノ。両者を分けて語る奴は嘘つきだ。教えに必ず嘘が紛れ込むはずだ。
今時期、宗教は死ぬと予言が出てるらしいが。そりゃそうだよ。
遺伝子の発見によって、科学と宗教は融合できるきっかけを得たのだから。
科学に融合できない宗教は、真実に興味の無い信者を集めては、嘘教義で内部崩壊しを繰り返し、滅びるだけだ。

166 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/29 12:57
お前は平日の昼間に何をうきうき書き込んでいる

167 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/29 13:03
>>163の要望に答えて、聖書が結局人類に伝えたかった最大のメッセージを書こう。
これは、わたしが聖書全体の考え方の流れを見て出した結論です。
聖書のアドバイスの全ては、下記神の意図を実現する為の細かな教えやアドバイス。

「人類に告ぐ。次の人類に進化しろ。さもなくば滅ぼす!」

168 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/29 15:24
やっぱ4本足歩行→2本足歩行って進化したんだから
次は順当に1本足歩行の人間かねぇ、もしくは0本足歩行。
わくわくしてきた。

169 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/29 17:12
>>168

新人類の歩行は2足歩行。ただし、知能が格段に上がる。それから、現在の人の体質病も改善の方向に向かう。
ダウン症が健康上生存しにくいように、新人類から見れば現人類はダウン症状態。
現人類のダウン症とは成人病の類を指す。
現在でもヒトは僅かながら進化している。しかし、進化が安定しておらず不完全であるので病のような形となって表出する。
例えば、糖尿病。血糖値が上がるのは、食生活が不摂生が原因の人もたしかにいる。
しかし、これとは別に、脳が進化したために、必要な糖の量が増え、見かけ上、血糖値が上がっている人もいる。
現在、血糖値上昇を理由に、日本人の6人に一人が糖尿病予備軍と言われているが、その原因は不摂生ばかりが原因ではないのだ。
脳のエネルギー消費量が増えた為、健常な成り行きで、血糖値が上がっている人が含まれる。
だから、治療を要する糖尿病かどうかは、血糖値だけでなく、もっと多角的な検証が必要。
頭を使って脳の進化を爆進させている人とそうでない人とでは糖の消費量が違う。
脳が当たり前に糖を欲しているのに、もし糖を供給しなければ、脳の成長を阻害するだろうね。つまり、頭が悪くなる。



170 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/29 17:12

分裂病が増えているのも同じ理由。
脳が進化し、物事の関連付けに再配置が起こり、情報の関連付けの仕方が中途半端な状態で放置されているため起こっている現象と思われる。
つまり、分裂症患者は、病的に壊れた人なのではなく、進化に先んじて挫折している状態と言える。
だから、これから分裂病は健康な人の中から沢山輩出し、ますます増える。
ちなみに、分裂病の対処法は薬ではなく、現実と脳との関連付けを正しくするために、根気よくつきあってやる事。
もし、彼らが電波な事を言っても取り合えば取り合う程彼らは壊れていくだろう。
そもそも正しい電波情報というのは、現実を着実に考慮し続けても損なわれたりしない。
天才がインスピレーションを受けても社会生活を失ったりしないのと同じだ。
人類は、さっさと進化して種を安定させないと、進化の安定しないダウン症の人々の比率がどんんどん上がってしまう。
神は計画通り物事が進まない時には、人類をリセットさせる機構をいくつも準備している。
世の中の秘密の解明が進むにつれ、それを扱う人間の知能が低いままだと、そもそも文明の存続が危うい。

神はこれまで、生物の能力に見合った環境を用意してきた。
ここで、環境だけが、それを操る生物以上に、先走りする未来なんてあり得ない。

171 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/29 19:05
つまり、現在の人間の形を残したまま、現在人間は進化過程にあると言うわけですね。
外見に差異が認められない新人類を、新人類と見分けることは果たして可能なんでしょうか?

172 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/29 20:21
>>171
ガンダムSEEDみたいになると思われ

173 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/29 22:05
>>171

>外見に差異が認められない新人類を、新人類と見分けることは果たして可能なんでしょうか?

難しい質問だね。
聖書に新人類の外観を説明する箇所を見つけたわけじゃないから。
ただ、新人類の風貌が聖書に載ってないとなると、宇宙が始まって以来何度文明を繰り返しても、
未だに、現人類以上の人類が出現したことはなかったと解釈出来る。
あらゆる予知データの内容は、人の共有意識のデータ・ベースからひっぱっきていると私は仮定している。
(とりあえず、仮定しないと思索のとかかりがないから仮定する。)
そこには宇宙が始まって以来のあらゆる出来事が記憶として書き込まれていると思う。
こう考えると「ジンクス」などという現象を説明しやすくなる。
一度作られた「存在の系」は、その現象を起こしたければ、創造時と違って呼び出すだけでいいから、起こり易い。
逆に、宇宙で初めて起こる現象はこのデータベースにはないので起こりにくいし、予知のしようもないと思う。
だから、ヨハネの黙示録は現代以降の記述が無いのだとも思う。
つまり、未来は二種類あると思う。一度踏襲した事のある未来と、宇宙が始まって以来一度も踏襲された事の無い未来。
ヨハネ黙示録以降の時代は、宇宙始まって以来の正に前人未到の未来と思われる。
聖書で、「私たちは神(=創造主)の同労者である。」とはよく言ったものだよね。
共有意識(=宇宙の記憶)に無い未来で、人類が歴史を続ける事は、正に創造であり、人は同労してる事になる。
で、創造内容は共有意識に保存され、何回文明が起きても何回でも最新版で聖書も作れれば、卑弥呼も天使付きの人間も神は作れる。

174 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/29 22:07
>>171

私の仮定まみれの話はさておき、現実的回答だけど、
これまでの生物の進化具合で、新人類と現人類は個体差を推理するしかない。
もし、新人類と現人類の脳の大きさに大差が無いなら、
新人類は今より身体のサイズが小さくなると推測出来る。
何故なら、単位時間当たりの脳への酸素供給量を増やそうとすると、脈の早い方、
つまり身体の小さい方が知的に有利だから。
あるいは、一回の呼吸で吸収できる酸素量が飛躍的に増える。
現在、生まれつき一回の酸素吸収量が平均の何倍も多い人が稀にいる。ヘモグロビンが特殊な人が増えている。
脳は今以上に大きくなるかどうかはわからない。
知能向上の鍵は、「酸素供給量」と「情報ストックと情報選択の最適化」にあると思うから。
つまり、脳は容量を増やす事より、最適化の方が重要。
また幼児期間も伸びるだろう。高等な生物程幼児期間が長い。
最近の日本では、オムツの取れる年齢が遅くなったと言われるが、それは紙おむつのせいで、
親がトイレトレーニングをさぼっている事だけが原因ではないかもしれない。
また、入学前の児童の運動能力が落ちていると言われているがそれも単なる運動不足だけではないと思う。
運動能力の低い期間が伸びたとも言える。
それから、通常、精神の不安定な思春期は17歳前後とされているが、現在では20歳を過ぎても、不安定なままの人もいるかもしれない。
これは当人ができそこないなのではなくて、進化形に近いづいているから、大人として完成時期が生物学的に遅いとも考えられる。
つまり、ヒトの幼児期が進化と共に伸びたと言えるのかもしれない。
このように、生態や機能に差が出てくると思う。具体的な外観は進化してみないとわからない。
猿が2年で成人するからといって、人間にそれをあてはめるわけにはいかないのと同じ。


175 :163:03/10/29 23:57
>>164 >>165
まあ俺は聖書読む気ないから選ばれなくていいんだけどさ、
「発明発見のインスピレーションを与える」「未来の発見を手伝う」部分を指摘しないで
「聖書の予言書としての精度や信頼性」は紹介できないだろ。
予言書に未来の発見やらが書いてあるんなら
聖書に過去を当てはめてないで未来を当てはめろと。
自分が全部知った後で「それはみんなが知る前からわかってた」何て言っても
精度と信頼性がないだろ?

察しがついてんならそこを言えと。
未来なんだから素地なんかできてなくて当然だろうが。
素地すらないのに未来を言い当てるから予言なんだよ。
科学と融合出来ない宗教をハッキリ言うんじゃなくて
はっきり言うべきは「聖書の予言」だろう。
証拠やソースは言わなくていいから、そのトンデモ理論を聞かせてくれ。
どうせ世界滅亡とか聖書読んでなくても考えつきそうな思想を披露するのが限界だろう。

>>167
もし聖書が「予言の書」ではなくて神からの「預言の書」だと言うなら
それが神からのアドバイスだってのは同意できるけどな。
まー俺はキリスト教徒じゃないので、「預言書と信じる解釈も正等」という同意だけどね。


176 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/30 00:22
>>175

このスレの今までの話の内容を読んで聖書の凄さがわからない時点で、
君の理解力は絶望的なまでに終わってると思う。
一体どんな偶然があたら、レビ記第十一章が太古の人間に書けると思うのだ。
そこんところがたぶん君にはわからないんだろーね。
レビ記第十一章の凄さが直感的にわからない時点で、このスレを読んでも君にはなんの価値もないと思う。
直感的にあなたがわからなければしかたない次元の話を私が説明しきれるわけないだろう?
そこらのSFと内容的な差もわからないようだし。
あぼーんしてよ。
たぶん君にとっては、ゴミみたいな情報をエラそうに語っているだけのスレにしか見えないだろう。
私は、君を説得できると思うほど傲慢ではない。それに、私はこのスレが万人に理解出来ると思って書いちゃいないよ。
何百年も聖書研究会が解読を試みても出来なかった答えをここに載せているのだ。
あなたが理解出来なくても恥じゃない。

177 :163:03/10/30 22:41
>>176
オイオイ反論もなしに煽りに終始しちゃったよ。不毛な煽り合い希望ですか?
長文厨で煽り好き。楽しい人生だな。
俺が指摘してんのはおまえの説明なんだよ?僕は聖書やレビ記の凄さにはまだ一切触れておりませんよ。
聖書でこれからの未来を語ってみてと。過去を聖書に当てはまるように整形してから
「見ろ、ピタリと一致する…コレは偶然の一致ではない!」 ですか。おめでてー次元の話はもういいよ。

こんだけ長い文章を結局は直感で感じろと。 深く読むなと言いたいの?
それなら始めから短く書いておくといいぞ(w

>あぼーんしてよ。
可哀そうなことにお前は都合が悪いと見下す系煽りかスルーしかできない。
そこで苦肉の策として、新たにあぼーんという方法を考えたわけだね。
だけど自分があぼーんするのは都合悪いからレスした人にあぼーんしてもらおう。
自己中心的人間の典型だ。別におまえの性格はどうでもいいけどな。
でも残念だったな、
「あなたの為だけに書いているわけじゃないから、スタイルは変える気はないね。」

また明日時間があったら除きに来てやるから、それまでに自分があぼーんするかスルーするか考えとけ。












178 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/30 22:51
キチガイと議論できると思ったのが
間違いじゃないのか 放置だ放置

179 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/31 10:17
>>177は「見切り」とか「議論収束」という言葉を知らんよーだ。私に対して>>178的答えを出してもらって一向にかまわんね。
馬鹿から見たら、頭のいい奴の起承転結は永遠に理解出来ず、確かにキチガイだと思うだろーよ。
議論の何処から、相手をキチガイ呼ばわりするかで、そいつの馬鹿度がわかる。
普通、自分の知能の追いつかない内容を理解しようとすると、精神的ストレスがつきまとう。
馬鹿程ストレスに早々と根を上げ、そんな内容を振った奴を攻撃しはじめるのさ。
そういう奴の行動パターンは昆虫的で疲れ知らずだから、ケンカをするのが面倒臭いのだ。
しかも、同じケンカパターンに飽きてしまうのも頭のいいやつの辛いところ。馬鹿はループな議論やループな喧嘩に飽きないからねぇ。
そこら中いくらでもあるだろ。グルグル板やグルグルスレが。何でそっちに行かないのかねぇ。HAPPYになれるのに。

180 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/31 11:52
だってπさん、
都合の悪いところには明確な(ここで言う科学的な)
反論がこないんですもの。
遺伝子がどうこうというくだりで出てきたバディという概念も
あなたの内的精神世界での
思考と解釈で出きあがったものでしょう。
(アストラル体などの概念に近い気もしますが)
いずれにしても科学的なアプローチや実証とは言えません。

ただ最終的には聖書を信じているかどうかという次元の話に
収斂しまうんでしょうね。
僕は、聖書は信じられませんが。

πさんの信仰自体を否定する気はありませんけど

181 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/31 12:36
>>180
>遺伝子がどうこうというくだりで出てきたバディという概念も

それは、ボディのを事言ってるのかな?ボディはボディだよ、現実的な人の肉体を指す。
そこの下りは、単純に、遺伝子と肉体だけについて書いたよ。あなたの言う私の内的精神的モノは関係ない。
コンピュータに数式を入れると、フラクタルを用いれば、葉っぱのような形状が生成出来るでしょ。
あんなふうに人の身体も受精卵は規則に従って成長し発生してるのだ。

>いずれにしても科学的なアプローチや実証とは言えません。

とりあえず、私の投稿を読んで科学的にチェックを入れて意味有る箇所といったら、
ヘビの脛骨、トカゲの脛骨、これらの進化における意味を追及する事だろうね。(←科学的アプローチ)
本当にヘビがトカゲから退化したかどうか、ヘビを爬虫類と呼んでいいのかどうか。
そこしか、明日具体的な結果を出す事に追われている科学者にとって読むに値しないと思う。
そこがはっきりしてからだと思うよ。遺伝子の見解についてダーウィンを完全に駆逐できるのは。
だから、私は現在の社会通念がついてこれない話をあまり、書く気が無いのだ。
それに、私が実証するなんて一言も書いてない。
実証するのは世の科学者であり、聖書は先んじてつぶやいているだけだ。
私は、科学者に発想の転換を促し、ととっかかりを与えただけ。



182 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/31 12:38
後の箇所は、現在の事実と聖書の記述が結構合ってるんじゃない?
こりゃ、偶然と考えるには、出来過ぎてるね。面白いでしょ?
と、そー言っているだけ。
私のスレを読んで聖書が予言していた可能性を否定出来る人というのは、世界中の予言書もどうせ否定してると思うよ。
ここのスレの方がノストラダムスの解説書なんかより、ぶっちぎりで、リアリティがある。
それを楽しんで欲しいわけ。このスレが予言書の説明としては、世界一だと思うもの。
思うんだけどさ、世界中の予言書を否定する人がこのスレを読んでも意味ないよ。
そういう人はここを読んでいないで、ネイチャーとか日経サイエンスでも読めば?満足度てんこもりだろ?
後さ、奇抜にラリった話が欲しければ、近未来小説だのムーだの読めばいいじゃん。
私は現実の存在と関係なさそうなトンデモには興味が無い。
トンデモな話がトンデモな話でなくなりそーな部分を聖書から探し出すのが楽しい。
後、私は信仰なんかしてない。
救いなんか無いと思ってる。私たちが神の同労者なら、自分で自分を救わなきゃしょーがないでしょ。

183 :π ◆mpMcLXSHeI :03/10/31 13:14
私は聖書が人類のナビゲーターになれるかどうかを検証しているのだ。
聖書のつぶやきがどれ程現在や過去と一致したかを観ているだけなのだ。
聖書が未来を語っている部分は、その事象について実際に未来を開きつつある個人にしかわからない。
アナグラムの箇所に適切な言葉を推理出来る下準備が整わないから。
実証が世に出てこない、あるいは出す準備の整わない段階では、気がついても誰も語る事はしないだろうね。
予言をする事は簡単な人にとっては簡単だが、発言後の社会認知が追いつかないプレッシャーを誰が背負えるというのか?
世の中人は、超人伝説に毒され過ぎているのだ。仮に超人がいたとしても、その人にも社会問題はあるし、立場っつーものがある。
超人を超人らしくするのは、政治的背景であり、宗教的認知がいる。
マトリクスのネオだって、放映や製作に政治的圧力がかかれば、超人として認知を受けられないよ。
だからこそ、聖書の権威を失いたくなければ教会に頑張れと言っている。


184 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/31 13:22
とりあえず、IQテストでもしてくれ。
ハゲと天才は紙一重というしな。
http://www.iqtest.dk/main.swf

参考までに有名人のIQを載せとくと
228:世界最高のIQ(女性、著述業に従事)
200〜220:シャロンストーン(200)、大前研一(216)並
180〜200:村井秀夫(元オウム真理教幹部)(180)、クリントン(182)、ゲーテ(185)並
160〜180;レジー・ジャクソン(アメリカ大リーガー)(160)、シュワルツコフ司令官(170)、アインシュタイン(173)並
140〜160:マドンナ(140)、ヒットラー(150)、岩崎ひろみ(154)並
120〜140:平均的東大生(120)、ガリレオ(125)並
100〜120:平均的白人(104)、平均的極東アジア人(110)、平均的ユダヤ人(115)、平均的日本人(115)、J・F・ケネディ(119)並
〜100:山下清(68)、酒鬼薔薇聖斗(70)、ブッシュ父子(97,91)並

185 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/31 13:30
ククク…

186 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/31 13:31
とりあえず、IQテストでもしてくれ。
ハゲと天才は紙一重というしな。
http://www.iqtest.dk/main.swf

参考までに有名人のIQを載せとくと
228:世界最高のIQ(女性、著述業に従事)
200〜220:シャロンストーン(200)、大前研一(216)並
180〜200:村井秀夫(元オウム真理教幹部)(180)、クリントン(182)、ゲーテ(185)並
160〜180;レジー・ジャクソン(アメリカ大リーガー)(160)、シュワルツコフ司令官(170)、アインシュタイン(173)並
140〜160:マドンナ(140)、ヒットラー(150)、岩崎ひろみ(154)並
120〜140:平均的東大生(120)、ガリレオ(125)並
100〜120:平均的白人(104)、平均的極東アジア人(110)、平均的ユダヤ人(115)、平均的日本人(115)、J・F・ケネディ(119)並
〜100:山下清(68)、酒鬼薔薇聖斗(70)、ブッシュ父子(97,91)並

187 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/31 13:48
>>183
お前のリモホ晒していい?

188 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/31 19:17
最後のほうわからなかった
You're calculated IQ is 118
うーむ低いな

189 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/31 22:19
>マトリクスのネオだって、放映や製作に政治的圧力がかかれば、超人として認知を受けられないよ。

え……!?


 あ な た ヴ ァ カ ・ ・ ・ ?

190 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/10/31 22:21
>143 名前:π ◆mpMcLXSHeI [] 投稿日:03/10/28 15:07
>今日、あなたの心は救われました。

>182 名前:π ◆mpMcLXSHeI [] 投稿日:03/10/31 12:38
>救いなんか無いと思ってる。


↑分裂症ですか?

191 :163:03/10/31 22:25
>>179
「見切り」というのは反論できない場合の切り札じゃないぞ。
あと議論も検証も起承転結は必要ありません。だいたい議論の途中で「転」してどうすんだ。
それと自分が好き勝手発言した挙句、他人の発言に一言も返せずに見切りをつけて収束するのも
議論とは言いません。議論ではありません。そんな奴に議論などできません。
おまえは俺の発言に対し、精神的ストレスに根を上げてしまい、
>>176で俺を馬鹿かキチガイ呼ばわりしそんな内容をふった相手を攻撃し始めただけだな(w

俺は聖書の予言部分を語るなら過去を当てはめずに未来を当てはめるべきだと言った。
既知の事実ならおまえの解釈次第で当てはめられるから。
そしておまえは俺の発言に反論できなかった。
>>183で「未来を切り開きつつある個人にしかわからない」と明言もしている。
未来を切り開きつつないおまえは直感という根拠のみで解釈していることもわかった。
俺の発言をくつがえせず、自らの発言の肯定をもってそれとすり替えようとしても無駄ですよ。
「偶然でできるはずがない」はおまえの発言の肯定にしかならない。
要は聖書から未来を読み取れない時点で、おまえに聖書が予言書であると言い切るのは無理なんだよ。
当然おまえの解釈が正解であるかも証明できない。(否定もできないけどな)

192 :163:03/10/31 22:26
おまえの解釈やら起承転結のある珍妙な検証やらは勝手にやっていただいて一向に構わないが、
他人に偉そうにひけらかすのをやめろ。
おまえは聖書オナニーして愉快痛快面白くてしかたないだろうが、
聖書見ながらニヤついてるおまえを見せつけられても面白くもなんともない。
まあ、ある意味おもしろい部分もあるよ。 おまえとかな。
「頭の良い」を自己申告するのは結構だが、
それは他人からの評価で無い限り無価値に等しい事を教えておく。
おまえが誰に頑張れと言おうと他人にはどうでもいい雑音にしか思えない。



193 :はじめて来た人のために:03/10/31 22:39
このスレの大まかな流れ

π、電波飛ばす

反論食らう

π、都合の悪いところは無視して反論したやつを罵倒する

まともな回答を要求される

π、もう終わった話だ、と勝手に勝利宣言を出す

みんなズコー!!(AA略)

以降、上記へループ

ま、こんなとこかな!

194 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/01 09:31
>>192

で、お前がこのスレに来るお前のメリットって何よ?

195 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/01 09:49
お前、自分の女にも似た様な事やってんじゃねぇの?
話がかみ合わない。別れましょう。と女が言っても、ひつこくまとわりついてんじゃねーの?
結局、人の投稿がないと自分一人じゃ話が続かないから、絡む相手が欲しいだけでしょ。
単なる罵倒屋は相手がいないと、レスにバラエティがつかんからねぇ。
自分の意見が無いから、他人の投稿に寄生しないと、書く事がなくなっちゃうんだろうな。
まあ、こういう寄生投稿が寄って来るのもこのスレを面白がっている証だと私は見てるけどねえ。
内容の無いスレに寄生しても寒いからねぇ。
オナニー投稿と言うが、君がオナニー投稿したとして、果たして寄生投稿は着くのかね?
君はカッコよく去ってけば、君の主張がカッコ良くまとまったのに、いつまでもここにいるから未練たらしさがバレバレになる。
馬鹿は引き際を知らない。
今更ここを去っても、君の投稿はカッコ良くならないから、別に居たきャ居てくれてもかまわんけど、
面倒くさいから、気が向いた時しか相手しないよ。

196 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 09:59
何でコイツ反論もできないで切れてんの?

197 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 10:39
反論できないから関係ない話題を振ってキレてんだろ

198 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 10:48
54 名前:π ◆mpMcLXSHeI [] 投稿日:03/10/22 19:50

遺伝子を圧縮ファイルに例えるなら、解凍最中にボディが出来上がるのだが、
そのボディが環境から受ける変数を解凍に使っている可能性を軽視しすぎている。
ボディ存在中に環境から受ける変数(ボディの形状や比重の比率を決定する変数等)の変化を無視しすぎている。
おそらく、変数自体は遺伝子の中には無い。ボディそれ自体が変数なのだ。

181 名前:π ◆mpMcLXSHeI [] 投稿日:03/10/31 12:36
>>180
>遺伝子がどうこうというくだりで出てきたバディという概念も

それは、ボディのを事言ってるのかな?ボディはボディだよ、現実的な人の肉体を指す。


どこが「>>54中のボディ」=「現実的な人の肉体」だよ。

>>54中のボディの解釈はお前の脳内妄想ぶちまけてるだけじゃねえか?

>ボディそれ自体が変数なのだ。

この概念がお前の狂った精神世界の産物で無いというなら、そういう学説でもあんのか?
自分の言ってることが矛盾してることくらい気づけ。
これだから頭でっかちは……

199 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 11:20
151 名前:名無し戦隊ナノレンジャー![sage] 投稿日:03/10/28 18:49
↑ πさんへ
き ょう始めてこのスレを見つけました。
ち ょっと疑問が沸いたのですが、
が んらい、人類が誕生する以前にも知的生命体が存在したのに、
い ったいどうして人間に神は聖書を授けたんでしょうか?

200 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 11:37
縦読みに気づかなかったπタンに(*´д`)ハァハァ

201 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 11:53
俺の予言
■πはこの3連休、毎日書き込む■

202 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 12:17
がんらいがひらがなな時点で気づくもんだけどね

203 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 12:21
パイタンスープ

204 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/01 13:12
【遺伝子と生物の風貌と環境の進化における概念図(1)】

ζ1は 遺伝子が1の状態であるとします。

ζ1が受精卵となりbodyを発生させます。で、出来た肉体を、  
┌────┐    
│      │   
│ body1 │ 
│      │ とします。
└────┘


ζ1はプログラム的形態の存在なので、
プログラムの解凍が進むにつれ、遺伝子の状態が変化します。
この変化をζ2、ζ3、ζ4とします。
遺伝子は、種が進化するにつれ、

ζ1 → ζ2 → ζ3 → ζ4  と遺伝子の塩基配列の状態を変えます。





205 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/01 13:13
【遺伝子と生物の風貌と環境の進化における概念図(2)】

遺伝子がζ2の時、発生する生物のbody、つまり風貌を
    ┌┐  
    ││  
 ┌─┘└─┐ 
 │      │ 
 │body2  │
 │      │とします。
 └────┘
同様に、
      ζ3の時、       ζ4の時
      ┌┐            ┌┐
      ││            ││
   /─┘└─┐       /┘└┐
   │      │       │   │
   │ body3 │       │body4
   │      │       │   │
   └────┘       └──┘それぞれ発生する生物のbody、つまり風貌をこのように表すとします。


206 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/01 13:14
【遺伝子と生物の風貌と環境の進化における概念図(3)】

すると、進化はこの↓ようになります。

     ---------------------------進化の方向------→
                   ┌┐           ┌┐           ┌┐
                   ││           ││           ││
┌────┐       ┌─┘└─┐     /─┘└─┐      /┘└┐
│      │       │      │     │      │      │   │
│  ζ1  │ →     │   ζ2 │ →   │   ζ3 │  →    │ ζ4│
│      │       │      │     │      │      │   │
└────┘       └────┘     └────┘      └──┘
───────■a────────■b────────■c───────■d───進化のスイッチの変遷─→
     環境A          環境B              環境C            環境D               環境の変遷─→

※環境とは環境に同居する他の生物や同種の個体の存在も含めて言う。

bodyは環境というレールの上を走ります。
そして、環境Aが進化のスイッチとなる■aという環境を作り出します。
このスイッチをbodyが関知すると、 ζ1は ζ2に変化するタイミングを知るのです。
bodyは■という環境に置かれる事によって肉体に変化をきたします。
その肉体の変化がζ1に、ζ1がζ2になる時期を教えるのです。


207 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/01 13:20
【遺伝子と生物の風貌と環境の進化における概念図(4)】

しかし、
    ┌┐  
    ││  
 ┌─┘└─┐ 
 │      │ 
 │body2  │
 │      │という風貌の情報を作り出したのは、環境aではありません。きっかけを与えただけ。
 └────┘
ζ1がもともとζ2からζ4までの情報全てを持っており、ζ1はζ2に形態を変える事によってbody2の出現を可能にしたのだ。
つまり、bodyが遺伝子のプログラム解凍における変数となる。
例えばサンショウウオが■aをきっかけにζ2 のネズミになるとすれば、
サンショウウオは■a'をきっかけに、ζ2'のカエルになる。
ミトコンドリアイブから人類が発生したと考えられているけど、この考え方は実際の逆なのだ。
細胞は他の遺伝子を取り込んで学習し、情報を最適化し、遺伝子をより優れた状態にする。
けれども、この最適化は、遺伝子や細胞自身が内包する規則に従って最適化を起こしているのであって、
環境が次世代生物の形態に創造的な情報を与えているのではない。
環境は生物に、遺伝子自体が求める方向性の遺伝子情報の最適化を起こすだけ。
ミトコンドリアは、人類が共有する「ファイル(=遺伝子)の最適化情報」を、SEXを通してチェーンメールしただけ。
だからこそ、交通が発達して異人種間で交配が進み、遺伝子の最適化が成熟しつつある現代は
次の進化へのシフト時期を迎えているともいう。
この概念は、本当はCGにして説明するべきなんだよなー。
この分野に知識的素地があって、尚且つ既成概念に囚われず、思考が柔軟な人しかわかんないだろうね。
残念だけど、CG無しで、最後まで説明しきれる気力無し。
世界で10人わかるかどうか疑問だもん。この内容を昔ネーチャーに投稿したら、盗みやがって、
ちゃっかり、てめえのスタッフに論文出させやがった。
ま。わかる奴にはわかるんでしょー。たとえ盗まれても、わかってくれた奴には感謝したい気分だね。
これらが理解出来る世界の10人の中に君らが仲間入り出来るなんてこっちは考えちゃいない。


208 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 15:01
>>207
うはwwwwwwwwwおkwwwwwwwwwww

209 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 15:46
で、結局、やっぱ妄想なんじゃん
その住人のお友達からこの大発見に祝福の電話はありましたか?

210 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 16:04
こういう風に考えられますよってことを書き付けただけじゃ、相手にされねえの当たり前だろ

211 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 16:32
自分のサイトを作るなりしてから
存分におやりなさい

212 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 17:29
いや、実際には読めばほとんどわかるんだけど
遺伝子とbodyってのをぷっつり分けて考えるからおかしくなるんじゃないか?
いずれにしても遺伝子=設計図が変化しないことには身体の形状は変わらないんだから。

213 :163:03/11/01 17:42
俺は偉そうに聖書オナニーしながら悦に入ってるおまえが滑稽だから来てるんだよん。
面白いのはスレの内容ではなくて見当違いなレスしか返さない君。
おまえが俺の指摘に明確な反論ができていたら俺は早々に尻尾を巻いて逃げていたハズだが。
言い返す言葉も見つからず、その原因を俺にすり替えて、散々煽った後は
都合の悪い俺へのスルーを正当化する伏線でもはったつもりなのか?
まあ俺へまっとうな答えを返さない(返せない)時点である意味スルーなんだけどさー。

純粋に聖書を予言と紹介できる香具師なら当たり前のようにできる反応を何故しない。
俺を罵倒するより俺の指摘に反論してみたらどうだ?
自分のひけらかし目的でスレ立てたから自己保身しかできないのかい?
「問題点の結論を、全部他人の人格問題に帰結させる論法を取る。
我田引水的思考しかしない奴の常套句」(w

それと俺は自分の快楽のみを目的にしている行動を他人に見せびらかした上、
自分の快楽ぶりを他人に了解してもらうことなど間違ってもしない。
オ ナ ニ ー は 一 人 で や り な さ い 。



214 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 17:57
>これは、わたしが聖書全体の考え方の流れを見て出した結論です。
>聖書のアドバイスの全ては、下記神の意図を実現する為の細かな教えやアドバイス。

>「人類に告ぐ。次の人類に進化しろ。さもなくば滅ぼす!」


聖書読めば大抵の人がわかる結論をいちいちありがとう。
ま、神が望んでいるのは人類の進化とは違うものだろうけどね。

215 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/01 19:05
>遺伝子とbodyってのをぷっつり分けて考えるからおかしくなるんじゃないか?
>いずれにしても遺伝子=設計図が変化しないことには身体の形状は変わらないんだから。

ぷっつり分けてるわけじゃあないんだよ。【遺伝子と生物の風貌と環境の進化における概念図】は、
概念の大枠を描いてみたのだ。
まあ、外部情報をbody(=肉体)が、どう自己の遺伝子に情報を伝えるかという経路だが、
母乳の免疫グロブリンを母親が子供に与えるやり方と同じ。
自己以外の体液に含まれる細胞に自己の細胞が触れると情報伝播が起こる。
移植手術の拒絶反応を消す処理と同じメカニズム。

ただ、その進化への大量のスイッチ(遺伝子の細胞伝播等)を身体が受けとる事と、実際の遺伝子の変化の発動は、一対一の関係じゃない。
身体は自己以外の遺伝子を多種類摂る必要がある。
身体は、取り込んだ他の遺伝子のうち自分より上級な遺伝子の影響を受けようとする。
また、自分に足りない遺伝子の影響も受けようとする。その識別は遺伝子自体がする。
また、それをコントロールするのが脳。
遺伝子は取り込んだ情報を細胞内にストックする。しかし、それを必要に応じて作動させる。
例えば、癌になった時、癌に有効な遺伝子が働き始める。
(癌になりにくい遺伝子を生まれつき持っている人もいるし、人から貰う人もいる。)
ところが、癌に対して精神的に負けている人、つまり自己と非自己を脳が認識する機能が落ちている人は、これが発動しにくい。
心の有り様で免疫力が変わるのは、心の有り様で、非自己(=癌)を叩き出すか、自己として受け入れてしまうかの違い。
受け入れてしまった場合、脳は細胞に「癌を殺せ」という指令が出せない。
取り込んだ遺伝子は基本的に必要な時以外は、単にストックされる状態を保つ。
また、細胞伝播とは他に、進化への大量のスイッチとして、環境からの影響(物理的ストレスによる骨の変化等)もある。


216 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/01 19:13
一般にジャンクと言われている働きのよくわからない遺伝子が細胞内にあるでしょ?
あれは、その人が人生のうちのいろいろな体液接触で集めまくった遺伝子群。
だからね。癌は実は、癌になりにくい人の遺伝子を飲んじゃえば治る事になる。
ポリオと同じやり方。
まあ、遺伝子のタイプによって、血中に直接流した方がいいものや経口投与で十分なものやあるのかもしれないけど。

217 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/01 19:25
>>214
>聖書読めば大抵の人がわかる結論をいちいちありがとう。

ヨハネ黙示録5章5節
すると、長老のひとりがわたしに言った、「泣くな。見よ。
ユダ族のしし、ダビデの若枝であるかたが、勝利を得たので、
その巻物を開き七つの封印を解く事ができる。」

じゃあ、↑の七つの封印が何かを言え。大勢がわかるんだろう?
ヨーロッパの人が血眼になって知りたがっているんだから、ちゃんと答えろよ。
たぶん、世界中のカルトがこのスレ見てるんですけど。。。。
聖書にはダビデの若枝(=特定の人)しかこの封印は解けない事になっている。

218 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 19:26
>たぶん、世界中のカルトがこのスレ見てるんですけど
(゜д゜)<あらやだ!
ホンモノか…

219 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 19:35
>>217
神の意思に従わなければ滅ぼされるってのは
ノアの箱舟の話とか読めばわかることだろ。
いちいち内容を勘繰らなくても
大勢の人がわかるおおまかなメッセージとしてはそれで十分って意味。

聖書の各節についての逐一の解釈などは好きにやってください

それとtmpサーバはサーバ自体が弱いので世界中のカルトが
このスレに押し寄せてたらとっくにサーバがパンクしてますよ

220 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 21:18
>たぶん、世界中のカルトがこのスレ見てるんですけど

本物バカ晒しage

221 :オナニー妄想大爆発:03/11/01 21:27
>たぶん、世界中のカルトがこのスレ見てるんですけど
>たぶん、世界中のカルトがこのスレ見てるんですけど
>たぶん、世界中のカルトがこのスレ見てるんですけど

222 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 21:29
これが肥大化した自我を自己統制できなくなった哀れな人間の末路なのだよ……

223 :π ◇mpMcLXSHeI :03/11/01 22:55
認めたくないものだな。
自分自身の若さゆえの過ちというものを

224 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/01 23:59
遺伝子について何も分かってないな。
ところでヘビは何から進化してると考えてるわけ?
まさか降って沸いてきたとか言うんじゃあ・・・まさかね

225 :悪質太郎 ◆raBkfbXpgg :03/11/02 01:05
test

226 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/02 01:06
(゜д゜)<あらやだ!
悪質さんハケーン

227 :悪質太郎 ◆raBkfbXpgg :03/11/02 03:48
>>222
自我を自己統制できてる人間は、お前みたいに変質的に粘着したりなんかしないよ。

って書こうと思いつつ寝てしまった。アブねえアブねえ。サッカー見逃すところだった。

228 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/02 09:58
>>227
それを無視できないお前もまだまだのようだな

229 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/02 10:56
>ヘビは何から進化してると考えてるわけ?

ヘビはオタマジャクシのようなものから進化した。としか今のところわからない。
個人的には、進化樹を再配置した場合、ナマズがどうなるのかが気になる。
ナマズは魚へのステップか?ヘビへのステップか?あるいはナマズはナマズの別モノなのか?
脛骨の数を考えるとオタマジャクシは、いろいろな種に分化した。

230 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/02 11:04
>遺伝子について何も分かってないな。

↑こういう漠然とした批判は
「遺伝子全然わかんないけど、その方面に明るいと思われたくて批判したい。」という書き込みにしか見えない。
私の話の何処がどうだから、おかしい。と、具体的に示せないが、かまってほしいだけなのだろう。

231 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/02 12:32

【骨格の視点から見た進化と老化のアプローチ(1)】

人は老化するにつれ身体にシワが増える。そして、願容がだんだん猿に近づく。
ヒトはヒトとして生まれ成長するがそれがピークに達すると退化といえる風貌の変貌が始まる。
背中も曲がる傾向にある。
四十肩五十肩という腕が肩より高く上がらなくなる症状があるが、これもニホンザルの特徴。
猿は、両手を肩の上まで上げる事が出来ない。猿は人間のように自由度のある肩を、骨格の構成上、持っていない。
四十肩五十肩は、肩甲骨と鎖骨の位置が、現代人ではなく猿に近づいたと言える。
交通事故等その他原因で歯を失った人は、一般に老化が早い。また、死亡年齢が早い。
歯を失って、噛む回数が減ったから脳の刺激が減った。あるいは、噛めない事によって内臓に負担を与えた。
というのが、一般の解釈だが、そればかりではないと思う。
歯それ自体が、老化の行方を決定する命令を脳に与え脳が身体全体に老化の指令を出したとも考えられる。
骨のあり様が肉体の有り様を決定していると思える現象は沢山ある。
老人同士を比べても、背骨の曲がった人は老化が早い。
リウマチ(=骨が定位置でねじれる)になってそれが進行すると、免疫力が落ちる。
ダウン症は、兄弟でもないのに、同じような顔の骨格をしている。
ヒトはヒトとして生まれ20歳前後の成長ピークを迎えると、退化が始まる。
この進化と退化は二元的な方向性で起きているわけではなく。
ある機能は進化を続けるが、別の機能は退化を続ける人もいるのだろう。
こう考えると、次世代の人類は、現代人より進化の状態(=風貌)が安定している種と言えるわけで、
現代人より、現代の20歳前後の風貌の期間が長くなると言える。


232 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/02 12:41

【骨格の視点から見た進化と老化のアプローチ(2)】

また、骨格が老化を決定するなら、肌の衰えは、肌の組織の劣化とは言えなくなる。
顔のシワは劣化ではなく、肉体の別の状態へのシフトであり、
顔のシワを取ろうとしても内臓を正常化するアプローチには限界が出るだろう。
健康な若い猿にも顔にシワがあるから。
美容産業の為に、50歳代の顔のシワの少ない人の顔の骨格サンプルを集めても面白いと思う。
シワの少ない顔は若く見られると一般に思われているが、逆の結果が出るかもしれない。
50歳代にもかかわらず若者に近い顔の骨格をしていたから、シワが少なかったと言えるかもしれない。
人は知らない他人の年齢を顔の骨格から無意識に推し量っている。
年齢の違う2人の若者の両者にシワがなくても、10代後半の顔の骨格と20代半ばの顔の骨格は違うので、
人は顔を見た時その人の年齢に見当がつけられる。
つまり、50歳代で若く見られる人は、シワの有無より、顔の骨格の印象で他人から若いと判断されていたとも言える。
若さを保つ秘訣として、ストレッチに励む人々がいる。これはなかなかいいアプローチだと思う。
ストレッチは上手にやれば、生活習慣による骨の歪みを自分でソフトに定位置に矯正出来る。
美容産業界には、このストレッチ以外にも顔のストレッチを考案して欲しいと思う。
その前にどういう顔の骨格が最も老けにくいのか指標が要るので、前述したようにサンプルを集めて欲しいと思う。
また、顔のストレッチは肉体の組織や骨を痛めるような過激なものではなく生活習慣的刺激に近い緩やか刺激が理想だと思う。

233 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/02 12:42
>>231 訂正:願容→顔容

234 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/02 12:51
今日も電波を全世界に発信中…か…

235 :◆u8PFVSN0oI :03/11/02 12:53
けっこうおもしろいよね。

236 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/02 13:02
【人種と進化の関係】

四十肩五十肩のくだりで、チンパンジーの肩の運動能力についてツッコミを入れる人がいるかもしれない。
確かに、チンパンジーは肩より腕が上がる。
しかし、私はこの矛盾をこう考える。
日本人は日本猿から進化した。だから日本人の老人は日本猿に似ている。
白人はオラウータンから進化した。だから白人の老人はオラウータンに似ている。
黒人はチンパンジーから進化した。だから、黒人の老人はチンパンジーに似ている。
これで、肌の色の違いは既に猿の時代に決定していた事とも言える。
元の祖先が違うと、人種的な性格の違いにも説明がつく。
日本人は狭い場所に集団で生活しても、そのストレスから暴動が起きたりしない。
これは、猿時代から慣れてるから。
日本人の手先が器用なのも、日本猿の特徴。
白人は、孤独にあまりストレスを感じない。
未開地に単独で乗り込み研究や伝導活動をしようなんて思うのは大抵白人だ。
これはオラウータンの単独行動以来の気質。
また、白人は何処に住んでも母国の生活スタイルを通そうとする。
これも、オラウータンが必ず自分専用の寝床を作りたがる習性と言える。
黒人はやたらと運動機能が高い。それはチンパンジーの身体能力の高さ以来。
チンパンジーは巣を作らない。これは現代の黒人社会にも言える。
黒人社会はある程度の富を手にしても、金持ち黒人は、インフラを自分たちの為に整えようとしない。
だから、黒人国家は、国が安定しにくい。つまり、文明が発展しにくい。
たとえ自分の家が壊れても、洪水で流されても、全て身体能力で問題を乗り切ろうとするし、
インフラ整備より楽しみを優先させてしまい、毎年洪水に流され、ますます身体能力が上がっていく。
私はこの見方をミトコンドリア・イブを否定する材料にもしている。
ミトコンドリア・イブは前述したように、SEXのチェーン・メール的存在なのだ。

237 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/02 13:19
基本的に、黒人と白人の問題は、アリ(白人)とキリギリス(黒人)のイソップ童話に要約されると思う。
キリギリスは、英語で、グラスホッパーというが、最近の黒人もヒップホッパー。
黒人の社会問題で一番悪い奴は、誰かというと黒人の金持ち。
黒人の金持ちが、黒人社会の為に、インフラ整備をしないから産業が強くならないし、黒人国家は安定しない。
そこで、金もない黒人は、白人が作ったインフラをアテにして、就労するしかなくなる。
キリギリスは蟻の住処に紛れるしかなくなる。
黒人の金持ちが団結して、自分たちの国の為に、インフラ整備をやらないと黒人は、黒人の権利を主張する基盤(=国家)を持てない。
人種にまつわる人権は、思想をバラ撒いたり歌ったりして獲得するものではない。
人権を保証する国家、その元となるインフラを整備しなければ何も始まらない。
そうしなければ、キリギリスは蟻さんから富を強奪するしかないではないか。

238 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/02 13:22
日本道路公団をマンセーするスレはここですか?

239 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/02 13:45
>>238

違います。

240 :π@Gabrielle ◆mpMcLXSHeI :03/11/02 14:40
test

241 :π ◆mpMcLXSHeI :03/11/02 14:43
発想力の豊かな人を、馬鹿は一括りに「電波」と呼ぶ。
電波(=インスピレーション)の中には、有益な電波情報と無益な電波情報がある事を馬鹿知らんようだ。
ベンゼン環の形が亀だと思いついたのも、電波の恵み。
ジャンヌ・ダルクも言ってみれば電波系だし、有益な電波を傍受した故、フランスを救った。
過去の歴史において、「天使憑き」と言われた人は、有益な電波を傍受出来た人の事を言うのだろう。
人は、神が使わした人の情報(=有益な電波)を疎ましがる。
何故、人が有益な電波情報を出す人を不幸に追いやるのか不思議に思う。
個人的には、そういう有益な電波を出す人を救済する為に聖書はあるのだと思う。
人々は聖書を見て、過去の予言(=過去の電波発言)が有益であった事を知らなければいけないのだろう。
また、人々は、聖書によって、有益な電波を出した人をされたり迫害された過ちを知らなければいけないのだろう。
間違えて「天使憑き」を殺してしまい、神の計画が頓挫し、人類が滅びてしまわないように。
現代の人もあいかわらず神に救いは求めるが、人は神を裏切り続ける。
やはり、ダーウィン信奉者の権威がのしている事が影響しているのか?

私のハンドル・ネーム「π ◆mpMcLXSHeI」ですが、電波系らしく、
次の投稿から、「π@Gabrielle ◆mpMcLXSHeI」に変えます。

242 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/02 14:47
全部ダーウィンのせいってウケるなw

243 :π@Gabrielle ◆mpMcLXSHeI :03/11/02 14:48
訂正:
また、人々は、聖書によって、有益な電波を出した人をされたり迫害された過ちを知らなければいけないのだろう。

また、人々は、聖書によって、有益な電波を出した人を殺したり迫害した過ちを知らなければいけないのだろう。


244 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/02 14:48
根本敬提唱するところの電波のことを
一般には電波と言うのでつよ
意図的に誤用しつつ
電波系を名乗るのはどうかと思われ

245 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/02 14:51
>163氏の

俺は聖書の予言部分を語るなら過去を当てはめずに未来を当てはめるべきだと言った。
既知の事実ならおまえの解釈次第で当てはめられるから。

これに対する弁明マーダー?(AA略)

246 :163:03/11/02 16:56
まあとにかく「聖書で過去を語るのは当てはめでも出来るから
聖書が予言だと言いたいのなら未来を当てはめるべきでは」という意見に
解答放棄という結果を出したんだろうと思うけど。理由はどうあれ答えを出せなかったんだな。
「聖書が予言書である」という仮説を基に検証をするのなら
「聖書から未来を語ることができ、なおかつ語った未来が事実となる」という結果を求めるべき。
仮説を基に推測を並べた上でそれを結果とするのは結果として成り立たない。
そんなことやってるから検証に起承転結を生み出せるんだろう?

とにかく解答が出来なかった事実は事実。
答えられるまでπの解釈は永遠に推測の域を出ない。
さらにπの自己中と重なって妄想の域の話になる。で、オナニースレってわけだ。
他人に原因を擦り付けていればπは満足だろうが
事実として現在πは聖書を予言と言い切る技量はないわけだ。

全く自己中心的発想力豊かな電波だな。無益な情報を発信している自覚がない。
聖書が有益な情報を発してるかどうかは知らんが
おまえが仲介するだけで情報がオナニー質を帯びてしまう。
もし聖書が有益だとしても、それを無益化している電波がいることを忘れてはいけないね。

247 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/02 18:42
>>230
なんというか
ベイシカリーに間違えてる文章に、
ここがこうおかしいとか言えないのよ。

248 :π@Gabrielle ◆mpMcLXSHeI :03/11/02 20:49
【ヨハネの黙示録とイラク戦争(1) No.27】

皆さんはヨハネの黙示録をどう思いますか?
現在、起こるらしき事がヨハネ黙示録には予言されているそうです。
私は、ヨハネの黙示録は、既に世に、Loadされていると思います。
個人的に、此処の箇所は済んでしまったんじゃないの?と思える箇所があります。
その箇所のインスピレーションは、今年の春、アメリカがイラクを攻撃しようとしている頃沸きました。

フセインが大した軍事力も無いのに強気な姿勢を見せている背景について私はずっと考えていました。
フセインがアメリカを潰せる軍事的ネタを持っているような気がしたからです。
もし、イラクがアメリカに軍事的に勝ってしまうなら、大事件です。
必ず、ヨハネ黙示録にそれに関する記述が出ているはずです。
そんな気持ちで聖書を眺めているとある箇所が目に入りました。

【ヨハネの黙示録 第16章 17節、18節】
「第七の者が、その鉢を空中に傾けた。すると、大きな声が聖所の中から、御座から
出て「事は既に成った。」と言った。すると、いなずまと、もろもろの声と、雷鳴
とが起こり、また激しい地震があった。それは人間が地上にあらわれて以来、かつてな
かったようなもので、それ程に激しい地震であった。」

この箇所は、実はかなり興味深い事が書いてある。
人為的に人類が未だかつて経験した事のない大地震が起きると書いてあるのだ。
そんな事、具体的にどうやったら起こせるのか?核兵器の威力ぐらいじゃこんな地震は起こせそうもない。
富士山を核兵器だけで粉々にしようと思ったら一体何発の核兵器が要るだろう?
核兵器の威力は人を殺すには有効だが、山を潰すには大した威力が無い。
しかし、そんな地震が起きると書いてある。
もし、この話を肯定的に考えるなら、科学的にこの地震を起こせる条件の整った「特殊な場所」が
存在する事になる。つまり、最終兵器、あるいは、最終兵器として転用出来る条件が、存在する事になる。
「鉢」が傾くとは何の話?「鉢」とは食べ物を貯蔵するもの。底面がすり鉢型のもの。
その答えは、攻撃前のフセインの軍事施設をTVで見ている最中に閃いた。

249 :π@Gabrielle ◆mpMcLXSHeI :03/11/02 21:22
【ヨハネの黙示録とイラク戦争(2) No.28】

フセインの地下基地である。その基地は核攻撃を恐れ地中深く建設されていた。
大きさはビル一個分。食料も十分蓄えられているだろう。
また、地下施設は雨水や地下水が基地内に溜まらぬよう底面がすり鉢型になっているかもしれない。
もし、この地下基地に可燃ガスを充満させて火を付けたらどうなるだろう。
それは凄まじい爆発を産む。皆さんはFAE爆弾(気化爆弾)を知っているだろうか?
FAE爆弾は、気体の爆発が密閉空間に閉じ込められる事によって威力を増幅されるように作られた爆弾。
威力は原爆並だ。
ところが、これと同じ原理をフセインの地下施設に適用したらどうなるだろう。
爆発威力はFAE爆弾の比ではない。爆弾は運搬の便を考えると作れる大きさに限界がある。
ところが、爆弾を持ち運ばない条件ならどうだろう?好きなだけデカイ爆弾が作れる。
つまり、フセインの地下基地はそれ自体を巨大なFAE爆弾に出来るのだ。
さらに、この巨大地下爆弾には通気口が付いており、これを煙突代わりにすれば、
モンロー効果を引き出しさらに爆発威力を増大出来る。
イラクはちょっとそこらを掘れば天然ガスが出てくる。可燃ガスには不自由しない。
さらに、イラクの据付型地下FAE爆弾の恐ろしいさはこれだけではない。
イラクではそこら中の地層に原油や天然ガスが眠っており、こんな大規模な爆発が起きた日にはそれらに引火してしまう。
つまり、この爆弾が実行されると地下施設の上部地表が小山のように盛り上がったと思ったら大爆発を起こし、
地割れを起こしつつ原油を間欠泉のように吹き上げながら燃え上がるでしょう。
延焼と爆発が何処まで広がるか見当もつきません。
イラクの油が殆ど燃えちゃうような爆発ですから、その煤煙のせいで、地球は氷河期になるかもしれません。
↑こういう話なら、正に、「鉢は空中に傾く。」

250 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/02 21:29
「インスピレーションが沸きました」「目に入りました」「閃いた」何それ。
っていうか「ですます」調から突然「である」に変わったし。
興奮はわかったから、しばらく寝かせてみることを奨める。100年くらい。
なんにせよ今日も乙カレー。自サイトは作んないの?

251 :π@Gabrielle ◆mpMcLXSHeI :03/11/02 21:51
【ヨハネの黙示録とイラク戦争(3) No.29】

もし、フセインがこのような事を企んでいたら、確実にアメリカはイラクに負ける。
これでは、アメリカのハイテク兵器も全く意味がなくなる。
イラクに駐留するだけで、イラク国民もろとも米兵は全滅だ。
いざ、爆発が起きたらヘリに乗っていても助かったかどうかわからないと思うよ。
アラブではアメリカを倒した奴はヒーローなのだ。
フセインは国民もろともイラクを全部火柱にして失っても、アラブではヒーローになれるだろう。
爆破を起こしたのがたとえフセインでもアラブ人には、
「あれは、アメリカに対する神の怒りなのです。神は私を選んだのです。」と言えばいい。
私は、これを早速、ホワイトハウスにチクった。
また、この爆弾が仕掛けられてしまった場合の対策も送った。
米軍は、既にこれに気がついており、計画実行を刺激したくないから、
「大量破壊兵器」に話をすり変えて世間では話を進めているとも考えられなくないとは思ったが、
アメリカがコケたら日本人である私も困るのだ。
チクリ損にはなるまいと思って一応知らせた。
すると、イラクでの米兵の動きは、やっぱり妙だった。
最初に地上戦に突入する時の派兵数がえらく少なかった。
残りの大量の兵士は船でだらだらと現地に向かっている。
やはり、フセインの最終兵器を意識して兵器を撤去するまで、大量には兵士を送れなかったのか?
もし、アメリカがフセインの最終兵器に気がついていたから、
イラクに進軍したのなら、この戦争の大儀を世界は認めねばならないだろう。
独裁国家に最終兵器を持つ自由を許していいのか?余所の国の考え方だからと言ってああいう政権を許していいのか?
また、彼らを放置して、また最終兵器を作られてしまい国際的交渉の盾に取られない保証があるだろうか?
独裁者の言いつけならアラブ人は自爆テロを簡単にやってのけてしまう社会背景があると言うのに。
また、アメリカの大儀が世界に認められるなら、それに追随した小泉政権も評価に値すると思う。
アメリカは最終兵器の発動を止めた事になるし、現在も止め続けている。
また、日本はその行為に協力した事になるし、協力し続けている。

252 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/02 21:59
>私は、これを早速、ホワイトハウスにチクった。
>すると、イラクでの米兵の動きは、やっぱり妙だった。

も  う  だ  め  ぽ
根拠をー!根拠をー!死んじゃえ。

253 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/02 22:04
バーカヽ(´ー`)ノうるせえよ白痴

254 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/02 22:41
すいません

255 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/02 23:26
いやー、でも結構面白い。
ところで質問なんだけど
ニホンザルとチンパンジーとオラウータンって交配できるの?
ようは赤ちゃん作れるの?

256 :π@Gabrielle ◆mpMcLXSHeI :03/11/03 00:51
>>254

だいじょうぶですよ。(^^)

>>255

>ニホンザルとチンパンジーとオラウータンって交配できるの?
>ようは赤ちゃん作れるの?

現段階では無理です。「ダビデの若枝」が「七つの封印」を解き、
これらのサルをヒトに進化させたら可能でしょう。
その進化した新人類は現在のヒトとも交配可能になるはずです。
その新人類と人との交配結果から、おそらく真の新人類、つまり現在の人類以上の知能を持つ人類が現れる思われ。
何故なら、現在の人種だけでは、SEXのチェーン・メールは進化への情報収拾結果が更新出来ず、
頭打ちになっていると見られ、これ以上の進化が起きないと思われる。
しかし、このヒトのSEXのチェーン・メールに現在の猿の遺伝子を体液接触によって混ぜても意味が無い。


257 :π@Gabrielle ◆mpMcLXSHeI :03/11/03 00:51

ただ、異種のサル同士にSEXをさせてもさせなくてもいいが、体液を混ぜる事によって、
サルたちのSEXのチェーン・メールを最新バージョンにし、サルたちの進化を促す事は出来るだろう。
例えば、京大のアイちゃんは勉強だけでなく、いろんな種類の異種のサルの精子でも突っ込まれれば、
たぶん、アイちゃんではなく、アイちゃんと雄チンパンジーの間の子供の知能が上がるだろう。
それから、妊娠中のアイちゃんに思考をさせるのも重要。
胎児の成長中の脳は母親の脳とシンクロしていて影響を受けるので、
その時、母親の良い刺激(思考行為)が多い程、生まれた子供は頭がいい。
時々、大人の思考を持つ天才幼児が出現するが、あれはたぶん、
母親と思考がシンクロしていた時の記憶が消えなかった現象と思われる。
だから、妊婦は胎教をしたければお腹に何かを聴かせるのではなく母親自身が思考を要する行為をした方がいい。
パズルを解いてもいいしね。暗記はダメ。あれは思考じゃない。
ただ、アイちゃんにそういう処理をしても、最終的にそれで、現在のサルが人類になれるかどうかはわからない。
何故なら、聖書には、進化への七つの封印を解けるのは、「ダビデの若枝」だけだとあるので、
この七つの進化への処理が解明されなければ、どうにもならないと思う。
まあ、上記記述を見てもわかるように、生物の真実というのは、生理的、道義的に受け付けない話が多い。
だからこそ、それを良識を以て扱う為にも、「ヘビの騙し」の社会認知は必要不可欠なんでしょう。

258 :π@Gabrielle ◆mpMcLXSHeI :03/11/03 01:54
ちょっと、エロい話になったのでついでに書きますが、
敬虔なクリスチャンであるにもかかわらず、自分の男色の性癖に悩んでいる人がいるかと思うので書きます。
聖書が男色を禁じていたのではありません。
レビ記第20章の男色の戒めはエイズの到来を予知していただけです。だから獣とのSEXも禁じていたでしょ?
レビ記第20章は、@感染症の「罪=病」視点と、A近親交配による奇形児の出現と、B人間関係の痴情のもつれ
に、それぞれ、ポイントを絞って読むべきです。
特に、獣姦と、近親相姦と、ホモセックスは、最もコンドームを使わないSEXなので、
感染症を戒めたのだと思います。
何でそれでいいかと言うと、人はもともと他人の遺伝子を体液接触(=SEX)によって、
集めなければ神の計画(=進化)が達成できないように作られているからです。
だから、肛門で感じてしまう人が居て当然で、感じるように肉体が作られているとも言う。
オスであっても積極的に次世代の子供の知能を上げるべく他人の遺伝子は集めるべきだから。
また、母親とシンクロしていた人は全て性別に関係なく皆女性の思考や記憶を持っていた。
だから、受け入れ型の性を好んむ男性がいても不思議はない。
実際、ハリウッドのクリエーターはやりまくっているせいだかどうだか知りませんが頭がいい。
人種のるつぼのアメリカで、他人の遺伝子を国際的に精力的に集めまくっている人たち。
また、生物学的にも何故か群れの下位のオスはメスにモテる。
サルの社会では下位のオスは上位のオスに犯されまくる。
しかし、遺伝子的には下位のオスは群れの中で最も最新バージョンのSEXのチェーン・メールを持っている事になる。
つまり、メスはそれを本能的に知っている事になる。
チンパンジーの社会でも不倫がある。ボスの監視の目を盗んで、メスが下位のオスをSEXに誘うのだ。
鳥の社会でもメスの鳥は良い遺伝子を積極的に集めようとする。
実は鳥は強姦が非常に難しい。メスが協力的でなければ体勢が上手くとれず、SEXが成立しにくい。
にもかかわらず、鳥の卵の遺伝子を調べると、複数の父親が発見される。
日本でもこういう諺がある。「色男、金と力はなかりけり。」

259 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/03 02:06
>特に、獣姦と、近親相姦と、ホモセックスは、最もコンドームを使わないSEXなので、
感染症を戒めたのだと思います。

(・∀・)ニヤニヤ

260 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/03 20:59
(*゜▽゜)ノ愛が地球を救う。

261 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/05 12:37
(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ

262 :ボケッ ◆BOKEspm.9A :03/11/05 14:37
今までに無い名スレ
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1067911822/

俺が地球を救います

263 :名無し戦隊ナノレンジャー!:03/11/05 14:49
モリモトっちゅーかセンセーっちゅーか
コォゲに似てるね

139 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)